Valentino Spring Summer 2019 Collection

COLLECTION | Oct 3, 2018 3:00 PM
2019年春夏パリ コレクションをファッションディレクター萩原輝美がレポート。今回は Valentino (ヴァレンティノ) 2019年春夏コレクション。

Valentino (ヴァレンティノ) は先シーズンに引き続き、アンヴァリッド(軍事博物館)の横にガラス張りのショー会場を設えてコレクションを発表した。ステージには巨大なサボテンが配置され春夏のトロピカルなイメージかと思いきや、コレクションは黒1色のドレスからスタートした。

肩をグッと開けたギャザーたっぷりのドレスは、袖がそのまま背中にかけて大きなパラシュートのようなトレーンとなる。歩くたびにサテンの音がキシっとするほどの量感に羽根のついたペタンコサンダルを合わせている。

ジョーゼットに羽のトリミングをしたIラインドレス、プリーツ加工したように見える針抜きニットドレス、レースのパジャマジャケットにレザーのミニドレスと黒のバリエーションが続く。クリエイティブ・ディレクターの Pierpaolo Piccioli (ピエールパオロ・ピッチョーリ) は「黒はすべての色を混ぜ合わせたエネルギッシュな色」と言う。コレクションは白、ヴァレンティノレッド、バイカラーのプリント、そして何色ものスパンコールやビジューをつけたアイテムへと移ってゆく。

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

1/9

ウエストから扇を広げたように広がるコクーン袖のトップスは畳んだプリーツが開いて美しいシルエットを出している。同じプリーツのトレンチコートは動くたびに軽やかに女性のシルエットを追いかける。白いコットンのシャツドレスに全身エンブロイダリーを施し、部分的にスパンコールをつけたドレスは、スニーカとも合わせて着たい1点だ。

風をはらみ、揺れて、フェミニンな服なのに媚びることのない、自由な女性が似合う服だ。

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

1/77

HP:www.valentino.com

Related Articles

Connect with The Fashion Post