Phoebe Philo To Leave Céline

NEWS & EVENT | Dec 25, 2017 12:00 PM
Phoebe Philo (フィービー・ファイロ) が Céline (セリーヌ) を去ることが明らかになった。

Phoebe Philo (フィービー・ファイロ) が Céline (セリーヌ) を去ることが明らかになった。

『WWD』によると、Phoebe Philo が Céline のクリエイティブディレクターを退任することが発表された。同氏は、LVMH 内でも非常に高い人気を誇るブランドの舵を10年間とり続けてきた。3月に発表される2018年秋冬コレクションが同氏にとって最後のコレクションとなる。後任は未だ明らかにされておらず、今後はデザインチームが同職を担っていく予定だ。

ロンドン出身の英国人デザイナーである Phoebe Philo は、Central Saint Martins (セントラル・セントマーチンズ) 卒業後、1997年より Karl Lagerfeld (カール・ラガーフェルド) 率いる Chloé (クロエ) で経験を積んできた。2008年より Céline に参画し、ミニマルでマスキュリンなデザインが高い支持を獲得。売り上げへの貢献は勿論、数々のアイコンアイテムを生み出してきた。

Phoebe Philo の今後については未だ明らかにされていないが、他ブランドへの移籍はせず、しばらく業界から離れ、休暇を取るとみられている。一部では Christopher Bailey (クリストファー・ベイリー) が退任を発表した Burberry (バーバリー) への移籍が噂されていたが、真偽のほどは定かではない。

Related Articles

Connect with The Fashion Post