Emanuele Farneti Named New Editor-in-chief Of Vogue Italia

NEWS & EVENT | Feb 10, 2017 5:00 PM
昨年12月に急逝した Franca Sozzani (フランカ・ソッツァーニ) の後任として Emanuele Farneti (エマニュエル・ファルネーティ) がイタリア版『Vogue (ヴォーグ)』の編集長に任命されたことが明らかになった。

昨年12月に急逝した Franca Sozzani (フランカ・ソッツァーニ) の後任として Emanuele Farneti (エマニュエル・ファルネーティ) がイタリア版『Vogue (ヴォーグ)』の編集長に任命されたことが明らかになった。

『WWD』によると、イタリア版『GQ』の編集長である Emanuele Farneti がイタリア版『Vogue』とメンズファッション誌『L’Uomo Vogue (ルオモ・ヴォーグ)』の編集長に就任することが Condé Nast International (コンデナスト・インターナショナル) のCEOである Jonathan Newhouse (ジョナサン・ニューハウス) によって発表された。今年43歳を迎える Emanuele Farneti は、1999年に Condé Nast に参画し、イタリア版『GQ』のローンチを手掛けたチームのひとり。その後、スポーツ誌の『La Gazzetta dello Sport (ガゼッタ・デロ・スポルト)』や男性健康誌『Men’s Health (メンズ・ヘルス)』、ファッションアート誌『Flair (フレア)』、メンズファッション誌『Icon (アイコン)』などでキャリアを築いた後、2014年よりインテリア誌『AD』の編集長に就任。2015年12月からは、イタリア版『GQ』の編集長として活躍してきた。

これまで、30年近くにわたり伝説的な女性編集長 Franca Sozzani の指揮のもと、常に時代の最先端を切り取ってきたイタリア版『Vogue』。新たに男性編集長のもとでどのように生まれ変わるのか、非常に高い注目を集めている。

 

Related Articles

Connect with The Fashion Post