sponsored
ETRO
with eiji akaso

赤楚衛二のナイトトリップ。エトロをまとい冬の旅へ vol.2

ETRO
with eiji akaso

model: eiji akaso
photohgraphy: kenta sawada
styling: takayuki tanaka
hair & make up: rumi hirose
edit & text: honami wachi

胸の奥をぎゅっと刺激した金木犀の香りもだんだんと薄れ、首もとをかすめる北風に冬の到来を感じる今日この頃。ニットやコートに袖を通したときのぬくもりに喜びを感じながら、新しい季節の訪れに胸が高鳴る。ETRO (エトロ) 2022-23 秋冬コレクションでクリエイティブ・ディレクターの Kean Etro (キーン・エトロ) が描いたのは、「人生の冒険へ立ち向かう若者たちの旅」。冬の旅をテーマとしたさまざまなパターンに、ETRO を象徴する “ペイズリー” を重ね合わせた。このコレクションに袖を通したのは、活躍の場を広げ続ける俳優、赤楚衛二。俳優としても冒険を続ける彼が、色彩豊かなアウターやニット、シャツをサラリと着こなし夜の旅へと出かける。薄闇の中でも光を放ち続ける、彼から目が離せない。(第2回/全4回)

ETRO
with eiji akaso

赤楚衛二のナイトトリップ。エトロをまとい冬の旅へ vol.2

コート ¥429,000、ニット ¥149,600、シャツ ¥168,300、パンツ ¥190,300、シューズ *参考商品/すべて ETRO (エトロ ジャパン)

バッグ ¥180,400/ETRO(エトロ ジャパン)

夜へと近づくにつれて、徐々に移り変わっていく空模様に、そこはかとなく薫る哀愁。夕暮れを思わせる光の中、赤楚衛二が身を包むのは ETRO 2022-23 秋冬コレクションからシックなグレーの装い。ヴァージンウールのコートは、柔らかな仕立てが身体に寄り添い心地良く、フロントカットに位置するペイズリーのエンボスが上品に主張する。ニットとシャツにも、モザイク調の大きなペイズリーが添えられて、さりげなくインパクトを与える。アイコニックな「クラウン・ミー」コレクションより「クラウン・ミー・フラップ」を首から下げて。コンパクトで構築的なフォルムは、ETRO のボーホーシックなエスプリを映し出し、王冠を想わせる象徴的なデザインが喜び、自由、強さを伝える。

share