M•A•C (マック) のクリエイティブ・ディレクター James Gager (ジェイムズ・ゲイジャー) が退任、後任は Toni Lakis (トニー・ラキス)

NEWS & EVENT | Mar 20, 2017 8:00 AM
M•A•C (マック) のクリエイティブ・ディレクターを18年間務めた James Gager (ジェイムズ・ゲイジャー) が同職を退任することが明らかになった。後任を務めるのは、James Geger のもとで11年間右腕として活躍した後、2014年より Tiffany & Co. (ティファニー) に移籍していた Toni Lakis (トニー・ラキス)。

M•A•C (マック) のクリエイティブ・ディレクターを18年間務めた James Gager (ジェイムズ・ゲイジャー) が同職を退任することが明らかになった。後任を務めるのは、James Geger のもとで11年間右腕として活躍した後、2014年より Tiffany & Co. (ティファニー) に移籍していた Toni Lakis (トニー・ラキス)。

WWD』によると、James Gager はブランドのクリエイティブ・ディレクターを退任後、親会社である ESTÉE LAUDER (エスティ ローダー) 社のシニア・バイス・プレジデント兼クリエイティブ・ディレクター、またブランド・デベロップメントを務めることになるという。Toni Lakis は2017年3月20日より M•A•C のクリエイティブ・ディレクターに就任し、5月1日までは James Geger も職務移行のためにともに働くという。今後、James Gager は会社のクリエイティブ面に関する方向性を監督していくことになるという。

 

Related Articles

Connect with The Fashion Post