DiorIcon bagswithYuka Mannami

TRENDS Oct 24, 2017 9:00 PM

萬波ユカが出会う Dior (ディオール) のニュー・アイコンバッグ

かつて Christian Dior (クリスチャン・ディオール) は、「あらゆるカラーの中で、唯一ネイビーブルーがブラックにひけをとらず、同様の素晴らしい効果をもたらすことができます」という言葉を残した。アーティスティック ディレクター Maria Grazia Chiuri (マリア・グラツィア・キウリ) は、そのブルーという色を2017-2018年秋冬シーズンのテーマカラーに掲げ、新世代のディオール ウーマンの姿にスポットを当てた。ネイビーブルーにインディゴブルー、黒のようにも見える深いブルー……。さまざまなトーンのブルーによって、バッグもまたフレッシュなイメージに生まれ変わる。最新のバッグコレクションをフィーチャーする第2弾は、モデルの萬波ユカが登場。ワールドワイドな活躍で注目を集める彼女と、4つのアイコンバッグが共演する。

<The Look includes>バッグ (J'ADIOR) ¥340,000、ジャケット ¥450,000、チョーカー ¥69,000、全て Dior (ディオール)

<The Look includes>バッグ (J'ADIOR) ¥340,000、ジャケット ¥450,000、パンツ ¥250,000、全て Dior (ディオール)

<The Look includes>バッグ (J'ADIOR) ¥340,000、ジャケット ¥450,000、パンツ ¥250,000、シューズ ¥140,000、チョーカー ¥69,000、全て Dior (ディオール)

揺るぎないステートメントをその手に

第2週にフィーチャーするのは、Maria Grazia Chiuri (マリア・グラツィア・キウリ) が Dior のアーティスティック ディレクターとしてデビューした2017年の春夏シーズンに登場した「J’ADIOR (ジャディオール)」。エイジドゴールドメタルのロゴが大胆に主張するこのフラップバッグは、今やメゾンにとってのステートメントアイテムともいえる存在だ。「J’ADIOR」とは、深い愛を示す「J’ADORE」と「DIOR」を掛け合わせた独特の造語。大いなる喜びを意味するこのメッセージと、ハンドループに手を通して携えるスタイルが、メゾンの新たなコードを体現する。スムースカーフスキンの質感もあいまって、コンテンポラリーなムードがひとしお。ゴールドメタルチェーンも、フレッシュなイメージで目に映る。

Connect with The Fashion Post