Declare Independence With Jefferson Hack And Dazed Media

PORTRAITS | Mar 31, 2017 7:30 PM
世界を代表するファッション・カルチャー系メディアグループでありながら、インディペンデントな姿勢を貫く「Dazed Media」。時代を反映するだけでなく、時代にも大きな影響を与えるこのメディアグループの共同創設者で、エディトリアルディレクターも務める Jefferson Hack (ジェファーソン・ハック) は、90年代からイギリスのみならず世界のファッション・カルチャーシーンにおいて第一線で活躍し続けている。

*You’ll find the English text after the Japanese.

Photo by UTSUMI

Photo by UTSUMI

世界を代表するファッション・カルチャー系メディアグループでありながら、インディペンデントな姿勢を貫く「Dazed Media」。時代を反映するだけでなく、時代にも大きな影響を与えるこのメディアグループの共同創設者で、エディトリアルディレクターも務める Jefferson Hack (ジェファーソン・ハック) は、90年代からイギリスのみならず世界のファッション・カルチャーシーンにおいて第一線で活躍し続けている。彼のキャリアがスタートしたのは、ちょうどブリットアートやブリットポップの波が押し寄せ始めていた1991年。当時在学していた London College of Printing (ロンドン・カレッジ・オブ・プリンティング) の食堂で Rankin Waddell (ランキン・ワッデル) と出会い、ともに『Dazed』の前身である『Dazed & Confused』を立ち上げたのが始まりだ (『Love』の編集長を務める Katie Grand (ケイティ・グランド) も初期メンバーのひとり)。

同時期にカルト的な人気を博していた『i-D』や『The Face』、そしてメインストリームのスタイル誌とは異なるアウトサイダー的な視点でアート、ファッション、音楽、ユースカルチャーを取り上げ続け、現在でも「ニッチかつインディペンデント」な姿勢で Dazed Media をまとめ上げるJefferson。『Dazed』『Dazed Digital』『AnOther』『AnOther Man』『Nowness』といった影響力のある紙・ウェブ媒体を手がけながら、ファッション・ラグジュアリー・ライフスタイルのコミュニケーションに特化したクリエイティブスタジオ「Dazed Media Studio」も運営し、Alexander McQueen (アレキサンダー・マックイーン)、Apple (アップル)、Burberry (バーバリー)、Chanel (シャネル)、Converse (コンバース)、Gucci (グッチ)、LVMH、Mercedes-Benz (メルセデス・ベンツ)、Nike (ナイキ) などといった数々の世界的な有力ブランドをクライアントに抱えている。

Nowness

また、注目したいのは『Dazed』の表紙に書かれている「Declare Independence (独立を宣言しよう)」というフレーズだ。デジタルの台頭で紙媒体の影響力・売上が世界的に下がり、苦戦を強いられるメディアカンパニーが多いなか、よそからの資本に頼らず独立性を保ち、デジタルメディアをうまく利用してその勢いは増すばかり。『Dazed Digital』によると、2017年3月の時点で、世界中にいる5千万人を超えるインフルエンサーやアーリーアダプターとの強いつながりがあるという。ちなみに、長年のライバルである『i-D』は、世界的なメディア王であるRupert Murdoch (ルパート・マードック) の資本が入った『Vice (ヴァイス)』によって2012年に買収されている。

そして2016年、『Dazed & Confused』の25周年を記念し、Jefferson Hackはこれまでの集大成とも言える書籍『We Can’t Do This Alone』を大手美術出版社 Rizzoli (リッゾーリ) から発売した。日本でのローンチのために来日した彼に少しだけ時間をもらい、話を聞いてみた。

Independence is key. Fuck the establishment. Always remain on the outside.

© Dazed Digital

1993, DEATH OF THE COVER STAR © Dazed Digital

1994, RICHARD ASHCROFT © Dazed Digital

1998, FASHION-ABLE © Dazed Digital

JUNE 1999, MILLA JOVOVICH (NOT JOVOVITCH) © Dazed Digital

MARCH 2000, FEEL IT © Dazed Digital

Issue #1 © Dazed Digital

Issue #4 © Dazed Digital

Issue #7 © Dazed Digital

Issue #19 © Dazed Digital

Issue #20 © Dazed Digital

Issue #27 © Dazed Digital

1/12

—今回の書籍『We Can’t Do This Alone』の企画はどのように始まったのですか?

エディターの John-Paul Pryor (ジョン=ポール・プライヤー) から20時間ぐらい質問攻めにあって、その会話をすべて録音したのですが、それが今回の書籍のベースになっています。

—『Dazed』の創刊当初から貫いている理念を教えてください。

「インディペンデンス (独立)」がキーワードです。エスタブリッシュメントをいかに壊すか。つねにアウトサイダーでいるようにしています。

We Can’t Do This Alone published by Rizzoli

We Can’t Do This Alone published by Rizzoli

—急速にデジタル化が進む一方で、既存のメディアとデジタルメディアの共存が大きなキーワードとなっていますが、雑誌にしか伝承できない “価値” とは何だと思われますか?

雑誌の価値ですか・・・匂いを味わえて、夢を描けて、アーカイブとして保存もできる。それが雑誌の価値ですね。デジタルは記憶のように忘れ去られてしまいますが、紙媒体は私たちの想像力が結集した図書館のようなものです。デジタルは、私たちの夢を映し出しているに過ぎません。

—ファッションのデジタルメディアには、今後何が求められると思いますか?

新しいフォーマットや、より優れたジャーナリズムと映像、差別化のポイント、主張などです。フレーバーをいかに具体的な形に落とし込むか。いまのファッション系デジタルメディアにはあまりフレーバーがなくて、深みがないというか、おもしろみがないですね。

—これまで数々のプロジェクトを手がけてきたと思いますが、インディペンデントなメディアならではの強みというか、大手出版社ではおそらくできなかったであろう案件はありますか?

『AnOther Magazine』の “動く表紙” ですね。表紙にフルスクリーンの液晶ディスプレイを使った世界初の雑誌です。これまでにない、すごい表紙になったと思います。

—いま最も注目しているファッションデザイナー、アーティスト、ミュージシャンを教えてください。

Adam Curtis (アダム・カーティス) と Serpentwithfeet (サーペント・ウィズ・フィート) です。

—最後に、Dazed Media の今後の目標について知りたいです。

既存の体制を打ち破っていきたいですね。

<プロフィール>
Jefferson Hack (ジェファーソン・ハック)
世界的なファッション・カルチャー系メディアグループ「Dazed Media」の共同設立者兼エディトリアルディレクター。London College of Printing 在学時の1991年に、Rankin とともに『Dazed』の前身である『Dazed & Confused』を立ち上げる。現在でも「ニッチかつインディペンデント」な姿勢を貫き、『Dazed』『Dazed Digital』『AnOther』『AnOther Man』『Nowness』といった影響力のある紙・ウェブ媒体を手がけながら、ファッション・ラグジュアリー・ライフスタイルのコミュニケーションに特化したクリエイティブスタジオ「Dazed Media Studio」も運営。クライアントには Alexander McQueen、Apple、Burberry、Chanel、Converse、Gucci、LVMH、Mercedes-Benz、Nike (ナイキ) などといった数々の世界的な有力ブランドを抱えている。

 

Dazed Media is the world’s leading independent fashion and culture media brand. It doesn’t just reflect the zeitgeist of the day – it also helps shapes it. Jefferson Hack is Dazed’s co-founder and plays a crucial role as its editorial director. Since the 1990s, he’s been at the forefront of major fashion and culture scenes both in the UK and worldwide. His career kicked off in 1991, when the Britart and Britpop wave was beginning to blow up. That year, Jefferson met Rankin Waddell in the London College of Printing canteen, and together, they launched their magazine, Dazed & Confused (Katie Grand, editor-in-chief of Love magazine, was also one of the original members of the Dazed team).

Jefferson and Rankin pitched Dazed & Confused as a cultural alternative to mainstream publications and some of the other cult style magazines (such as i-D and The Face), taking a totally different look at art, fashion, music, and youth culture. Dazed Media has maintained its signature niche and independent spirit across its different platforms, which include Dazed, Dazed Digital, AnOther, AnOther Man, and Nowness. The media group also runs a creative studio called Dazed Media Studio, which specializes in fashion, luxury, and lifestyle communications. Their client list includes Alexander McQueen, Apple, Burberry, Chanel, Converse, Gucci, LVMH, Mercedes-Benz, and Nike.

It’s also worth paying attention to Dazed’s creative manifesto on its front cover: “Declare Independence.” With the rapid rise of digital media, the influence and sales of print media are currently on the decline worldwide, affecting a number of media companies. However, Dazed Media has maintained its independence, staying away from investors, and still continues to thrive. According to Dazed Digital, as of March 2017, they connect with “a loyal group of 50m+ influencers and early adopters around the world.” On the other hand, i-D, another influential British style magazine, was purchased by Vice Media in 2012, which had a cash injection from Rupert Murdoch’s empire soon after.

In 2016, coinciding with the 25th anniversary of Dazed & Confused, Jefferson published a book, We Can’t Do This Alone, with Rizzoli International. He came over to Japan for the launch, and we managed to catch him for a quick conversation.

—Tell us something about the process of making We Can’t Do This Alone. How did it all begin?

It started with conversations. My editor John Paul Pryor grilled me. We did 20 hours of recorded conversation where he basically got me to reveal the essence of the book!

—Can you sum up the Dazed spirit that you’ve had from day one?

Independence is key. Fuck the establishment. Always remain on the outside.

—Digital media is increasingly on the rise, and the coexistence of print magazines and online media seems important. In your opinion, what’s the value in print publication?

You can smell it. You can dream it. You can archive it. It’s what remains. Digital is erased. It’s like memories. Print is the library of our imaginations, and digital is only the echo of our dreams.

—What will be required for digital fashion media from now on?

New formats. Better journalism. Better video. Points of difference. Something to say. Flavour + Shape. If there’s no flavour, it becomes very flat and very bland.

—Dazed Media has pulled off so many projects as an independent media company. What’s the most memorable project that no one else could have done?

The moving cover of Another Magazine – the first full-screen LCD cover of a magazine! Major.

—Are there any specific designers, artists, or musicians that you’re really into right now?

Adam Curtis and Serpent With Feet.

—What is the goal of Dazed Media?

To smash the system.

<Profile>
Jefferson Hack is a co-founder and editorial director of Dazed Media, a leading independent fashion and culture media brand. In 1991, he launched Dazed & Confused with Rankin, whom he met at the London College of Printing. The media group currently runs Dazed, Dazed Digital, AnOther, AnOther Man, and Nowness. It also operates a creative studio called Dazed Media Studio, which specializes in fashion, luxury, and lifestyle communications. Their client list includes Alexander McQueen, Apple, Burberry, Chanel, Converse, Gucci, LVMH, Mercedes-Benz, and Nike.

Related Articles

Connect with The Fashion Post