John Lawrence Sullivan Shows AW 2018 Collection In London

NEWS & EVENT | Jan 9, 2018 5:00 PM
柳川荒士による日本のファッションブランド John Lawrence Sullivan (ジョン ローレンス サリバン) が、1月6日から開幕されたロンドン ファッションウィーク メンズのトップバッターとして2018年秋冬コレクションを発表した。

柳川荒士による日本のファッションブランド John Lawrence Sullivan (ジョン ローレンス サリバン) が、1月6日から開幕されたロンドン ファッションウィーク メンズのトップバッターとして2018年秋冬コレクションを発表した。

昨年、新シリーズが公開され大きな話題を集めた David Lynch (デヴィッド・リンチ) 監督による『ツイン・ピークス』や Martin Scorsese (マーティン・スコセッシ) 監督の1976年の大ヒット作『タクシードライバー』、1994年公開され、社会問題にまで発展したバイオレンス映画『ナチュラル・ボーン・キラーズ』など、数々の名作で描かれ、人々に衝撃を与えてきた「PSYCHOPATH (サイコパス)」や「PSYCHO KILLER (サイコキラー)」。

そんな二面性を持ったキャラクター像からインスパイアされた本コレクションでは、ブランドが得意とするテーラリングにカウボーイのエッセンスを融合。ウエスタン調のシャツやジャケットからアクセサリーまでが登場し、特にヴィブラムソールを用いたカウボーイブーツが注目を集めた。奇妙な形のグローブであったり、サイコパスを彷彿とさせるサングラス3型など、一癖も二癖もあるアイテムたちが独特の世界観を構築している。勿論、ブランドのDNAであるボクシングの要素も顕在しており、挑発的なコレクションに仕上げられている。

HP: www.john-lawrence-sullivan.com

1/29
Related Articles

Connect with The Fashion Post