Movie Guide: 20 Movies You Should Watch Right Now

MOVIES | Nov 16, 2018 5:00 PM
大型シネコンからミニシアターまで新作が続々と封を切り、余暇を忙しくさせる週末の TOKYO 映画事情。インターネット上に溢れる膨大な情報量に疲れてしまったあなたへ、『The Fashion Post (ザ・ファッションポスト)』が独断と偏見でセレクトした「今観るべき」「今からでも観れる」映画を週替わりでご紹介。

大型シネコンからミニシアターまで新作が続々と封を切り、余暇を忙しくさせる週末の TOKYO 映画事情。インターネット上に溢れる膨大な情報量に疲れてしまったあなたへ、『The Fashion Post (ザ・ファッションポスト)』が独断と偏見でセレクトした「今観るべき」「今からでも観れる」映画を週替わりでご紹介。

【上映中の映画20選 (11月16日〜11月23日)】

1. 『銃』

©︎吉本興業

©︎吉本興業

芥川賞作家・中村文則の同名デビュー作を『百円の恋』(2014) の武正晴監督のメガホン、村上虹郎と広瀬アリスの主演で映画化。主演・村上の父である村上淳も出演しており、『2つ目の窓』(2014) 以来の村上父子の共演作となった。2018年 第31回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門に出品され、同部門の監督賞を受賞した。

公開日: 2018年11月17日
監督: 武正晴
出演: 村上虹郎、広瀬アリス、日南響子、新垣里沙、岡山天音、村上淳
HP: thegunmovie.official-movie.com

2. 『A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー』

©︎2017 Scared Sheetless, LLC. All Rights Reserved.

©︎2017 Scared Sheetless, LLC. All Rights Reserved.

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(2017) の Casey Affleck (ケイシー・アフレック) と『キャロル』(2015) の Rooney Mara (ルーニー・マーラ) の共演で、幽霊となった男が残された妻を見守る切ない姿を描いたファンタジードラマ。Casey Affleck がシーツ姿の幽霊となってさまよい続ける夫役を、Rooney Mara  がその妻役を演じる。David Lowery (デビッド・ロウリー) 監督がメガホンを取り、『セインツ 約束の果て』(2014) の監督&主演コンビが再結集した。

公開日: 2018年11月17日
監督: David Lowery (デビッド・ロウリー)
出演: Casey Affleck (ケイシー・アフレック)、Rooney Mara (ルーニー・マーラ)
HP: ags-movie.jp

3. 『いろとりどりの親子』

©︎2017 FAR FROM THE TREE, LLC

©︎2017 FAR FROM THE TREE, LLC

親や周りとは「違う」性質を持った子どもを持つ300以上の親子たちのインタビューをまとめ、ニューヨークタイムズ紙ベストブックなど、アメリカ国内外で50以上の賞を受賞し、世界24カ国で翻訳されたベストセラーノンフィクションを原作にしたドキュメンタリー。作家 Andrew Solomon (アンドリュー・ソロモン) が10年の歳月をかけてまとめあげた原作「Far From The Tree: Parents, Children and the Search for Identity」に基づき、自閉症、ダウン症、低身長症、LGBTといった「違い」を抱えた子どもを持つ6組の親子が直面する困難、戸惑い、その経験から得られる喜び、そして親から子への愛情が描かれる。監督はエミー賞を受賞した Rachel Dretzin (レイチェル・ドレッツィン)。

公開日: 2018年11月17日
監督: Rachel Dretzin (レイチェル・ドレッツィン)
HP: longride.jp

4. 『おかえり、ブルゴーニュへ』

©︎2016 - CE QUI ME MEUT - STUDIOCANAL - FRANCE 2 CINEMA

©︎2016 – CE QUI ME MEUT – STUDIOCANAL – FRANCE 2 CINEMA

『スパニッシュ・アパートメント』(2001)、『ロシアン・ドールズ』(2005)、『ニューヨークの巴里夫』(2013) からなる “青春三部作” の完結から4年。都会を舞台に、ごくありふれた人々とその日常を活き活きと軽妙に、そしてあたたかなまなざしで映し出してきた現代フランスを代表する人気監督 Cedric Klapisch (セドリック・クラピッシュ)。本作では自身のキャリア12作目にして初めて田舎を舞台に自然撮影に挑み、四季折々の美しいブドウ畑を映し出した。フランス・ブルゴーニュを舞台に、ワイン醸造家だった父親の死をきっかけに10年ぶりに再会する三兄妹の悲喜こもごもが描かれる。都会の喧騒を離れ、くすぐったいような幼い頃の思い出と家族の絆で包み込んでくれる本作は、ふと立ち止まり、自分の人生を見つめるきっかけを与えてくれるに違いない。

公開日: 2018年11月17日
監督: Cedric Klapisch (セドリック・クラピッシュ)
出演: Pio Marmai (ピオ・マルマイ)、Ana Girardot (アナ・ジラルド)、Francois Civil (フランソワ・シビル)
HP: burgundy-movie.jp

5. 『バルバラ セーヌの黒いバラ』

©︎2017 - WAITING FOR CINEMA - GAUMONT - FRANCE 2 CINEMA – ALICELEO

©︎2017 – WAITING FOR CINEMA – GAUMONT – FRANCE 2 CINEMA – ALICELEO

『007 慰めの報酬』(2008)『潜水服は蝶の夢を見る』(2007) の俳優 Mathieu Amalric (マチュー・アマルリック) が監督・脚本・出演を務め、『ナントに雨が降る』などの名曲で知られるフランスの伝説的歌手バルバラを題材に撮りあげたドラマ。アマルリックの元パートナーである Jeanne Balibar (ジャンヌ・バリバール) が主人公を熱演。2017年・第70回カンヌ国際映画祭ある視点部門でポエティックストーリー賞を受賞。

公開日: 2018年11月16日
監督: Mathieu Amalric (マチュー・アマルリック)
出演: Jeanne Balibar (ジャンヌ・バリバール)、Mathieu Amalric (マチュー・アマルリック)、Vincent Peirani (バンサン・ペイラニ)、Aurore Clement (オーロール・クレマン)
HP: barbara-movie.com

6. 『母さんがどんなに僕を嫌いでも』

©︎2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

©︎2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

小説家・漫画家の歌川たいじによる同名コミックエッセイを太賀、吉田羊の共演で映画化。タイジ役を太賀、母・光子役を吉田がそれぞれ演じ、『レディ・プレイヤー1』(2018) の森崎ウィンをはじめ、白石隼也、秋月三佳、木野花らが脇を固める。監督は『すーちゃん まいちゃんさわ子さん』(2013) の御法川修。

公開日: 2018年11月16日
監督: 御法川修
出演: 大賀、吉田羊、森崎ウィン、白石隼也、秋月三佳、木野花
HP: hahaboku-movie.jp

7. 『ビリオネア・ボーイズ・クラブ』

©︎2017, BB Club, LLC. All rights reserved.

©︎2017, BB Club, LLC. All rights reserved.

『ベイビー・ドライバー』(2017) の Ansel Elgort (アンセル・エルゴート) と『キングスマン』シリーズの Taron Egerton (タロン・エガートン) が初共演を果たしたクライムサスペンス。ジョー役を Ansel Elgort、ディーン役を Taron Egerton が演じるほか、Kevin Spacey (ケビン・スペイシー)、Emma Roberts (エマ・ロバーツ) らが顔をそろえる。

公開日: 2018年11月9日
監督: James Cox (ジェームズ・コックス)
出演: Ansel Elgort (アンセル・エルゴート)、Taron Egerton (タロン・エガートン)、Kevin Spacey (ケビン・スペイシー)、Emma Roberts (エマ・ロバーツ)
HP: bbc-movie.jp

8. 『ボヘミアン・ラプソディ』

©︎2018 Twentieth Century Fox

©︎2018 Twentieth Century Fox

世界的人気ロックバンド QUEEN (クイーン) のボーカルで、1991年に45歳の若さでこの世を去ったフレディ・マーキュリーを描いた伝記ドラマ。QUEEN の現メンバーである Brian May (ブライアン・メイ) と Roger Taylor (ロジャー・テイラー) が音楽総指揮を手がけ、劇中の楽曲には主にフレディ自身の歌声を使用。「ボヘミアン・ラプソディ」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」といった名曲誕生の瞬間や、20世紀最大のチャリティコンサート「ライブ・エイド」での圧巻のパフォーマンスといった音楽史に残る伝説の数々を再現するとともに、華やかな活躍の裏にあった知られざるストーリーを描き出していく。『ナイト ミュージアム』(2006) の Rami Malek (ラミ・マレック) がフレディを熱演し、フレディの恋人メアリー・オースティンを『シング・ストリート 未来へのうた』(2015) の Lucy Boynton (ルーシー・ボーイントン) が演じる。監督は『X-MEN』シリーズの Bryan Singer (ブライアン・シンガー)。

公開日: 2018年11月9日
監督: Bryan Singer (ブライアン・シンガー)
出演: Rami Malek (ラミ・マレック)、Lucy Boynton (ルーシー・ボーイントン)、Gwilym Lee (グウィリム・リー)、Ben Hardy (ベン・ハーディ)
HP: www.foxmovies-jp.com

9. 『生きてるだけで、愛。』

2018「生きてるだけで、愛。」製作委員会

©︎2018「生きてるだけで、愛。」製作委員会

小説家、劇作家、演出家などマルチな活動を展開する芥川賞作家・本谷有希子の同名小説を趣里の主演で映画化。趣里が主人公・寧子役を演じるほか、津奈木役を菅田将暉、安堂役を仲里依紗がそれぞれ演じる。数々のCMやAKB48、Mr.ChildrenなどのMVなどを手がけ、カンヌ国際広告祭でグランプリなどを受賞した関根光才の長編劇映画初監督作品。

公開日: 2018年11月9日
監督: 関根光才
出演: 趣里、菅田将暉、仲里依紗、田中哲司、西田尚美、松重豊
HP: ikiai.jp

10. 『アンクル・ドリュー』

Motion Picture Artwork ©︎ 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

Motion Picture Artwork ©︎ 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

NBAのスター選手 Kyrie Irving (カイリー・アービング) が特殊メイクで老人に扮し、ストリートで勝負を挑むという、米ペプシのCM用ドッキリ企画から生まれたキャラクター「ドリュー爺さん」を長編映画化した青春スポーツコメディ。オリジナルの企画同様にアービングがドリュー爺さんを演じているほか、Shaquille O’Neal (シャキール・オニール)、Reggie Miller (レジー・ミラー)、Chris Webber (クリス・ウェバー)、Nate Robinson (ネイト・ロビンソン) ら元NBAのトップ選手たちが同じく特殊老けメイクを施し、ドリュー爺さんのチームメイトを演じている。監督は『ドラムライン』(2004) の Charles Stone III (チャールズ・ストーン3世)。

公開日: 2018年11月9日
監督: Charles Stone III (チャールズ・ストーン3世)
出演: Kyrie Irving (カイリー・アービング)、Shaquille O’Neal (シャキール・オニール)、Reggie Miller (レジー・ミラー)、Chris Webber (クリス・ウェバー)、Nate Robinson (ネイト・ロビンソン)
HP: uncledrew.jp

11. 『十年 Ten Years Japan』

「PLAN75」©︎2018 “Ten Years Japan” Film Partners

「PLAN75」©︎2018 “Ten Years Japan” Film Partners

香港で大ヒットしたオムニバス映画『十年』の日本版として、10年後の日本を題材に、5人の若手監督がメガホンを取ったオムニバス作品。エグゼクティブプロデューサーを『万引き家族』(2018) でパルムドールを受賞した是枝裕和監督が務める。『愚行録』の石川慶監督が、政府の徴兵制の告知キャンペーンを担当する青年と老デザイナーを描いた「美しい国」のほか、国家戦略IT特区となった田舎町の小学校を舞台にした「いたずら同盟」(木下雄介監督)、亡くなった母がネット上に遺したデータに一喜一憂する女子高生を描く「DATA」(津野愛監督)、75歳以上の高齢者に安楽死を奨励する新制度を描いた「PLAN75」(早川千絵監督)、大気汚染によって地下への移住を強いられて地上の世界を夢見る少女を描く「その空気は見えない」(藤村明世監督) の5作品から構成。国際共同製作プロジェクトとして、タイ版、台湾版も製作される。

公開日: 2018年11月3日
監督: 石川慶、木下雄介、津野愛、早川千絵、藤村明世
出演: 川口覚、山田キヌヲ、國村隼、杉咲花、田中哲司、池脇千鶴、大賀
HP: tenyearsjapan.com

12. 『ステータス・アップデート』

©︎2017 Status Update, LLC All Rights Reserved

©︎2017 Status Update, LLC All Rights Reserved

『ヘアスプレー』(2007)『glee グリー』の Adam Shankman (アダム・シャンクマン) が製作、『ミッドナイト・サン タイヨウのうた』(2018)『ステップ・アップ』シリーズを手がけた Scott Speer (スコット・スピアー) が監督を務め、魔法のアプリでさまざまな希望をかなえた青年を主人公に描くファンタジーコメディ。ドラマ『オースティン&アリー』の主演でブレイクし、ロックバンド「R5」のボーカルとしても活躍する Ross Lynch (ロス・リンチ) が主人公カイル役を、ドラマ『やってないってば!』の Olivia Holt (オリビア・ホルト) がヒロインのダニー役を演じる。

公開日: 2018年11月3日
監督: Adam Shankman (アダム・シャンクマン)
出演: Ross Lynch (ロス・リンチ)、Olivia Holt (オリビア・ホルト)、Courtney Eaton (コートニー・イートン)
HP: status-update.jp

13. 『ぼけますから、よろしくお願いします。』

©︎「ぼけますから、よろしくお願いします。」製作・配給委員会

©︎「ぼけますから、よろしくお願いします。」製作・配給委員会

自身の乳がん闘病を描いたドキュメンタリー番組『おっぱいと東京タワー 私の乳がん日記』でニューヨークフェスティバル銀賞などを受賞したテレビディレクターの信友直子が、認知症の母親と耳の遠い父親を題材に手がけたドキュメンタリー。2016年と17年にテレビで放送された作品に追加取材、再編集を加えて、信友監督初の劇場作品として劇場上映。

公開日: 2018年11月3日
監督: 信友直子
HP: www.bokemasu.com

14. 『華氏119』

©︎Paul Morigi / gettyimages ©︎2018 Midwestern Films LLC 2018

©︎Paul Morigi / gettyimages
©︎2018 Midwestern Films LLC 2018

アメリカの銃社会に風穴を開けた『ボウリング・フォー・コロンバイン』(2002) や医療問題を取り上げた『シッコ』(2007) など、巨大な権力に対してもアポなし突撃取材を敢行するスタイルで知られるドキュメンタリー監督の Michael Moore (マイケル・ムーア) が、アメリカ合衆国第45代大統領 Donald Trump (ドナルド・トランプ) を題材に手がけたドキュメンタリー。タイトルの『華氏119 (原題:Fahrenheit 11/9)』は、トランプの大統領当選が確定し、勝利宣言をした2016年11月9日に由来。ムーア監督の代表作であり、当時のジョージ・W・ブッシュ政権を痛烈に批判した『華氏911 (Fahrenheit 9/11)』(2004) に呼応するものになっている。16年の大統領選の最中からトランプ当選の警告を発していたムーア監督は、トランプ大統領を取材するうちに、どんなスキャンダルが起こってもトランプが大統領の座から降りなくてもすむように仕組まれているということを確信し、トランプ大統領を「悪の天才」と称する。今作では、トランプ・ファミリー崩壊につながるというネタも暴露しながら、トランプを当選させたアメリカ社会にメスを入れる。

公開日: 2018年11月2日
監督: Michael Moore (マイケル・ムーア)
出演: Michael Moore (マイケル・ムーア)、Donald Trump (ドナルド・トランプ)、Bernie Sanders (バーニー・サンダース)
HP: gaga.ne.jp

15. 『嘘はフィクサーのはじまり』

©︎2017 Oppenheimer Strategies, LLC. All Rights Reserved.

©︎2017 Oppenheimer Strategies, LLC. All Rights Reserved.

Richard Gere (リチャード・ギア) 扮する自称フィクサーの男が、国際的な大騒動を巻き起こす姿を描いたブラックコメディ。ノーマン役をギア、『運命は踊る』(2018) のイスラエル人俳優 Lior Ashkenazi (リオル・アシュケナージ) が首相役を演じるほか、Michael Sheen (マイケル・シーン)、Steve Buscemi (スティーブ・ブシェーミ)、Charlotte Gainsbourg (シャルロット・ゲンズブール) らが脇を固める。監督は『ボーフォート レバノンからの撤退』(2008)『フットノート』(2014) がアカデミー外国語映画賞にノミネートされた Joseph Cedar (ヨセフ・シダー)。2016年のリオデジャネイロ五輪閉会式で「君が代」のアレンジを手がけた三宅純が音楽を担当する。

公開日: 2018年10月27日
監督: Joseph Cedar (ヨセフ・シダー)
出演: Richard Gere (リチャード・ギア)、Lior Ashkenazi (リオル・アシュケナージ)、Michael Sheen (マイケル・シーン)、Steve Buscemi (スティーブ・ブシェーミ)、Charlotte Gainsbourg (シャルロット・ゲンズブール)
HP: www.hark3.com

16. 『ガンジスに還る』

©︎Red Carpet Moving Pictures

©︎Red Carpet Moving Pictures

インドの新鋭 Shubhashish Bhutiani (シュバシシュ・ブティアニ) 監督が弱冠27歳で手がけ、ベネチア国際映画祭などで賞賛されたヒューマンドラマ。雄大なガンジス河を背景に、誰にでもいつか訪れる “死” というテーマを、ユーモアと人情味を交えて描いた。

公開日: 2018年10月27日
監督: Shubhashish Bhutiani (シュバシシュ・ブティアニ)
出演: Adil Hussain (アディル・フセイン)、Lalit Behl (ラリット・ベヘル)、Geetanjali Kulkarni (ギータンジャリ・クルカルニ)、Palomi Ghosh (パロミ・ゴーシュ)
HP: www.bitters.co.jp

17. 『マイ・プレシャス・リスト』

©︎2016 CARRIE PILBY PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

©︎2016 CARRIE PILBY PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ハーバード大卒の天才ながらコミュニケーション能力がゼロというヒロインの心の成長を描いたドラマ。キャリー役を『ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出』(2016)『ミニー・ゲッツの秘密』(日本・未) の Bel Powley (ベル・パウリー) が演じる。監督はプロデューサーとして『さよなら、僕らの夏』(2006) などを手がけ、本作が長編初監督作品となる Susan Johnson (スーザン・ジョンソン)。

公開日: 2018年10月20日
監督: Susan Johnson (スーザン・ジョンソン)
出演: Bel Powley (ベル・パウリー)、Gabriel Byrne (ガブリエル・バーン)、Nathan Lane (ネイサン・レイン)
HP: my-precious-list.jp

18. 『ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ』

©︎2015 Moulins Films LLC All Rights Reserved

©︎2015 Moulins Films LLC All Rights Reserved

巨匠 Frederick Wiseman (フレデリック・ワイズマン) の40作目となるドキュメンタリー作品で、さまざまなマイノリティが集まるニューヨークの下町ジャクソンハイツにカメラを向けた。ニューヨーク市クイーンズ区の北西に位置するジャクソンハイツには、世界中からの移民とその子孫が暮らし、167もの言語が話されている。教会、モスク、シナゴーグといった宗教施設、レストラン、コインランドリーなど、町に点在するさまざまな場所。この町に生きる地域ボランティア、セクシャル・マイノリティ、不法滞在者、再開発の波にのまれる商店主たち。町に生きる人びとの語らいや踊り、祈りなど、ワイズマンの視点によって切り取られた場所や人びとからジャクソンハイツという「町」が描かれる。

公開日: 2018年10月20日
監督: Frederick Wiseman (フレデリック・ワイズマン)
HP: child-film.com

19. 『テルマ』

©︎PaalAudestad/Motlys

©︎PaalAudestad/Motlys

鬼才 Lars von Trier ラース・フォン・トリアーを親類に持ち、カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品された『母の残像』などで注目されるノルウェーの Joachim Trier (ヨアキム・トリアー) 監督が手がけたホラー。ノルウェーを舞台に、幼い頃の記憶を封印された少女テルマが、成長して初めての恋を経験したことをきっかけに、恐るべき秘密へとつながっていくさまを描いた。

公開日: 2018年10月20日
監督: Joachim Trier (ヨアキム・トリアー)
出演: Eili Harboe (エイリ・ハーボー)、Kaya Wilkins (カヤ・ウィルキンス)、Henrik Rafaelsen (ヘンリク・ラファエルソン)
HP: gaga.ne.jp

20. 『ここは退屈迎えに来て』

©︎2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会

©︎2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会

地方に暮らす女性たちの心情を描いた山内マリコの同名連作小説集を橋本愛、門脇麦、成田凌の出演、廣木隆一監督のメガホンで映画化。「私」役を橋本、「あたし」役を門脇、椎名役を成田がそれぞれ演じる。

公開日: 2018年10月19日
監督: 廣木隆一
出演: 橋本愛、門脇麦、成田凌、渡辺大知、岸井ゆきの
HP: taikutsu.jp

Related Articles

Connect with The Fashion Post