Movie Guide: 20 Movies You Should Watch Right Now

MOVIES | Sep 14, 2018 7:00 PM
大型シネコンからミニシアターまで新作が続々と封を切り、余暇を忙しくさせる週末の TOKYO 映画事情。インターネット上に溢れる膨大な情報量に疲れてしまったあなたへ、『The Fashion Post (ザ・ファッションポスト)』が独断と偏見でセレクトした「今観るべき」「今からでも観れる」映画を週替わりでご紹介。

大型シネコンからミニシアターまで新作が続々と封を切り、余暇を忙しくさせる週末の TOKYO 映画事情。インターネット上に溢れる膨大な情報量に疲れてしまったあなたへ、『The Fashion Post (ザ・ファッションポスト)』が独断と偏見でセレクトした「今観るべき」「今からでも観れる」映画を週替わりでご紹介。

【上映中の映画20選 (9月14日〜9月21日)】

1. 『顔たち、ところどころ』

©︎Agnes Varda-JR-Cine-Tamaris, Social Animals 2016

©︎Agnes Varda-JR-Cine-Tamaris, Social Animals 2016

フランス映画界の名匠 Agnès Varda (アニエス・ヴァルダ) と若手アーティストの JR (ジェイアール) が共同監督を務めたロードムービースタイルのドキュメンタリー。「ヌーベルバーグの祖母」とも呼ばれ、女性監督の先駆者としてカンヌ国際映画祭やアカデミー賞の名誉賞も受賞している88歳の Agnès Varda と、参加型アートプロジェクト「Inside Out」で知られる34歳のアーティスト、JR。親子ほども年の離れた2人がフランスの田舎をトラックで巡りながら、市井の人々と接し、作品をともに作り、残していくいく旅の様子を記録した。

公開日: 2018年9月15日
監督/出演: Agnès Varda (アニエス・ヴァルダ)、JR (ジェイアール)
HP: www.uplink.co.jp

2. 『リグレッション』

©︎2015 Mod Entertainment Mod Producciones Himenoptero Regresion Canada Inc Telefonia Studios Regression A.I.E

©︎2015 Mod Entertainment Mod Producciones Himenoptero Regresion Canada Inc Telefonia Studios Regression A.I.E

『アザーズ』(2002)『海を飛ぶ夢』(2007) で知られる名匠 Alejandro Amenabar (アレハンドロ・アメナーバル) が、『アレクサンドリア』以来6年ぶりに手がけた長編監督作で、『6才のボクが大人になるまで。』(2014) の Ethan Hawke (イーサン・ホーク) と、『美女と野獣』(2017) の Emma Watson (エマ・ワトソン) が共演。1980~90年代初頭のアメリカで、悪魔崇拝者による儀式が次々と告発され、人々が不安にかられて社会問題となった騒動に着想を得て生み出されたサスペンス。

公開日: 2018年9月15日
監督: Alejandro Amenabar (アレハンドロ・アメナーバル)
出演: Ethan Hawke (イーサン・ホーク)、Emma Watson (エマ・ワトソン)、David Thewlis (デビッド・シューリス)
HP: regression.jp

3. 『プーと大人になった僕』

©︎2018 Disney Enterprises, Inc.

©︎2018 Disney Enterprises, Inc.

ディズニーの人気キャラクター『くまのプーさん』を、初めて実写映画化。大人になったクリストファー・ロビンが、プーと奇跡的な再会を果たしたことをきっかけに、忘れてしまっていた大切なものを思い出していく姿を描くファンタジードラマ。『スター・ウォーズ』シリーズのオビ=ワン・ケノービ役などで知られる Ewan McGregor (ユアン・マクレガー) が大人になったクリストファー・ロビンを演じ、『007 慰めの報酬』(2009)『ネバーランド』(2005) の Marc Forster (マーク・フォースター) 監督がメガホンをとった。

公開日: 2018年9月14日
監督: Marc Forster (マーク・フォースター)
出演: Ewan McGregor (ユアン・マクレガー)、Hayley Atwell (ヘイリー・アトウェル)、Bronte Carmichael (ブロンテ・カーマイケル)、Mark Gatiss (マーク・ゲイティス)
HP: www.disney.co.jp

4. 『愛しのアイリーン』

©︎2018「愛しのアイリーン」フィルムパートナーズ(VAP/スターサンズ/朝日新聞社)

©︎2018「愛しのアイリーン」フィルムパートナーズ(VAP/スターサンズ/朝日新聞社)

『ワールド・イズ・マイン』『宮本から君へ』など社会の不条理をえぐる作品で知られる新井英樹が、国際結婚した主人公を通して地方の農村が内包する問題を描いた同名漫画を実写映画化。新井の漫画が映画化されるのはこれが初めてで、安田顕が主演、『ヒメアノ~ル』(2016) の吉田恵輔監督がメガホンを取った。安田が主人公の岩男を演じ、アイリーン役にはフィリピン人女優のナッツ・シトイを起用。そのほか木野花、伊勢谷友介らが出演。

公開日: 2018年9月14日
監督: 吉田恵輔
出演: 安田顕、ナッツ・ストイ、木野花、伊勢谷友介
HP: irene-movie.jp

5. 『ペギー・グッゲンハイム アートに恋した大富豪』

©︎Roloff Beny / Courtesy of National Archives of Canada

©︎Roloff Beny / Courtesy of National Archives of Canada

20世紀を代表するアートコレクションをたった1人で築き上げ、芸術家たちとの華やかな恋愛遍歴とともに数々の伝説を残した女性 Peggy Guggenheim (ペギー・グッゲンハイム) の人生を追ったドキュメンタリー。ペギーの生前に収録されたインタビューを中心に、Larry Gagosian (ラリー・ガゴシアン) や Marina Abramovic (マリーナ・アブラモビッチ) といった現代アート界の大物も続々と登場。伝説となった女性の華麗なる人生を、芸術家たちとの愛の遍歴とともに描き出す。

公開日: 2018年9月8日
監督: Lisa Immordino Vreeland (リサ・インモルディーノ・ブリーランド)
出演: Peggy Guggenheim (ペギー・グッゲンハイム)、Larry Gagosian (ラリー・ガゴシアン)、Marina Abramovic (マリーナ・アブラモビッチ)
HP: peggy.love

6. 『500ページの夢の束』

©︎ 2016 PSB Film LLC

©︎ 2016 PSB Film LLC

Dakota Fanning (ダコタ・ファニング) が自閉症を抱える少女を演じ、ある思いを胸に500ページの脚本を届けるためハリウッドを目指す旅の中で、少しずつ変わっていく少女の姿を描いたハートフルストーリー。Dakota Fanning が主人公ウェンディを演じ、ウェンディを支えるソーシャルワーカーのスコッティ役で Toni Collette (トニ・コレット)、ウェンディを案じながらも訳あって離れて暮らしている姉オードリー役で Alice Eve (アリス・イブ) が共演。監督は『セッションズ』(2013) の Ben Lewin (ベン・リューイン)。

公開日: 2018年9月7日
監督: Ben Lewin (ベン・リューイン)
出演: Dakota Fanning (ダコタ・ファニング)、Toni Collette (トニ・コレット)、Alice Eve (アリス・イブ)
HP: 500page-yume.com

7. 『泣き虫しょったんの奇跡』

©︎2018「泣き虫しょったんの奇跡」製作委員会©︎瀬川晶司/講談社

©︎2018「泣き虫しょったんの奇跡」製作委員会©︎瀬川晶司/講談社

『青い春』(2002)『ナイン・ソウルズ』(2012)『I’M FLASH!』(2012) などでタッグを組んできた豊田利晃監督と松田龍平が、棋士・瀬川晶司五段の自伝的小説『泣き虫しょったんの奇跡』を映画化。松田が主人公の瀬川晶司を演じ、共演にも永山絢斗、染谷将太、妻夫木聡、松たか子ら豪華キャストが集結。

公開日: 2018年9月7日
監督: 豊田利晃
出演: 松田龍平、永山絢斗、染谷将太、妻夫木聡、松たか子
HP: shottan-movie.jp

8. 『ブレス しあわせの呼吸』

©︎2017 Breathe Films Limited, British Broadcasting Corporation and The British Film Institute. All Rights Reserved.

©︎2017 Breathe Films Limited, British Broadcasting Corporation and The British Film Institute. All Rights Reserved.

『ロード・オブ・ザ・リング』『猿の惑星』シリーズで知られるイギリスの名優 Andy Serkis (アンディ・サーキス) の長編初監督作で、1950年代、全身マヒという重篤な状態で余命宣告を受けた男性が、家族とともに笑顔に満ちた幸せな人生を送った実話を描いたヒューマンドラマ。『ブリジット・ジョーンズの日記』などを手がけた映画プロデューサーの Jonathan Cavendish (ジョナサン・カベンデュッシュ) が、自身の両親の実話を自らの製作の下で映画化した。ロビン役は『ハクソー・リッジ』(2017) の Andrew Garfield (アンドリュー・ガーフィールド)、ダイアナ役はテレビシリーズ『ザ・クラウン』の Claire Foy (クレア・フォイ)。

公開日: 2018年9月7日
監督: Andy Serkis (アンディ・サーキス)
出演: Andrew Garfield (アンドリュー・ガーフィールド)、Claire Foy (クレア・フォイ)、Tom Hollander (トム・ホランダー)
HP: breath-movie.jp

9. 『寝ても覚めても』

©︎2018「寝ても覚めても」製作委員会/COMME DES CINEMAS

©︎2018「寝ても覚めても」製作委員会/COMME DES CINEMAS

4人の女性の日常と友情を5時間を越える長尺で丁寧に描き、ロカルノ、ナントなど、数々の国際映画祭で主要賞を受賞した『ハッピーアワー』(2015) で注目される濱口竜介監督の商業映画デビュー作。第71回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品された。芥川賞作家・柴崎友香の同名恋愛小説を東出昌大、唐田えりかの主演により映画化。東出が麦と亮平の2役、唐田が朝子を演じる。

公開日: 2018年9月1日
監督: 濱口竜介
出演: 東出昌大、唐田えりか、瀬戸康史、山下リオ、伊藤沙莉
HP: www.netemosametemo.jp

10. 『きみの鳥はうたえる』

©︎HAKODATE CINEMA IRIS

©︎HAKODATE CINEMA IRIS

『そこのみにて光輝く』などで知られる作家・佐藤泰志の同名小説を、柄本佑、染谷将太、石橋静河ら若手実力派俳優の共演で映画化した青春ドラマ。原作の舞台を東京から函館へ移して大胆に翻案し、『Playback』(2012) などの新鋭・三宅唱監督がメガホンをとった。主人公 “僕” を柄本、友人・静雄を染谷、ふたりの男の間で揺れ動くヒロイン・佐知子を『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』(2017) で注目された石橋がそれぞれ演じる。

公開日: 2018年9月1日
監督: 三宅唱
出演: 柄本佑、染谷将太、石橋静河
HP: kiminotori.com

11. 『ディヴァイン・ディーバ』

©︎UPSIDE DISTRIBUTION, IMP. BLUEMIND, 2017

©︎UPSIDE DISTRIBUTION, IMP. BLUEMIND, 2017

ブラジルのドラァグクイーンカルチャー黎明期を支えた人々を描いたドキュメンタリー。60年代、軍事独裁政権下のブラジルで、性的マイノリティとして、女性装をして芸能の才を披露することで自分らしく生きる道を選んだドラァグクイーンたち。当時リオ・デ・ジャネイロのヒバル・シアターで活躍した8人が、デビュー50周年を記念して再結集しライブを敢行することに。舞台の仕事から遠ざかっていたため、久々のパフォーマンスに悪戦苦闘しながらも、ライブに挑む姿を捉えた。同時に、60年代のシーンを当時の貴重な映像や写真を交えながら振り返る。監督はブラジルの人気女優 Leandra Leal (レアンドラ・レアル)。ナイトクラブのオーナーの孫娘として往年のドラァグクイーンたちを舞台袖から見ていたという監督が、リスペクトを持って描き出す。

公開日: 2018年9月1日
監督: Leandra Leal (レアンドラ・レアル)
出演: Brigitte de Buzios (ブリジッチ・ディ・ブジオ)、Marquesa (マルケザ)、Jane di Castro (ジャネ・ディ・カストロ)
HP: diva-movie.jp

12. 『SUNNY 強い気持ち・強い愛』

©︎2018「SUNNY」製作委員会

2011年に製作され、日本でもヒットした韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』を篠原涼子、広瀬すずの主演、『モテキ』(2010)『バクマン。』(2015) の大根仁監督でリメイクした青春音楽映画。現在の奈美役を篠原、高校時代の奈美役を広瀬が演じるほか、板谷由夏、小池栄子、ともさかりえ、渡辺直美らが顔をそろえる。90年代の音楽シーンを牽引した大ヒットメーカー、小室哲哉が音楽を担当している。

公開日: 2018年8月31日
監督: 大根仁
出演: 篠原涼子、広瀬すず、板谷由夏、小池栄子、ともさかりえ、渡辺直美
HP: sunny-movie.jp

13. 『テル・ミー・ライズ』

©︎Brook Productions 2012

©︎Brook Productions 2012

現代演劇界の巨匠 Peter Brook (ピーター・ブルック) が、1968年にメガホンを取った3作目の長編監督作品。Allen Ginsberg (アレン・ギンズバーグ) のビート・ジェネレーションとブラックパンサーによる黒人解放闘争……カウンターカルチャーとポップカルチャーが交差する68年のロンドン。傷を負ったベトナム人の子どもの写真に戦慄を覚えた3人のイギリス人の若者が、暴力の負の連鎖を咀嚼し、自分たちが無力であることの現実を乗り越えようとする。戦況が激化したベトナム戦争を痛烈に批判した本作は、カンヌ映画祭に選出されながら、突然の取り下げにより上映中止となった。しかし、ベネチア映画祭に選出され、審査員特別賞次点とルイス・ブニュエル審査員賞の2部門を受賞した。本編の紛失により、長きにわたり幻の作品とされてきたが、2011年に発見。日本でも製作から50年の時を経て劇場初公開される。

公開日: 2018年8月25日
監督: Peter Brook (ピーター・ブルック)
出演: Mark Jones (マーク・ジョーンズ)、Pauline Munro (ポーリーン・マンロー)、Robert Langdon Lloyd (ロバート・ラングドン・ロイド)
HP: tellmelies.jp

14. 『輝ける人生』

©︎Finding Your Feet Limited 2017

©︎Finding Your Feet Limited 2017

長年連れ添った夫の浮気をきっかけに人生を見つめなおすことになる女性の姿を、笑いと涙、音楽とダンスを交えて描いた人生賛歌のドラマ。『ヴェラ・ドレイク』(2005) の Imelda Staunton (イメルダ・スタウントン) が主演を務め、『否定と肯定』の Timothy Spall (ティモシー・スポール) らイギリスのベテラン俳優が出演。『ニューヨーク、眺めのいい部屋売ります』(2016) の名匠 Richard Loncraine (リチャード・ロンクレイン) がメガホンをとった。

公開日: 2018年8月25日
監督: Richard Loncraine (リチャード・ロンクレイン)
出演: Imelda Staunton (イメルダ・スタウントン)、Timothy Spall (ティモシー・スポール)、Celia Imrie (セリア・イムリー)
HP: kagayakeru-jinsei.com

15. 『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』

©︎Universal Pictures

©︎Universal Pictures

ABBA (アバ) のヒット曲で構成される人気ミュージカルの舞台を映画化した『マンマ・ミーア!』(2008) の10年ぶりとなる続編。主人公ソフィがホテルの開業を目指して奮闘する現在と、ソフィの母ドナの若き日である1979年の物語を交錯させながら、母から娘へと受け継がれていく物語をつづる。キャストにはソフィ役の Amanda Seyfried (アマンダ・セイフライド) を筆頭に、ドナ役の Meryl Streep (メリル・ストリープ) ら前作のメンバーが再結集。若き日のドナ役に『シンデレラ』(2015) の Lily James (リリー・ジェームズ)、若き日のサム役に『戦火の馬』(2011) の Jeremy Irvine (ジェレミー・アーバイン)、ソフィの祖母ルビー役に『バーレスク』(2010) の Cher (シェール) ら、新たなメンバーも参加。『17歳のエンディングノート』(2013) の Ol Parker (オル・パーカー) が監督・脚本を手がけた。

公開日: 2018年8月24日
監督: Ol Parker (オル・パーカー)
出演: Amanda Seyfried (アマンダ・セイフライド)、Meryl Streep (メリル・ストリープ)、Pierce Brosnan (ピアース・ブロスナン)、Colin Firth (コリン・ファース)
HP: mammamiamovie.jp

16. 『オーケストラ・クラス』

©︎2017 / MIZAR FILMS / UGC IMAGES / FRANCE 2 CINEMA / LA CITE DE LA MUSIQUE - PHILHARMONIE DE PARIS

©︎2017 / MIZAR FILMS / UGC IMAGES / FRANCE 2 CINEMA / LA CITE DE LA MUSIQUE – PHILHARMONIE DE PARIS

音楽に触れる機会の少ない子どもたちに無料で楽器を贈呈し、プロの演奏家たちが音楽を教えるフランスの実在の教育プログラムから着想を得た物語で、挫折したバイオリニストと初めて音楽に触れる子どもたちの交流を通して、音楽や人生の喜び、素晴らしさを描いたヒューマンドラマ。

公開日: 2018年8月18日
監督: Rachid Hami (ラシド・ハミ)
出演: Kad Merad (カド・メラッド)、Alfred Renely (アルフレッド・ルネリー)、Zakaria-Tayeb Lazab (ザカリア・タイエビ・ラザン)
HP: www.orchestra-class.com

17. 『大人のためのグリム童話 手をなくした少女7

©︎Les Films Sauvages - 2016

©︎Les Films Sauvages – 2016

19世紀初頭に書かれたグリム童話に初版から収録されている民話「手なしむすめ」を長編アニメーション映画化。フランスの新鋭 Sebastien Laudenbach (セバスチャン・ローデンバック) 監督が、ひとりですべての作画を担い、「クリプトキノグラフィー」と呼ぶ独特の映像表現手法でアニメ化した。世界最大のアニメーション映画祭として知られるアヌシー国際アニメーション映画祭で、審査員特別賞を受賞。日本でも東京アニメアワードフェスティバル2017で上映され、長編アニメーショングランプリを受賞している。

公開日: 2018年8月18日
監督: Sebastien Laudenbach (セバスチャン・ローデンバック)
HP: newdeer.net

18. 『タリーと私の秘密の時間』

©︎2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

©︎2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

『JUNO ジュノ』(2008)『マイレージ、マイライフ』(2010) の Jason Reitman (ジェイソン・ライトマン) 監督が、『ヤング≒アダルト』(2012) でもタッグを組んだ Charlize Theron (シャーリーズ・セロン) を再び主演に迎え、3人の子を育てる母親と不思議な魅力をもったベビーシッターの女性との交流や絆を、コミカルかつハートウォーミングに描いたドラマ。Charlize Theron がマーロ役を演じ、『ブレードランナー 2049』(2017) などで注目される Mackenzie Davis (マッケンジー・デイビス) がタリーに扮した。脚本は『JUNO ジュノ』『ヤング≒アダルト』の Diablo Cody (ディアブロ・コーディ)。

公開日: 2018年8月17日
監督: Jason Reitman (ジェイソン・ライトマン)
出演: Charlize Theron (シャーリーズ・セロン)、Mackenzie Davis (マッケンジー・デイビス)、Mark Duplass (マーク・デュプラス)
HP: tully.jp

19. 『タイニー・ファニチャー』

大ヒットテレビシリーズ「GIRLS ガールズ」のクリエイター兼主演として一躍注目を集める女優の Lena Dunham (レナ・ダナム) が、2010年に製作した長編映画初監督作。ダナム自身が監督のほか脚本、主演も務め、主人公の母親役でダナムの実際の母である女優の Laurie Simmons (ローリー・シモンズ) が共演。

公開日: 2018年8月11日
監督: Lena Dunham (レナ・ダナム)
出演: Lena Dunham (レナ・ダナム)、Laurie Simmons (ローリー・シモンズ)、Grace Dunham (グレース・ダナム)、Jemima Kirke (ジェマイマ・カーク)
HP: www.tinyfurniture-jp.com

20. 『オーシャンズ8』

©︎2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

©︎2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

Steven Soderbergh (スティーブン・ソダーバーグ) 監督が手がけ、主演の George Clooney (ジョージ・クルーニー) ほかオールスターキャスト共演で話題を集めた『オーシャンズ』シリーズを、新たにオール女性キャストで描くクライムエンタテインメント。クルーニーが演じたダニー・オーシャンの妹デビー・オーシャンが主人公となり、女性版オーシャンズが結成される。デビー役の Sandra Bullock (サンドラ・ブロック) ほか、Cate Blanchett (ケイト・ブランシェット)、Anne Hathaway (アン・ハサウェイ)、Helena Bonham Carter (ヘレナ・ボナム・カーター)、歌手の Rihanna (リアーナ) ら豪華女優陣が顔をそろえる。ソダーバーグがプロデュースを務め、『ハンガー・ゲーム』の Gary Ross (ゲイリー・ロス) がメガホンをとった。

公開日: 2018年8月10日
監督: Gary Ross (ゲイリー・ロス)
出演: Sandra Bullock (サンドラ・ブロック)、Cate Blanchett (ケイト・ブランシェット)、Anne Hathaway (アン・ハサウェイ)、Helena Bonham Carter (ヘレナ・ボナム・カーター)、Rihanna (リアーナ)
HP: wwws.warnerbros.co.jp

Related Articles

Connect with The Fashion Post