Watch Cara Delvingne's Music Video Directed By Luc Besson

MOVIES | Jul 30, 2017 9:00 PM
モデルから女優へと転向し、作家にも挑戦している Cara Delevingne (カーラ・デルヴィーニュ) が遂にミュージシャンとしてデビューした。Cara Delevingne は、自身が出演する Luc Besson (リュック・ベッソン) 監督最新作『Valerian and the City of a Thousand Planets (ヴァレリアン・アンド・ザ・シティ・オブ・ア・サウザンド・プラネッツ)』の挿入歌として Pharrell Williams (ファレル・ウィリアムス) がプロデュースした楽曲「I Feel Everything」をリリース。公開されたミュージックビデオは、Luc Besson が手掛けている。

モデルから女優へと転向し、作家にも挑戦するなどマルチに活躍する Cara Delevingne (カーラ・デルヴィーニュ) が遂にミュージシャンとしてデビューした。Cara Delevingne は、自身が出演する Luc Besson (リュック・ベッソン) 監督最新作『Valerian and the City of a Thousand Planets (ヴァレリアン・アンド・ザ・シティ・オブ・ア・サウザンド・プラネッツ)』の挿入歌として Pharrell Williams (ファレル・ウィリアムス) がプロデュースした楽曲「I Feel Everything」をリリース。公開されたミュージックビデオは、Luc Besson が手掛けている。

『Dazed』によると、Cara Delevingne は2014年に Chanel (シャネル) が公開したショートフィルム「Reincarnation」で Pharrell Williams とコラボしてバックミュージックを歌っていたが、今回再び人気音楽プロデューサーとコラボして正式に歌手デビューを果たした。映画のクリップと共に、Cara Delevingne は堂々とジャージーなスロウナンバーを歌い上げ、映像にはCGI技術も駆使されるという気合いの入りようだ。

『Valerian and the City of a Thousand Planets』は、アメリカで7月21日より公開が開始されているが、日本での公開日は未だ明らかになっていない。Alexandre Desplat (アレクサンドル・デスプラ) が手掛けたサウンドトラックには、Bob Marley (ボブ・マーリー) や David Bowie (デヴィッド・ボウイ) の楽曲も使用されている。

Related Articles

Connect with The Fashion Post