Movie Guide: 20 Movies You Should Watch Right Now

MOVIES | Jan 18, 2019 5:00 PM
大型シネコンからミニシアターまで新作が続々と封を切り、余暇を忙しくさせる週末の TOKYO 映画事情。インターネット上に溢れる膨大な情報量に疲れてしまったあなたへ、『The Fashion Post (ザ・ファッションポスト)』が独断と偏見でセレクトした「今観るべき」「今からでも観れる」映画を週替わりでご紹介。

大型シネコンからミニシアターまで新作が続々と封を切り、余暇を忙しくさせる週末の TOKYO 映画事情。インターネット上に溢れる膨大な情報量に疲れてしまったあなたへ、『The Fashion Post (ザ・ファッションポスト)』が独断と偏見でセレクトした「今観るべき」「今からでも観れる」映画を週替わりでご紹介。

【上映中の映画20選 (1月18日〜1月25日)】

1. 『ミスター・ガラス』

©︎Universal Pictures All rights reserved.

M. Night Shyamalan (M・ナイト・シャマラン) 監督が Bruce Willis (ブルース・ウィリス)&Samuel L. Jackson (サミュエル・L・ジャクソン) 共演で送り出した『アンブレイカブル』(2001) のその後を描いたサスペンススリラー。同じくシャマラン監督作でJames McAvoy (ジェームズ・マカボイ) 主演の『スプリット』(2017) とも世界観を共有する。『アンブレイカブル』でデヴィッドを演じた Bruce Willis、ミスター・ガラスを演じた Samuel L. Jackson、『スプリット』でケヴィンを演じた James McAvoy が同役を続投。

公開日: 2019年1月18日
監督: M. Night Shyamalan (M・ナイト・シャマラン)
出演: Bruce Willis (ブルース・ウィリス)、Samuel L. Jackson (サミュエル・L・ジャクソン)、James McAvoy (ジェームズ・マカボイ)
HP: www.disney.co.jp

2. 『チワワちゃん』

©︎2019「チワワちゃん」製作委員会

©︎2019「チワワちゃん」製作委員会

『ヘルタースケルター』『リバーズ・エッジ』など、1980~90年代にかけて数多くの人気作品を送り出した漫画家の岡崎京子が94年に発表した『チワワちゃん』を実写映画化。SNSが普及した現代の東京を舞台に、門脇麦、成田凌、寛一郎、玉城ティナ、吉田志織、村上虹郎らが演じる若者たちが繰り広げる青春を描いた群像劇。監督は、自主映画『SLUM-POLIS』(2015) などで注目され、『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ』(2017) で商業デビューした弱冠27歳の新鋭・二宮健。

公開日: 2019年1月18日
監督: 二宮健
出演: 門脇麦、成田凌、寛一郎、玉城ティナ、吉田志織、村上虹郎
HP: chiwawa-movie.jp

3. 『バジュランギおじさんと、小さな迷子』

©Eros international all rights reserved. ©SKF all rights reserved.

©Eros international all rights reserved. ©SKF all rights reserved.

インド人青年と、声を出せないパキスタンから来た少女が、国や宗教を超えて織り成す2人旅をあたたかく描き、世界各国でヒットを記録したインド映画。主人公パワンはインド映画界で最も影響力のある “3大カーン” のひとり、Salman Khan (サルマン・カーン) が演じる。

公開日: 2019年1月18日
監督: Kabir Khan (カビール・カーン)
出演: Salman Khan (サルマン・カーン)、Harshaali Malhotra (ハルシャーリー・マルホートラ)、Nawazuddin Siddiqui (ナワーズッディーン・シッディーキー)、Kareena Kapoor (カリーナ・カプール)
HP: bajrangi.jp

4. 『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』

©︎2018 SOULAGE

©︎2018 SOULAGE

三上博史が14年ぶりに映画主演を務め、劇作家・俳優など多彩に活躍する宅間孝行の監督・脚本で描いたワンシチュエーションの群像劇。ラブホテルという密室を舞台に、それぞれが互いの弱みを握る一方で、弱みを握られてもいる登場人物たちの思惑や立場が交錯し、物語が思わぬ方向へと転がっていく。共演に酒井若菜、波岡一喜、三浦萌、柴田理恵、阿部力ら。

公開日: 2019年1月18日
監督: 宅間孝行
出演: 三上博史、酒井若菜、波岡一喜、三浦萌、柴田理恵、阿部力
HP: love-hate-movie.jp

5. 『シークレット・チルドレン』

©︎2014 ONE & TWO LLC

©︎2014 ONE & TWO LLC

『君の名前で僕を呼んで』(2018) で一躍世界から注目を集めた Timothee Chalamet (ティモシー・シャラメ) が、同作より以前に出演した作品で、テレビシリーズ『マッドメン』の Kiernan Shipka (キーナン・シプカ) とともに超能力を持つ兄妹を演じた青春SFスリラー。『A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー』の撮影監督 Andrew Droz Palermo (アンドリュー・ドロス・パレルモ) がメガホンをとった。ヒューマントラストシネマ渋谷&シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2019」上映作品。

公開日: 2019年1月18日
監督: Andrew Droz Palermo (アンドリュー・ドロス・パレルモ)
出演: Timothee Chalamet (ティモシー・シャラメ)、Kiernan Shipka (キーナン・シプカ)
HP: aoyama-theater.jp

6. 『夜明け』

©︎2019「夜明け」製作委員会

©︎2019「夜明け」製作委員会

是枝裕和、西川美和が立ち上げた制作者集団「分福」に所属し、是枝、西川作品で監督助手を務めた広瀬奈々子の監督デビュー作。是枝監督作『誰も知らない』(2004) で見いだされて以来、活躍を続ける柳楽優弥がシンイチ役を務め、哲郎役は小林薫が演じる。

公開日: 2019年1月18日
監督: 広瀬奈々子
出演: 柳楽優弥、小林薫、YOUNG DAIS、鈴木常吉、堀内敬子
HP: yoake-movie.com

7. 『ディアマンティーノ 未知との遭遇』

©︎2018 - Les Films du Belier - Maria & Mayer - Syndrome Films

©︎2018 – Les Films du Belier – Maria & Mayer – Syndrome Films

引退した人気サッカー選手の旅を軸に、ネオナチや難民、クローンといったポルトガルの社会問題をめいっぱい盛り込みながら描き、第71回カンヌ国際映画祭で国際批評家週間グランプリ&パルム・ドッグ審査員賞を受賞した奇想天外なファンタジードラマ。主演は『熱波』(日本・未) の Carloto Cotta (カルロト・コッタ)。共演に『リスボンに誘われて』(日本・未) の Filipe Vargas (フィリッピ・バルガス)。ヒューマントラストシネマ渋谷&シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2019」上映作品。

公開日: 2019年1月18日
監督: Gabriel Abrantes (ガブリエル・アブランテス)、Daniel Schmid (ダニエル・シュミット)
出演: Carloto Cotta (カルロト・コッタ)、Filipe Vargas (フィリッピ・バルガス)
HP: aoyama-theater.jp

8. 『マチルド、翼を広げ』

©︎2017 F Comme Film / Gaumont / France 2 Cinema

©︎2017 F Comme Film / Gaumont / France 2 Cinema

『カミーユ、恋はふたたび』(2015) の監督・脚本・主演を務めた Noemie Lvovsky (ノエミ・ルボフスキー) が、自身の子ども時代を詩的な表現で描いたファンタジードラマ。Noemie Lvovsky 監督が情緒不安定な母親役を自ら熱演し、主人公マチルドにはこれがデビュー作となる Luce Rodriguez (リュス・ロドリゲス) を起用。マチルドを優しく見守る父親役を『007 慰めの報酬』(2008) の Mathieu Amalric (マチュー・アマルリック) が演じた。

公開日: 2019年1月12日
監督: Noemie Lvovsky (ノエミ・ルボフスキー)
出演: Luce Rodriguez (リュス・ロドリゲス)、Noemie Lvovsky (ノエミ・ルボフスキー)、Mathieu Amalric (マチュー・アマルリック)
HP: www.senlis.co.jp

9. 『未来を乗り換えた男』

©︎2018 SCHRAMM FILM / NEON / ZDF / ARTE / ARTE France Cinéma

©︎2018 SCHRAMM FILM / NEON / ZDF / ARTE / ARTE France Cinéma

『東ベルリンから来た女』で知られるドイツの名匠 Christian Petzold (クリスティアン・ペッツォルト) 監督が、ファシズムの風が吹き荒れたナチスによる史実と現代の難民問題を重ね合わせ、祖国を追われた人々が希望を求めてさまよう姿をサスペンスフルに描いたドラマ。原作は、1930~40年代にかけて、ナチス政権下のドイツから亡命した小説家 Anna Seghers (アンナ・ゼーガース) による『トランジット』。

公開日: 2019年1月12日
監督: Christian Petzold (クリスティアン・ペッツォルト)
出演: Franz Rogowski (フランツ・ロゴフスキ)、Paula Beer (パウラ・ベーア)
HP: transit-movie.com

10. 『ヒューマン・フロー 大地漂流』

©︎2017 Human Flow UG. All Rights Reserved.

©︎2017 Human Flow UG. All Rights Reserved.

2008年北京オリンピックのメインスタジアム「鳥の巣」の設計にも参加した中国の現代美術家アイ・ウェイウェイが監督を務め、難民問題を追ったドキュメンタリー。貧困・戦争・環境問題など、さまざまな理由により世界各地で増え続ける難民たち。本作撮影当時の2016年には6500万人を数えた難民たちは年々増え続け、事態の深刻化はとどまることを知らない。しかし、現実には彼ら難民の受け入れを拒否する国が広がっていく。23カ国を超える40カ所の難民キャンプと国境地帯を訪れ、この世界的な問題となっている難民危機のリアルな現実をとらえていく。

公開日: 2019年1月12日
監督: Ai Weiwei (アイ・ウェイウェイ)
HP: humanflow-movie.jp

11. 『エリザベス∞エクスペリメント』

©︎2018 RELIANCE ENTERTAINMENT PRODUCTIONS 12 LIMITED

©︎2018 RELIANCE ENTERTAINMENT PRODUCTIONS 12 LIMITED

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015) の Abbey Lee (アビー・リー) が美しく完璧なクローン人間を演じ、生存欲求を持ったクローンの運命を描いたSFスリラー。共演に『裏切りのサーカス』(2012) の Ciaran Hinds (キアラン・ハインズ)、『スパイキッズ』シリーズ、『カリフォルニア・ダウン』(2015) の Carla Gugino (カーラ・グギーノ)。ヒューマントラストシネマ渋谷&シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2019」上映作品。

公開日: 2019年1月11日
監督: Sebastian Gutierrez (セバスチャン・グティエレス)
出演: Abbey Lee (アビー・リー)、Ciaran Hinds (キアラン・ハインズ)、Carla Gugino (カーラ・グギーノ)、Matthew Beard (マシュー・ビアード)
HP: aoyama-theater.jp

12. 『ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス』

©︎Dogwoof

©︎Dogwoof

ファッションデザイナー Vivienne Westwood (ヴィヴィアン・ウエストウッド) の生き様を描いたドキュメンタリー。パンクムーブメント誕生秘話、デザイナーとしての躍進と挫折、無一文からの再出発など、世界的人気ブランドとして成功するまでの波乱万丈な道のりが、秘蔵映像や痛快な名言の数々とともに明かされる。3年間にわたって密着取材を行い、ショーの裏側や新規出店を指揮するプロフェッショナルとしての姿、そして環境保護アクティビストとして精力的に活動する姿を捉えた。さらに、モデルの Kate Moss (ケイト・モス) や Naomi Campbell (ナオミ・キャンベル)、エディターの Carine Roitfeld (カリーヌ・ロワトフェルド) ら、ファッション界を牽引してきた豪華な顔ぶれが次々と登場し、彼女の魅力を語る。

公開日: 2018年12月28日
監督: Lorna Tucker (ローナ・タッカー)
出演: Vivienne Westwood (ヴィヴィアン・ウエストウッド)、Kate Moss (ケイト・モス)、Naomi Campbell (ナオミ・キャンベル)、Carine Roitfeld (カリーヌ・ロワトフェルド)
HP: westwood-movie.jp

13. 『アイ・フィール・プリティ!』

©︎2018 TBV PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

©︎2018 TBV PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

自分に自信がないぽっちゃり女子の主人公が、自信を得たことで輝きを増していく姿を描いたコメディドラマ。『エイミー、エイミー、エイミー!こじらせシングルライフの抜け出し方』(2017) でゴールデングローブ賞最優秀主演女優賞 (コメディ/ミュージカル部門) にノミネートされた人気コメディエンヌの Amy Schumer (エイミー・シューマー) が主演、『25年目のキス』(1999)『そんな彼なら捨てちゃえば?』(2009) などを手がけてきた脚本家コンビの Abby Kohn (アビー・コーン)& Marc Silverstein (マーク・シルバースタイン) が長編初監督を務めた。

公開日: 2018年12月28日
監督: Abby Kohn (アビー・コーン)& Marc Silverstein (マーク・シルバースタイン)
出演: Amy Schumer (エイミー・シューマー)、Michelle Williams (ミシェル・ウィリアムス)、Rory Scovel (ロリー・スコベル)、Emily Ratajkowski (エミリー・ラタコウスキー)
HP: ifeelpretty.jp

14. 『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』

©︎2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会

©︎2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会

筋ジストロフィーにかかりながらも自らの夢や欲に素直に生き、皆に愛され続けた実在の人物・鹿野靖明さんと、彼を支えながらともに生きたボランティアの人々や家族の姿を描いた人間ドラマ。大宅壮一ノンフィクション賞と講談社ノンフィクション賞をダブル受賞した書籍を原作に、「ブタがいた教室」の前田哲監督がメガホンをとり、大泉洋が主演を務めた。医学生・田中を三浦春馬、彼の恋人・美咲を高畑充希がそれぞれ演じる。

公開日: 2018年12月28日
監督: 前田哲
出演: 大泉洋、高畑充希、三浦春馬
HP: bananakayo.jp

15. 『シシリアン・ゴースト・ストーリー』

©︎2017 INDIGO FILM CRISTALDI PICS MACT PRODUCTIONS JPG FILMS VENTURA FILM

©︎2017 INDIGO FILM CRISTALDI PICS MACT PRODUCTIONS JPG FILMS VENTURA FILM

1993年にイタリアのシチリア島で実際に起きた誘拐事件をモチーフに、少年少女の美しくも切ない恋の行方を幻想的につづったラブストーリー。監督・脚本は、デビュー作『狼は暗闇の天使』(2013) が第66回カンヌ国際映画祭批評家週間でグランプリに輝いた Fabio Grassadonia (ファビオ・グラッサドニア)&Antonio Piazza (アントニオ・ピアッツァ)。『グレート・ビューティー 追憶のローマ』(2014) の Luca Bigazzi (ルカ・ビガッツィ) が撮影を担当。

公開日: 2018年12月22日
監督: Fabio Grassadonia (ファビオ・グラッサドニア)、Antonio Piazza (アントニオ・ピアッツァ)
出演: Julia Jedlikowska (ユリア・イェドリコブスカ)、Gaetano Fernandez (ガエターノ・フェルナンデス)
HP: sicilian-movie.com

16. 『家 (うち) へ帰ろう』

©︎2016 HERNANDEZ y FERNANDEZ Producciones cinematograficas S.L., TORNASOL FILMS, S.A RESCATE PRODUCCIONES A.I.E., ZAMPA AUDIOVISUAL, S.L., HADDOCK FILMS, PATAGONIK FILM GROUP S.A.

©︎2016 HERNANDEZ y FERNANDEZ Producciones cinematograficas S.L., TORNASOL FILMS, S.A RESCATE PRODUCCIONES A.I.E., ZAMPA AUDIOVISUAL, S.L., HADDOCK FILMS, PATAGONIK FILM GROUP S.A.

ホロコーストを生き抜いたユダヤ人の老人が、70年の時を経て、友人との約束を果たすためにアルゼンチンから故郷ポーランドへ旅する姿を描いたロードムービー。監督はアルゼンチンの人気脚本家で、監督作はこれが長編2作目となる Pablo Solarz (パブロ・ソラルス)。主演は Carlos Saura (カルロス・サウラ) 監督の『タンゴ』(1998) で知られる Miguel Angel Sora (ミゲル・アンヘル・ソラ)。

公開日: 2018年12月22日
監督: Pablo Solarz (パブロ・ソラルス)
出演: Miguel Angel Sora (ミゲル・アンヘル・ソラ)、Cecillia Narova (セシリア・ナロバ)、Mia Maestro (ミア・マエストロ)
HP: uchi-kaero.ayapro.ne.jp

17. 『アリー スター誕生』

©︎2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

©︎2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

歌の才能を見いだされた主人公がスターダムを駆け上がっていく姿を描き、1937年の『スタア誕生』を皮切りに、これまでも何度か映画化されてきた物語を、新たに Bradley Cooper (ブラッドリー・クーパー) 監督&Lady Gaga (レディー・ガガ) 主演で描く。世界的歌姫のガガが映画初主演でアリー役を熱演。もともとは Clint Eastwood (クリント・イーストウッド) が映画化する予定で進められていた企画で、『アメリカン・スナイパー』(2015) でイーストウッドとタッグを組んだクーパーが初監督作としてメガホンをとり、ジャクソン役でガガとともに主演も果たした。

公開日: 2018年12月21日
監督: Bradley Cooper (ブラッドリー・クーパー)
出演: Lady Gaga (レディー・ガガ)、Bradley Cooper、Andrew Dice Clay (アンドリュー・ダイス・クレイ)
HP: wwws.warnerbros.co.jp

18. 『私は、マリア・カラス』

©︎2017 - Elephant Doc - Petit Dragon - Unbeldi Productions - France 3 Cinema ©︎Fonds de Dotation Maria Callas

©︎2017 – Elephant Doc – Petit Dragon – Unbeldi Productions – France 3 Cinema
©︎Fonds de Dotation Maria Callas

20世紀最高のソプラノと称されたオペラ歌手マリア・カラスの人生をひも解いていくドキュメンタリー。1977年の突然の逝去により未完となってしまった自叙伝、友人や愛する人に宛てたプライベートな手紙など、マリア・カラス本人の「歌」と「言葉」のみでカラスの人生を再構成。自叙伝で語られる言葉や手紙の朗読を「永遠のマリア・カラス」でカラスを演じたファニー・アルダンが担当。半数近くが今回初公開となる素材群、写真をもとにカラー化したモノクロ映像などから、プロフェッショナルとしての信念と、ひとりの女性としての幸せに揺れる歌姫の真実の姿が描かれる。

公開日: 2018年12月21日
監督: Tom Volf (トム・ボルフ)
出演: Maria Callas (マリア・カラス)
HP: gaga.ne.jp

19. 『宵闇真珠』

©︎Pica Pica Media

©︎Pica Pica Media

『欲望の翼』(1990)『恋する惑星』(1995) など Wong Ka wai (ウォン・カーウァイ) 作品のカメラマンとして知られる Christopher Doyle (クリストファー・ドイル) が、Jenny Suen (ジェーン・シュン) と共同監督を務めたドラマ。日光を浴びることができない少女と、どこからともなくやってきた異邦人の男の出会いから始まる物語をつづる。海外作品でも多数活躍するオダギリジョーと若手女優の Angela Yuen (アンジェラ・ユン) が共演。

公開日: 2018年12月15日
監督: Christopher Doyle (クリストファー・ドイル)、Jenny Suen (ジェーン・シュン)
出演: Angela Yuen (アンジェラ・ユン)、オダギリジョー、Michael Ning (マイケル・ニン)、Tony Wu (トニー・ウー)
HP: yoiyami-shinju.com

20. 『マチルダ  禁断の恋』

©︎2017 ROCK FILMS LLC.

©︎2017 ROCK FILMS LLC.

ロシア帝国最後の皇帝ニコライ2世と伝説のバレリーナとの許されぬ恋を描いた恋愛ドラマ。『ブルーム・オブ・イエスタディ』(2017) の Lars Eidinger (ラース・アイディンガー) がニコライ役を『ゆれる人魚』(2018) の Michalina Olszanska (ミハリナ・オルシャンスカ) がマチルダを演じる。

公開日: 2018年12月8日
監督: Aleksey Uchitel (アレクセイ・ウチーチェリ)
出演: Lars Eidinger (ラース・アイディンガー)、Michalina Olszanska (ミハリナ・オルシャンスカ)、Danila Kozlovsky (ダニーラ・コズロフスキー)
HP: www.synca.jp

Related Articles

Connect with The Fashion Post