Interview With Exceptional Talent Giovanni Bianco; Creative Director Of GB65

PORTRAITS | May 31, 2016 8:35 PM
Giovanni Bianco (ジョヴァンニ・ビアンコ) 率いる NY のクリエイティブ・エージェンシー GB65。彼らは、Givenchy (ジバンシー)、Miu Miu (ミュウミュウ) や MARNI (マルニ)、Versace (ヴェルサーチ)、Ermenegildo Zegna (エルメネジルド ゼニア)、Salvatore Ferragamo (サルヴァトーレ フェラガモ) といったハイエンド・ブランドのキャンペーン・ヴィジュアルを手がけるかたわら、Madonna (マドンナ) とのコラボレーションでもその名を轟かせている。ブラジル出身の Bianco氏は、どのような変遷を経て現在のキャリアを築くまでに至ったのか。多忙を極める中応じてもらった今回のインタビューでは、クリエイティヴィティに対する真摯な姿勢はもとより、自身のエージェンシーやチームを支えるリーダーとしての資質も感じさせる回答を得ることができた。

(The original text in English follows afterwards)

Giovanni Bianco (ジョヴァンニ・ビアンコ) 率いる NY のクリエイティブ・エージェンシー GB65。彼らは、Givenchy (ジバンシー)、Miu Miu (ミュウミュウ) や MARNI (マルニ)、Versace (ヴェルサーチ)、Ermenegildo Zegna (エルメネジルド ゼニア)、Salvatore Ferragamo (サルヴァトーレ フェラガモ) といったハイエンド・ブランドのキャンペーン・ヴィジュアルを手がけるかたわら、Madonna (マドンナ) とのコラボレーションでもその名を轟かせている。ブラジル出身の Bianco氏は、どのような変遷を経て現在のキャリアを築くまでに至ったのか。多忙を極める中応じてもらった今回のインタビューでは、クリエイティヴィティに対する真摯な姿勢はもとより、自身のエージェンシーやチームを支えるリーダーとしての資質も感じさせる回答を得ることができた。

Givenchy Spring Summer 2016 | Photography: Mert Alas & Marcus Piggott

Givenchy Spring Summer 2016 | Photography: Mert Alas & Marcus Piggott

—ブラジルで育ったそうですが、幼少の頃はどんなことに興味を持っていましたか?

私はイタリア人の両親のもと、ブラジルで生まれました。子どもの頃からずっと創作に興味があって、特に絵を描くのが好きでしたね。今でも時間がある時には絵を描いています。

—生まれ育ったブラジルから、なぜミラノへと拠点を移したのでしょうか?

アートやデザイン業界で技術を磨きたいと思っていた自分にとって、ミラノへの移転は自然な選択でしたね。Gio Ponti (ジオ・ポンティ) や Franco Albini (フランコ・アルビニ) といったイタリア人デザイナーたちには、常に魅了されていましたから。

Miu Miu Fall Winter 2015 | Photography: Steven Meisel

Miu Miu Fall Winter 2015 | Photography: Steven Meisel

—デザインをはじめたキッカケは何でしたか?

いくつかの会社で、ブランディングを中心としたグラフィック・デザインの仕事を経験したのが始まりです。その後、Domenico Dolce (ドメニコ・ドルチェ) と Stefano Gabbana (ステファノ・ガッバーナ) から仕事を請け負い Dolce & Gabbana (ドルチェ&ガッバーナ) のキャンペーンを3シーズンに渡って制作し、ファッション業界へと足を踏み入れました。しばらくはフリーランサーとして活動をしていましたが、イタリア人グラフィック・デザイナーの Susanna Cucco (スザンナ・クッコ) とパートナーシップを組んでビジネスにも介入。彼女とは、2〜3シーズンぐらいのキャンペーンを共に手がけていましたね。ブラジルのクライアントからもファッション・キャンペーンを請け負っていた時期があり、その時に、私のキャリアを決定付けたキーパーソンであるフォトグラファーのSteven Klein (スティーヴン・クライン) と出会いました。

このプロジェクトをスタートしてから Steven と一緒に仕事をするようになり、ニューヨークへの移転を検討しはじめ、実際に住もうと決意しました。ニューヨークへ引っ越した当初は、イタリアの Dsquared2 (ディースクエアード)と S Max Mara (エス マックスマーラ) からの仕事を引き続き請け負い、その後何年か経った2001年にようやく自分のエージェンシー GB65 を設立しました。

Marni Fall Winter 2015 | Photography: Jackie Nickerson

Marni Fall Winter 2015 | Photography: Jackie Nickerson

—GB65を設立する引き金となった出来事があったのですか?

ファッションやエンターテインメント業界で働き始めて数年経ったある時、自分の手がけてきた仕事を振り返り、その成長に気づく機会がありました。それがきっかけで、自分のヴィジョンとクリエイターとしての在り方を見直し、その結果、自然な流れで「GB65」を創設することになりましたね。

—なぜ「65」なのですか?

私が生まれた「1965年」に由来しています。

—設立当初から、GB65が一貫して掲げている理念などはありますか?

自分が携わるどの仕事に対しても、情熱を持って取り組むことですね。この理念は、クライアントのために制作する作品へと転換されなければいけません。そして、これこそが真の感性を生む手だてなのです。

Madonna ‘Rebel Heart’ | Photography: Mert Alas & Marcus Piggott

Madonna ‘Rebel Heart’ | Photography: Mert Alas & Marcus Piggott

—GB65を立ち上げた当初と現在を比較して、ファッション業界における顧客のビジネス戦略はどのように変化したと思いますか?

現在はかつてないほどに、あらゆる角度からプロジェクトに取り組む姿勢が必要とされています。キャリアをスタートさせた当初と比べると、本当にたくさんのことが変化しましたね。コミュニケーションのプラットフォームも膨大な数になりましたから、それに合わせて戦略を練り、発展させなければいけません。特にデジタルに関してはどのプラットフォームにも戦略を当てはめ、適合させていく必要があります。

—キャンペーン・ヴィジュアルを手がける際の、基本的な制作過程を教えてください。

クライアントから受け取るブリーフ(概要書)をもとに、念入りに構想を練り、ブランド・イメージやシーズンの戦略に合ったコンセプトを編み出します。そして、各ブランドの長期的な成長を促すような、独自の戦略を発展させていきますね。コンセプト設定から最終的なレイアウトに至るまで、制作における全てのステージに携わり、ディテールに気を配りながらアート・ディレクションとデザイン、そして一流の写真を正しくブレンドさせて、ひとつにまとめていきます。

Versace Spring Summer 2016 | Photography: Steven Klein

Versace Spring Summer 2016 | Photography: Steven Klein

—ファッション・ブランドの魅力をヴィジュアルとして引き出すために必要な要素とは何だと思いますか?

ブランドの歴史や彼らが望む方向性を完全に理解することが最も重要です。一旦、明確なアイデアを持つことができれば、彼らのメッセージに対する解釈がクリアになります。そこではじめて戦略を練り、制作に入ることができるのです。

—カタログなどのエディトリアル・デザインを制作する際に留意している点があれば教えてください。

カタログは、ブランドを伝達する上でインパクトの強いプラットフォームでなければいけません。ブランドの DNA を表現し、そのシーズンですでに出回っている他のプラットフォームとも一貫性性を持たせる必要があります。あとは、色やテクスチャー、表紙の素材、紙の選択、レイアウト、装丁といった要素で、趣向を凝らしていくのみですね。

Dsquared2 Spring Summer 2016 | Photography: Mert Alas & Marcus Piggott

Marni Spring Summer 2016 | Photography: Tom Hunter

Ermenegildo Zegna Couture Spring Summer 2016 | Photography: Inez Van Lamsweerde & Vinoodh Matadin

Miu-Miu The First Fragrance Campaign | Photography: Steven Meisel

1/4

—制作のインスピレーションはどんなところから得ていますか?

主に、一流フォトグラファーの写真、アート、デザイン、建築、映画、そして音楽などからインスピレーションを得ています。また、私は無類の本好きで、長年コレクションしています。収集した書籍を保管している書庫もあるので、そこでインスピレーションを得ることも多いですね。

—自身にとって、ファッションの魅力とは何でしょうか?

いつも述べているのですが、ファッションはアート、写真、デザイン、建築といった私が好きなもの全てを融合させたものです。自分自身や、自分のヴィジョンを表現するための完璧な手段ですね。

Miu Miu Spring Summer 2016 | Photography: Steven Meisel

Miu Miu Spring Summer 2016 | Photography: Steven Meisel

—最後に、現行のプロジェクトや将来の展望について教えてください。

現在は、次回のキャンペーンと何本かのエディトリアル、その他の素晴らしいプロジェクトを進行中です。面白いプロジェクトを生み出し、発展していくために自分のスタジオやチームと共に創作の旅を続けていければ最高ですね。そして、常に視野を広げて成長を続けていくことで、この業界に貢献したいと思っています。

 

Giovanni Bianco | Photography: Luigi & Iango

Giovanni Bianco | Photography: Luigi & Iango

<プロフィール>
Giovanni Bianco (ジョヴァンニ・ビアンコ)/ユニークかつアーティスティックなヴィジョンを携え、1994年より、ファッション、ラグジュアリー、エンターテインメント業界で活躍してきたクリエイティヴ・ディレクター Giovanni Bianco。2001年には自身のエージェンシー「GB65」を創設し、アーティスティックで革新的な精神を持つチームと共に、国際的かつ著名なクライアント・ワークに従事。ブランドごとに深い関心を寄せながら個別のプロジェクトを打ち立てることで、独自の戦略を発展させ、ブランドの成長を長期的にサポートしている。
HP: www.giovannibianco.com

 

—I have heard that you are originally from Brazil. Did you like to draw or make things as a child?

Yes. I was born in Brazil from Italian parents. Since I am a child, I have always been creative, I love to draw and paint. This is something I still do today when I have the chance to get some free time.

—What drove you to move from Brazil to Milan?

Milan was a first natural choice for me, as I wanted to develop my skills in the Art and Design industry. Italian designers have always drawn me: Gio Ponti, Franco Albini, etc.

—Tell us about how did you start your career as a graphic designer?

I first started to do graphic design for different type of companies, mostly branding. Then I started to work in fashion, when Domenico Dolce and Stefano Gabbana asked me to work for them, which I did for 3 seasons. Then I continued as a freelancer and also got into business, partnered with an Italian graphic designer Susanna Cucco, I worked with her for 2 or 3 seasons. At some point I had a Brazilian client, for whom I needed to do the fashion campaign and that’s when I met Steven Klein who had been a key person in my career.

Indeed, after this project I started to work with him and I started to think about moving to New York and I did. When I arrived there, I kept two of my Italian clients Dsquared2 and S Max Mara and years after years growing until I could finally in 2001 form my own agency GB65.

—How did your own agency GB65 come into being?

Few years after I started to work in the fashion and entertainment industry, I had the chance to see my client portfolio growing. It allowed me to refine my own vision and image as a creative. After that, it just came naturally to me to start my own Creative Agency, GB65.

—Why 65?

It is my year of birth. I was born in 1965.

—Are there any creative philosophies you have maintained since the agency was founded?

Everything you do, do it with passion. It has to translate in what we provide, for each client we have. This is a way to create a true emotion.

—Compare to now with the era you established your own agency in 2001, how have the business strategies changed in fashion industry?

Today more than ever you must have a 360-degree approach when you work on a project. A lot of things had changed since I first started. There are so many communications platforms today and it is important to adapt and develop a strategy that will include and fit all of these platforms especially the digital ones.

—Tell us about your basic creative process when creating campaign visuals?

Starting with the client’s brief, we elaborate and come up with concepts that fit with the brand image and strategy according to the season and develop unique strategies to enhance the longterm growth of each brand. Intervening at all stages of the production, paying attention to details and bringing together the right blend of art direction, design and top class photography. From concepts to final layouts.

—What do you feel are essential elements when bringing out the charm of brands as visuals?

The most important is to be fully aware of the brand history and the directions they want to take. Once you have a clear idea of that, translating their message just become clear. Then we can start to elaborate a strategy and begin our creative process.

—What are you most mindful of during editorial design like catalogs?

A catalog must be an impactful platform to communicate the brand. You have to express the DNA of the brand and stay coherent with the other platforms you already used for the season. You just have more “ingredients” to play with ; color, texture, cover material, paper options, layouts, binding, etc.

—Where do you get your inspiration to feed your creative process?

I am mostly inspired by famous photographers work, art, design, architecture, movies and music. I am a huge fan of books and collect them for years, I have a library that I am really proud of and where I take my inspiration most of the time.

—What meaning does fashion have for you as an art director?

As I always say, Fashion is a fusion everything I am interested in. Mixing art, photography, design, architecture, etc. It is the perfect channel to express yourself and your vision.

—What kind of projects are you currently working on? And what field would you like to challenge in the future?

For now my team and I are working on the new upcoming campaigns, few editorials and other amazing projects. I’d love to continue my journey with my studio and my team. — To develop and create exciting projects. And always keep my eyes wide open to grow and to bring more to the industry.

<Profile>
Since 1994, Creative Director Giovanni Bianco has dedicated his unique artistic vision to the worlds of fashion, luxury and entertainment. In 2001, he formed GB65, where together with a team of artistic minds and innovative spirits, he serves a high profile, multinational clientele. GB65 is defined by a true commitment to each brand and individual project, along with the drive to develop unique strategies to enhance the long term growth of each brand.

Related Articles

Connect with The Fashion Post