Prada Group Hosted "Shaping A Creative Future"

NEWS | Mar 27, 2017 3:00 PM
プラダ・グループが「Shaping a Creative Future (創造的な未来を形作る)」と題し、イエール大学経営大学院およびミラノ工科大学経営大学院と共同で、3月20日、3月21日の2日間ミラノでカンファレンスを開催した。
1日目の様子

1日目の様子

プラダ・グループが「Shaping a Creative Future (創造的な未来を形作る)」と題し、イエール大学経営大学院およびミラノ工科大学経営大学院と共同で、3月20日、3月21日の2日間ミラノで会議を開催した。

このイベントではサステナビリティとイノベーションの相互作用に注目。顧客はブランドの信頼性、歴史、起源にどの程度心を動かされるのか?といった「ブランドの伝統と市場価値」をはじめ、「イノベーションと伝統を通じたサステナビリティのためのデザイン」、「サステナビリティと価値創造」、「創造的卓越性の促進」の4つのテーマを取り上げ、学術、クリエイティブ、ビジネスの分野から世界的権威を招き、両大学の進行のもと対談、討論、議論が行われた。1日目は、プラダ財団において、大手企業の代表者が両大学の教授や卒業生と顔を合わせ、サステナビリティとイノベーションについて議論。2日目はプラダ本社に会場を移し、1日目に出された意見をもとに討論を行う本会議が行われた。教授が司会を務めるパネルディスカッションでは、経済界のリーダーや国際組織の代表者がトピックについて討論し、両大学の学生もこのイベントのために各トピックに関する研究や論文を発表。イベントの詳細、議題、講演者は公式HPで公開中だ。

HP: csr.pradagroup.com

Related Articles

Connect with The Fashion Post