Interview with Art Director Gianni Oprandi

PORTRAITS | May 30, 2017 10:04 PM
フランスを代表するインディペンデント・ファッション誌『Purple Fashion Magazine (パープルファッション・マガジン)』で長年アートディレクターを務める Gianni Oprandi (ジャンニ・オプランディ) に独占インタビューを敢行!

*You’ll find the English text after the Japanese.

Gianni Oprandi

Gianni Oprandi

フランスを代表するインディペンデント・ファッション誌『Purple Fashion Magazine (パープルファッション・マガジン)』。1992年に Olivier Zahm (オリヴィエ・ザーム) とElein Fleiss (エレン・フライス) によって創刊された『Purple (パープル)』にはじまり、ファッションとアートを融合させた自由かつ刺激的な誌面で急成長を遂げ、2004年から現在の形で発行されている。Mark Borthwick (マーク・ボスウィック)、Inez van Lamsweerde (イネス・ヴァン・ラ ムズウィールド) & Vinoodh Matadin (ヴィノード・マタディン)、Terry Richardson (テリー・リチャードソン)、Juergen Teller (ユルゲン・テラー)、Wolfgang Tillmans (ヴォルフガング・ティルマンス) などといった名だたるフォトグラファーも常連として参加している。今回、『Purple Fashion Magazine』で長年アートディレクターを務める Gianni Oprandi (ジャンニ・オプランディ) に話をうかがう機会が持てたので、Olivier との出会いから仕事の話までいろいろと聞いてみた。

—生まれはイタリアということですが、どのような幼少期・学生時代だったでしょうか?

僕の家族や友人に聞いた方が早いかもしれませんが、空想にふけるのが好きで好奇心旺盛な子どもだったと思います。ナンテールという、パリ郊外にある共産主義色が強い、無産階級が多く住む都市(しかもウラジーミル・イリイチ・レーニン通り!)と、カトリック系の家族が住む北イタリアのベルガモ近郊を行ったり来たりしていました。ベネチアに住む母親側の家族との記憶も鮮明に覚えています。当時、遊園地向けにアニマトロニクスのゾンビや水圧式の怪物などを作る家業をしていて、よく部品などで遊んでいました。

—グラフィックデザインに興味を持ちはじめたキッカケは何でしょうか?

パリのソルボンヌ大学でファインアートの勉強をしていたのですが、記号論や言語、タイポグラフィに興味があったので、アプライド・アート(応用芸術)の学校に行くことにしたんです。そこでグラフックデザインや写真の勉強をしたのが始まりです。

EXPERIMENTAL DRAWING

EXPERIMENTAL DRAWING

EXPERIMENTAL DRAWING

EXPERIMENTAL DRAWING

EXPERIMENTAL DRAWING

EXPERIMENTAL DRAWING

EXPERIMENTAL DRAWING

EXPERIMENTAL DRAWING

EXPERIMENTAL DRAWING

EXPERIMENTAL DRAWING

EXPERIMENTAL DRAWING

EXPERIMENTAL DRAWING

EXPERIMENTAL DRAWING

EXPERIMENTAL DRAWING

EXPERIMENTAL DRAWING

EXPERIMENTAL DRAWING

EXPERIMENTAL DRAWING

EXPERIMENTAL DRAWING

EXPERIMENTAL DRAWING

EXPERIMENTAL DRAWING

EXPERIMENTAL DRAWING

EXPERIMENTAL DRAWING

EXPERIMENTAL DRAWING

EXPERIMENTAL DRAWING

EXPERIMENTAL DRAWING

EXPERIMENTAL DRAWING

EXPERIMENTAL DRAWING

EXPERIMENTAL DRAWING

EXPERIMENTAL DRAWING

EXPERIMENTAL DRAWING

EXPERIMENTAL DRAWING

1/31

—どのようにキャリアをスタートさせたのでしょうか?

働き始めたときからずっとフリーランスのデザイナーです。フォトグラファーやキューレーター、アーティスト、グラフィックデザイナーのアシスタントも務めました。さまざまなプロジェクトや人との出会いによって成長できたのだと思います。Christophe Jacquet (クリストフ・ジャケー)、Phil Bicker (フィル・ビッカー)、Placid (プラシッド)、Pierre di Sciullo (ピエール・ディ・シウロ)、Sophie Calle (ソフィ・カル)、Christophe Brunnquell (クリストフ・ ブランケル)、John Giorno (ジョン・ギオーノ)、Oliver Zahm (オリヴィエ・ザーム)、Dash Snow (ダッシュ・スノウ)、鈴木親、後藤繁雄、Alain Badiou (アラン・バディウ) との出会いが大きいですね。

『Chanel Mobile Art』

『Chanel Mobile Art』

『Chanel Mobile Art』

『Chanel Mobile Art』

『Chanel Mobile Art』

『Chanel Mobile Art』

『Chanel Mobile Art』

『Chanel Mobile Art』

『Chanel Mobile Art』

1/9

—『Purple Fashion Magazine』のアートディレクターになった経緯を含め、現在のキャリアに至るまでの経緯を教えてください。

Olivierと出会ったのは、彼が『Purple Fashion Magazine』のグラフィックデザインに関して、Christophe Brunnquellや、M/M Paris (エムエムパリ) のMichael Amzalag (ミカエル・アムザラグ) と Mathias Augustyniak (マティアス・オグスティニアック) のサポートができるデザイナーを探していたときでした。そこからアートディレクションの議論が卓球のように始まり、おもしろくもあり複雑なやり取りが数号続きました。やがて僕ひとりでアートディレクションを担当するようになり、同じようなやり取りをOlivierと続けています。

『Purple Fashion Magazine』

『Purple Fashion Magazine』

『Purple Fashion Magazine』

『Purple Fashion Magazine』

『Purple Fashion Magazine』

『Purple Fashion Magazine』

『Purple Fashion Magazine』

『Purple Fashion Magazine』

『Purple Fashion Magazine』

『Purple Fashion Magazine』

『Purple Fashion Magazine』

『Purple Fashion Magazine』

『Purple Fashion Magazine』

『Purple Fashion Magazine』

『Purple Fashion Magazine』

『Purple Fashion Magazine』

『Purple Fashion Magazine』

『Purple Fashion Magazine』

『Purple Fashion Magazine』

『Purple Fashion Magazine』

『Purple Fashion Magazine』

『Purple Fashion Magazine』

『Purple Fashion Magazine』

『Purple Fashion Magazine』

『Purple Fashion Magazine』

『Purple Fashion Magazine』

『Purple Fashion Magazine』

『Purple Fashion Magazine』

『Purple Fashion Magazine』

『Purple Fashion Magazine』

『Purple Fashion Magazine』

『Purple Fashion Magazine』

『Purple Fashion Magazine』

『Purple Fashion Magazine』

『Purple Fashion Magazine』

『Purple Fashion Magazine』

『Purple Fashion Magazine』

『Purple Fashion Magazine』

『Purple Fashion Magazine』

『Purple Fashion Magazine』

『Purple Fashion Magazine』

1/41

—現在『Purple Fashion Magazine』以外にどのようなお仕事をしていますか?

フリーランスのグラフィックデザイナーとして働き始めてからもう20年目に突入しました。これまでにタイポグラフィ、写真、コミュニケーション、エディトリアル、パッケージ、ビデオ、ウェブなど、いろいろな分野の案件を手がけています。大企業向けのマルチメディア・コミュニケーションの仕事から、オルタナティブなアートジンまで、本当にさまざまです。Chanel (シャネル) のモバイルアート展のカタログもデザインしましたし、鈴木親・後藤繁雄らと一緒に『安藤サクラ写真集 SAKURA!』の制作にも取り組みました。あと、2004年からパリにある応用芸術の学校でエクスペリメンタル・ ドローイングを教えています。

—デジタルメディア関連の仕事はどうでしょうか?

いまの時代、ほぼすべての案件にデジタルの要素が求められます。ビデオや、スーパー8とデジタルのミクシング、ウェブサイト用の動的なフォントなどを作ります。自分のウェブサイトを手直しする時間も見つけたいところです。

『SAKURA』

『SAKURA』

『SAKURA』

Louis Vuitton Tシャツ

Louis Vuitton Tシャツ

『Purple Travel』

『Purple Travel』

『Purple Travel』

『Katja Rahlwes Book』

『Katja Rahlwes Book』

1/10

—アートディレクター・グラフィックデザイナーとして成功するためには、なにが必要でしょうか?

0から100まで関わることです。自分のビジョンを信じて、守り抜くこと。美的価値よりも意味や機能を重視することですね。

—ビジュアルでブランドを表現する際に、大切にしていることはありますか?

まずブランドの歴史を学び、シーズンのテーマやムードを考慮します。いろいろと問いかけをして、答えようとするのではなく、その問いかけをビジュアル・グラフィックで表現しようと心がけています。

—TOGAのキャンペーンビジュアルのグラフィックを担当されていますが、どのような経緯でコラボレーションが始まったのでしょうか?

鈴木親から連絡が来て、TOGAのキャンペーンの依頼を受けたのが始まりです。彼とは昔からコラボレーションをしていて、付き合いも長いので、あまり言葉を交わさなくてもお互いを理解できます。彼の作品からはすごくインスピレーションを感じます。典型的な広告写真とはかけ離れた、主観的でパーソナルかつ繊細な写真を彼は撮ります。TOGAというブランドの価値観にも合っていますし、力強い表現方法を模索できると思います。 今回の2017年春夏キャンペーンに関して言うと、グラフィック表現の面で試みたのは、デザイナーの古田泰子が表現する影響やレファレンスを「記号的なコラージュ」で表すことです。今回は特に、「残忍さとエレガンス」「現実と架空の世界」「偽りと啓示」「ありのままのしぐさと洗練された構図」など、対立的な要素に注目しました。五木田智央のスタジオや作品も、装飾的な背景としてだけではなく、全面に押し出して、洋服やモデルの顔・身体とも相互に影響を与え合うようにと考えました。

TOGA (トーガ) 2016-17年秋冬キャンペーンヴィジュアル

TOGA VIRILIS (トーガ ヴィリリース) 2017年春夏キャンペーンヴィジュアル

TOGA 2017年春夏キャンペーンヴィジュアル

TOGA 2017年春夏キャンペーンヴィジュアル

TOGA 2017年春夏キャンペーンヴィジュアル

1/5

—最後の質問です。プライベートではどのようなことをしていますか?

プライベートと仕事の区別はしていません。できるだけ妻と娘と旅行をするようにしていますが、「オフ」の状態というのはありませんね。映画・音楽・文学・建築などからインスピレーションを受けられるよう、つねにアンテナを広げています。

<プロフィール>
Gianni Oprandi (ジャンニ・オプランディ)
フランス・パリに拠点を置くイタリア人グラフィックデザイナー。1997年に自身のデザインスタジオを立ち上げ、ビジュアルアイデンティティ、エディトリアルデザイン、展覧会のインスタレーション、ウェブデザイン、タイポグラフィー、写真など、さまざまな分野の仕事に取り組んでいる。また、Olivier Zahm (オリヴィエ・ザーム) とともに Purple Institute (パープル・インスティテュート) 関連のプロジェクトも数多く手がけ、『Purple Fashion Magazine (パープル・ファッション・マガジン)』のアートディレクションも10年間にわたり担当し続けている。2004年より、パリのInstitut Supérieur d’Arts Appliquésにてエクスペリメンタル・ ドローイングも教えている。

Gianni Oprandi

Gianni Oprandi

—What were you like during your childhood and school years?

I don’t know what to say, you should ask my family and friends. I think I was a dreamy and inquiring child… I can only tell few words of where I come from. I was raised between proletarian red suburbs of Paris, in the communist city of Nanterre, on Vladimir Ilitch Lenin Avenue, and a catholic family near Bergamo in the great lakes area in northern Italy. And I’ve also got strong memories, with my venetian mother’s family, who was manufacturing horrific attractions for amusement parks. So I used to play with parts of animatronic zombies and hydraulic monsters…

—What got you into graphic design?

I was studying fine arts at La Sorbonne university in Paris, and my interest for semiology, language and typography led me to an applied arts school in the graphic design and photography section.

— How did you start and developed your career?

Since the very beginning, I’ve been working as a freelance designer. I started out by assisting a photographer, a curator and an artist/graphic designer…Then, each project and people I met brought me to a new level… Christophe Jacquet, Phil Bicker, Placid, Pierre di Sciullo, Sophie Calle, Christophe Brunnquell, John Giorno, Oliver Zahm, Dash Snow, Chikashi Suzuki, Shigeo Goto, Alain Badiou, etc.

—Please let us know about the story behind how you became Art Director at Purple Fashion Magazine.

I met Olivier Zahm when he was looking for someone to give a hand to Christophe Brunnquell, Michael Amzalag and Mathias Augustyniak (M&M Paris) for the graphic design of the Purple Fashion Magazine. Then we started a fascinating and enriching but complex moment, during which the art direction was a discussion, a conceptual ping-pong between Olivier, Christophe, Michael, Mathias and myself. This lasted for 2 or 3 issues, and then I started to do it on my own, in the same kind of open game with Olivier Zahm.

—What other work do you do apart from Purple?

I’ve been a freelance graphic designer for 20 years now. So I’ve done a large range of projects on many different media: typography, photography, communication, editorial, packaging, video, web, etc. From huge corporate multimedia communication plan to small alternative art zine! From Chanel Mobile Art exhibition catalog to Sakura Ando intimate photo book with Chikashi Suzuki and Shigeo Goto. Since 2004, I’ve been teaching Experimental Drawing at an applied arts school in Paris.

—Are you working on any digital media-related projects?

Today, almost every project has a digital part. I work on video, mixing super 8 and digital…On an animated font for a web site…And I also try to find some time to rebuild my own web site…

—What does it take to be a successful art director or graphic designer?

Total involvement. Trust your vision and fight for it. And above all, put meaning and function at the center, not aesthetic.

—How do you work on projects that require you to visually represent/express fashion brands?

First I study the brand history. Then, I consider the seasonal intentions and mood… I build a questioning, and I don’t try to answer but to formulate those questions graphically and visually.

—You’ve been doing graphic design for Toga’s campaign. How did your collaboration with Toga start?

The Japanese photographer Chikashi Susuki called me to work with him on Toga’s campaign. He is a long-standing collaborator and friend. We understand each other with very few words. His work is very inspiring to me. He produces a subjective, personal and sensitive imagery far from advertising stereotypes. I think it’s a relevant association to serve this singular brand and to search other ways to find a powerful expression. The main thing I tried to convert in graphic expression is the way Yasuko Furuta articulates various influences and references like a ‘symbolic collage.’ For spring/summer 2017 campaign, I was looking for a tension: brutality/elegance, reality/myth, dissimulation/revelation, raw gesture/sophisticated composition… And I also wanted Tomoo Gokita’s studio and work to be not only a decorative set in the background, but to be brought in the foreground to interact with clothes, bodies and faces…

—Lastly, how do you spend your time off when you are not working?

My personal life and my work are not separated. I travel, as often as possible, with my daughter and wife. So I’m never really ‘off’, always looking for inspiration in movies, music, literature, architecture, etc.

<Profile>
Gianni Oprandi is an Italian graphic designer based in Paris, France. Since 1997 he’s been working with his own studio on a range of projects, including visual identities, editorial design, exhibition installations, web design, typography creation, photography, etc. He also collaborates with Olivier Zahm on many projects for Purple Institute and he is in charge of the art direction of Purple Fashion Magazine for 10 years now. Since 2004 he’s been teaching Experimental Drawing at the Institut Supérieur d’Arts Appliqués, in Paris.

Related Articles

Connect with The Fashion Post