DiorIcon bagswithHana Matsushima

TRENDS Sep 26, 2017 9:00 PM

松島花が出会う Dior (ディオール) のニュー・アイコンバッグ

Dior (ディオール) のアーティスティック ディレクター、Maria Grazia Chiuri (マリア・グラツィア・キウリ) は、2017-2018秋冬コレクションをブルーという色で彩った。「あらゆるカラーの中で、唯一ネイビーブルーがブラックにひけをとらず、同様の素晴らしい効果をもたらすことができます」。そう語った創始者 Christian Dior (クリスチャン・ディオール) の哲学とメゾンの伝統、そして現代の女性たちへ強いメッセージを織り交ぜて、新たな女性像をランウェイに託したのだ。そのモダンなテーマは、プレタポルテのみならずバッグにも息づいている。今回、Dior が放つ最新のバッグを、1か月に渡りクローズアップ。深いブルーが印象的な4つのアイコニックなデザインを、モデルとして様々な顔をもつ松島花が披露する。

<The Look includes>バッグ (DIORADDICT) *ショルダーストラップ付き ¥490,000、ジャンプスーツ ¥330,000、Tシャツ ¥79,000、ベレー帽 ¥92,000、チョーカー ¥69,000、リング ¥38,000、全て Dior (ディオール)

<The Look includes>バッグ (DIORADDICT) *ショルダーストラップ付き ¥490,000、ジャンプスーツ ¥330,000、Tシャツ ¥79,000、ベレー帽 ¥92,000、チョーカー ¥69,000、リング ¥38,000、全て Dior (ディオール)

<The Look includes>バッグ (DIORADDICT) *ショルダーストラップ付き ¥490,000、ジャンプスーツ ¥330,000、Tシャツ ¥79,000、ベレー帽 ¥92,000、チョーカー ¥69,000、リング ¥38,000、全て Dior (ディオール)

ネイビーブルーに浮かび上がる鮮烈なロゴマーク

第2週は「DIORADDICT (ディオール アディクト)」の最新モデルをフィーチャー。2017年プレフォールシーズンにお目見えし、瞬く間に話題を集めたこの新たなアイコンバッグも、秋冬コレクションと呼応するネイビーブルーを纏って登場。ポイントは、エイジング加工を施したゴールドのメタルパーツ。抜群の存在感を放つ D.I.O.R のロゴモチーフは、伝統のカナージュモチーフやレディライクなバッグの造形にモダンなインパクトを与え、ヴィンテージのスーツケースに着想を得たという留め具は、冒険心に満ちた女性のイメージをかき立てる。そして、個性的なストラップ。Maria Grazia Chiuri が手掛けるバッグの多くはストラップが取り外し可能で、デザインが異なる別売のストラップに付け替えて楽しむことができる。ひとつのバッグが幾通りものスタイルを叶え、おしゃれを楽しむマインドはより自由に広がっていく。

Connect with The Fashion Post