honeyee.com Inc. to be bought up by aratana inc.

NEWS | Oct 25, 2013 7:37 PM
東京のファッションシーンを代表する WEB マガジン『honeyee.com (ハニカム)』『.fatale (ファタール)』を運営する株式会社ハニカムが、宮崎県を拠点とする IT 関連企業、株式会社アラタナに株式を譲渡することを本日発表した。
© honeyee.com

© honeyee.com

東京のファッションシーンを代表する WEB マガジン『honeyee.com (ハニカム)』『.fatale (ファタール)』を運営する株式会社ハニカムが、宮崎県を拠点とする IT 関連企業、株式会社アラタナに株式を譲渡することを本日発表した。

『ハニカム』は2005年に藤原ヒロシ氏、SOPH. (ソフ) の清永浩文氏、visvim (ヴィズヴィム) の中村ヒロキ氏を発起人として設立し、当時まだ未開拓であった「ウェブマガジン」というスタイルを確立し、ファッション、カルチャーを中心に同時代的なライフスタイルの提案をしてきたパイオニア的な存在だ。

今回、株式会社アラタナに株式を譲渡するにあたり、アラタナの代表取締役である濵渦伸次氏が新たに役員に加わることになった。そして『honeyee.com』『.fatale』の編集長である鈴木哲也氏が代表取締役を引き続き務めることになる。

株式会社アラタナは宮崎を拠点とした e コマースに特化したテクノロジーとサービスを提供するITベンチャー企業で、2007年に設立してから3,000社を超えるクライアントにサービス提供した実績を持つ。また今年の2013年9月に株式会社NTTドコモ・ベンチャーズが運営するドコモ・イノベーションファンド投資事業組合、株式会社リブセンスから総額約5.5億円の資金調達を実施している。

© aratana

濵渦伸次氏 | © aratana

TFPでは、そんな渦中の『ハニカム』鈴木編集長に、昨年に続き2回目となるインタビューを敢行した。今後の『honeyee.com』『.fatale』の新体制について、また鈴木編集長が考える今後の東京ファッションシーンについて伺ったのでお見逃しなく!

*掲載は10月28日(月) 予定

 

昨年行われた、ハニカム鈴木編集長のインタビューはコチラから

【インタビュー】honeyee.com (ハニカム) / .fatale (ファタール) 編集長 鈴木哲也 (第1回/全2回)
【インタビュー】honeyee.com (ハニカム) / .fatale (ファタール) 編集長 鈴木哲也 (第2回/全2回)

 

Related Articles