Diego Cirulli To Hold Exhibition At 104GALERIE & 104GALERIE-R

ART | Sep 11, 2017 10:36 AM
池尻大橋にあるギャラリー、104GALERIE が 2017年10月7日( 土 ) から 12月10日(日) までの期間、アルゼンチン出身のアーティスト Diego Cirulli (ディエゴ・シルリ) の 個展「The Thickness of Silence」を、104GALERIE、104GALERIE-R の二会場で開催する。

池尻大橋にあるギャラリー、104GALERIE が 2017年10月7日( 土 ) から 12月10日(日) までの期間、アルゼンチン出身のアーティスト Diego Cirulli (ディエゴ・シルリ) の 個展「The Thickness of Silence」を、104GALERIE、104GALERIE-R の二会場で開催する。

Diego Cirulli は今日までアート作品を通じて歴史的、政治的な社会問題に焦点を当てたペインティングを描き続けている。 なかでも貧富の差や子供、ジェンダーの問題、そして彼の母国の近年の歴史と現在に至る複雑な有り様に重きを置いた作品制作で知られている。その傍らで、パリのオペラ座、ミラノのスカラ座とならび、「世界三大劇場」のひとつとして名高いブエノス・アイレスのオペラ劇場「テアトロ・コロン」の舞台美術においてステージ・プロデューサーも務める。さらにコンテンポラリー・ダンス・カンパニー 「アニマル・ダンサ・テアトロ」では美術アドバイザー、デザイナー、舞台美術プロデューサーとして、また自身のアートワークショップ 「Kalos (カロス)」ではディレクター及び美術・美術史のクラスの講師として活動するなど、多方面に渡り表現の場を広げている。

%e3%81%aa%e3%81%8b

Unless otherwise stated, all images © Diego Cirulli Courtesy of the artist and 104GALERIE

近年では、積極的に展覧会にも参加し、文化的関心の集まる国立の場と言われるブエノスアイレスの文化センターでの個展「21 105~ 記憶空間の意義と再定義」(2012) をはじめ、個展「Public Education」(Altos de Chavon / ドミニカ共和国・ラ・ロマーナ/ 2012)、インスタレーション「Porosidad」(Contemporary Art Space.EAC./ ウルグアイ・モンテビデオ /2013)、個展「Hollow」 (BC gallery / ドイツ・ベルリン / 2016) など、アルゼンチン、ドイツ、フランス、スペインなどで多くの作品を発表してきた。 その活動は高い評価を受け、これまでに、ブエノスアイレスのパルレモ・ビエージョ市金賞 (2011)、ブエノスアイレスベルグラーノ大学 ペインティング銀賞(2012)、イタウ銀行選外佳作賞(2014)など、アルゼンチン、フランスやスペインなどで数々の賞を受賞している。

日本初個展となる本展では、キャンバス作品約 20 点を中心に、ドローイング作品 11 点、彫刻作品2点、VR を使用する 3D オーディオビジュアルインスタレーションを発表。本展に向けて約一年掛け制作した多様な作品群を、二会場で一挙に展示する。演劇の総合演出、ステージデザイナーとして経験を持つ Diego Cirulli の、空間演出やイメージの湧出にも期待が高まる。10月7日 (土) 20:00 から開催されるオープニングレセプションでは、アートディレクターの永戸鉄也と Diego Cirulli によるトークショーも開催予定。クリエーションの裏側や、作品の「謎」と「魅力」に迫る内容が予定されている。

Unless otherwise stated, all images © Diego Cirulli Courtesy of the artist and 104GALERIE

Unless otherwise stated, all images © Diego Cirulli Courtesy of the artist and 104GALERIE

Unless otherwise stated, all images © Diego Cirulli Courtesy of the artist and 104GALERIE

Unless otherwise stated, all images © Diego Cirulli Courtesy of the artist and 104GALERIE

Unless otherwise stated, all images © Diego Cirulli Courtesy of the artist and 104GALERIE

Unless otherwise stated, all images © Diego Cirulli Courtesy of the artist and 104GALERIE

1/6

<プロフィール>
Diego Cirulli (ディエゴ・シルリ)
1981 年、アルゼンチン、リオネグロ州、バリローチェ生まれ。現在はブエノスアイレスを拠点に活動。 ペインティングとドローイングを josé Marchi、Villagran Brothers の元で学び、El Calor (The Heat) のアートセミナー、 Diana Aizemberg、Gabriel Baggio のポートフォリオレビューなどに参加。その後、国立美術大学研究所でビジュアルアー ツの学士号を取得し、2006 年、ブエノスアイレスに自身のアートワークショップ「Kalos」を立ち上げ、ディレクター・講 師を務める。同時に劇場テアトロ・コロンのメンバーでもあり、コンテンポラリー・ダンス・シアターの「Animales DanzaTeatro」のステージデザイナー、アートディレクターとしても活動する。 出版物に『21 105 記憶空間の意義と再定義』がある。

展覧会情報
展覧会名 The Thickness of Silence
アーティスト Diego Cirulli
会期 2017年10月7日(土)〜12月10日(日)
場所 ⑴ 104GALERIE
⑵ 104GALERIE-R
住所 ⑴ 東京都目黒区青葉台 3-22-1 目黒ハイツ 104
⑵ 東京都目黒区大橋 1-6-4 GARAGE
開廊時間 12:00~20:00
休廊日 水曜日、10月16日(月)~10月20日(金)休廊
観覧料 無料
問い合わせ先 03-6303-0956
Related Articles

Connect with The Fashion Post