'DEPARDON / TOKYO 1964-2016' Exhibition At Chanel Nexus Hall

ART | Aug 29, 2017 7:30 PM
シャネル・ネクサス・ホールが、2017年度プログラムの最後を飾る企画展として、レイモン・ドゥパルドン写真展「DEPARDON / TOKYO 1964-2016」を、9月1日(金) から10月1日(日) までの期間で開催する。本展覧会では、Raymond Depardon の日本国内における実質的な初個展となる。
© Raymond Depardon / Dalmas-Sipa Press J.O. Tokyo 1964

© Raymond Depardon / Dalmas-Sipa Press J.O. Tokyo 1964

シャネル・ネクサス・ホールが、2017年度プログラムの最後を飾る企画展として、レイモン・ドゥパルドン写真展「DEPARDON / TOKYO 1964-2016」を、9月1日(金) から10月1日(日) までの期間で開催する。本展覧会では、Raymond Depardon の日本国内における実質的な初個展となる。

世界最高の写真家集団といわれるマグナム・フォトに所属し、フランスを代表する写真家 Raymond Depardon (レイモン・ドゥパルドン)。ピューリッツァー賞を受賞した苛烈なチャド内戦のルポルタージュをはじめ、報道分野において数多くの重要な功績を残す一方で、世界各地の美しい風景や人々の飾らない姿をとらえた写真作品においても高い人気を誇っている。

本展では1964年、先の東京オリンピックを取材するため初来日した際の作品を展示。当時22 歳の Depardon が撮影した、2,000点以上に及ぶモノクロの写真群には、 独自の鋭い観察眼や優れた画面の構成力がいかんなく発揮されている。Depardon はその後メキシコ、ミュンヘン、モントリオールと歴代オリンピックを写真に収めており、報道的かつ人間味あふれる一連の写真は高く評価され、1980年モスクワ大会までの作品をまとめた写真集 『J.O.』(初版 Seuil; Beaux-Livres, 2004) はロングセラーを続ける一冊となった。

Depardon は、1964年の東京オリンピック以降も、何度か東京に訪れ撮影を行っている。そして2016年、来日した Depardon は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会をひかえたこの街を、カラーで撮り下ろした。「色彩とは、子ども時代を過ごした農村の風景や、60年代に取材で訪れたアフリカの、過酷な情況とともに経験した広大な自然や文化等々と繋がるものであり、重要な表現要素のひとつです」と彼は語っている。

本展では、Depardon が 1964年のオリンピックに沸き立つ東京を舞台に撮影したものなど過去作とともに、カラーによる撮り下ろし作品を併せてご紹介。稀有な写真家の目を通して撮られたこれらの作品群は、日常に溶け込んで気付かれずに過ぎていく東京の姿を教えてくれるとともに、世界中で尊敬を集める芸術家の、過去と現在を象徴的に示すものとなるだろう。

© Raymond Depardon / Magnum Photos J.O. Tokyo 1964

© Raymond Depardon / Magnum Photos Tokyo 1999

© Raymond Depardon / Magnum Photos Tokyo 2016

© Raymond Depardon / Dalmas-Sipa Press J.O. Tokyo 1964

1/4
展覧会情報
展覧会名 レイモン・ドゥパルドン写真展「DEPARDON / TOKYO 1964-2016」
会期 2017年9月1日(金)〜10月1日(日)
場所 シャネル・ネクサス・ホール
住所 中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング4F
開館時間 12:00〜20:00
休館日 無休
観覧料 無料
問い合わせ先 シャネル・ネクサス・ホール事務局 03-3779-4001
HP chanelnexushall.jp
Related Articles

Connect with The Fashion Post