Raf Simons × Christiane F. Collection Is Coming

NEWS & EVENT | Sep 6, 2018 5:00 PM
Raf Simons (ラフ シモンズ) が Ulrich Edel (ウーリ・エーデル) 監督の1981年のカルト作『クリスチーネ・F』とのコラボコレクションを発表した。

Raf Simons (ラフ シモンズ) が Ulrich Edel (ウーリ・エーデル) 監督の1981年のカルト作『クリスチーネ・F』とのコラボコレクションを発表した。

実在した人物、クリスチーネ・Fの実録手記『かなしみのクリスチアーネ』を原作に西ドイツで製作された本作は、薬物や買春などが蔓延する社会の中で10代の少女を主人公にした問題作だ。Raf Simons は長いこと本作から強い影響を受け続けてきたという。ヨーロッパの高校では本作の鑑賞が麻薬の凄惨さを学ぶためにカリキュラムに導入されているという背景もあり、Raf Simons は「Youth in Motion」と題した本コレクションを通して、薬物文化を決して賞賛するわけではなく、現代社会における麻薬の永続的で普遍的な存在を考慮した上で、その関係性における葛藤状態に陥る矛盾を提起しているのだ。また、本コレクションの売り上げの一部は、薬物中毒からの回復を支援する組織に寄付される。

本コレクションは世界限定店舗で販売され、日本では Dover Street Market Ginza (ドーバー ストリート マーケット ギンザ)、Midwest (ミッドウエスト)、Revolution (レヴォリューション) にて展開される。

©︎Raf Simons

©︎Raf Simons

©︎Raf Simons

©︎Raf Simons

©︎Raf Simons

1/5

HP:rafsimons.com

Related Articles

Connect with The Fashion Post