"MAYBE A PAINTER OR A MUSICIAN." LAD MUSICIAN's SS 2018 Collection

NEWS & EVENT | Dec 27, 2017 3:00 PM
「MAYBE A PAINTER OR A MUSICIAN.」をテーマに掲げた LAD MUSICIAN (ラッド ミュージシャン) 2018年春夏コレクションのルックブックが到着した。

「MAYBE A PAINTER OR A MUSICIAN.」をテーマに掲げた LAD MUSICIAN (ラッド ミュージシャン) 2018年春夏コレクションのルックヴィジュアルが到着した。

フランスの哲学者、批評家である Roland Barthes (ロラン・バルト) の『美術論集』や日本の美術史・美術批評分野の権威である林道郎の『絵画は二度死ぬ、あるいは死なない』に、はたまたスウェーデンのテープ音楽家 Mattias Gustafsson (マティアス・グスタフソン) による Altar Of Flies (アルター・オブ・フライズ) 名義の音源にインスピレーションを得た本コレクション。19世紀の絵画をモチーフにした薔薇柄やキリスト教の手向け花を彷彿とさせる百合柄、フリーハンドで描かれたグラフィック、ノイジーなワード・タグのコラージュなどを展開しながらも、全体的にはワイドなシルエットの多く、ラフな雰囲気で仕上げられている。

LAD MUSICIAN 2018年春夏コレクション イメージヴィジュアル

LAD MUSICIAN 2018年春夏コレクション イメージヴィジュアル

LAD MUSICIAN 2018年春夏コレクション イメージヴィジュアル

LAD MUSICIAN 2018年春夏コレクション イメージヴィジュアル

LAD MUSICIAN 2018年春夏コレクション イメージヴィジュアル

LAD MUSICIAN 2018年春夏コレクション イメージヴィジュアル

LAD MUSICIAN 2018年春夏コレクション イメージヴィジュアル

LAD MUSICIAN 2018年春夏コレクション イメージヴィジュアル

LAD MUSICIAN 2018年春夏コレクション イメージヴィジュアル

LAD MUSICIAN 2018年春夏コレクション イメージヴィジュアル

1/10

ネック周りを広げ、はだけた着崩しスタイルのアイテムや着物のシルエットで軽やかさを表現したテーラードアイテムなどがお目見え。腰はストレート、膝はワイド、膝下から裾にかけて2段の切り替えによって微妙なシルエットを表現したワイドパンツやボンデージディテールのラップスカート風パンツにも注目していただきたい。ヒールブーツやロングノーズシューズもトゥスプリングを上げたスポンジ構造のソールで軽やかに、スリッポンはインソールを柔らかく仕上げより快適に仕上げるなど、細部まで抜かりない。

あくまでもさりげなく、しかし自身のスタイルをきちんと確立している画家やミュージシャンのように。本質を押さえながらも独創的な世界観を表現したコレクション、あなたはどう着こなす?

1/42

問い合わせ先/03-6457-7957
HP: www.ladmusician.com

Related Articles

Connect with The Fashion Post