sponsored
ETRO
with eiji akaso

赤楚衛二のナイトトリップ。エトロをまとい冬の旅へ vol.3

ETRO
with eiji akaso

model: eiji akaso
photohgraphy: kenta sawada
styling: takayuki tanaka
hair & make up: rumi hirose
edit & text: honami wachi

胸の奥をぎゅっと刺激した金木犀の香りもだんだんと薄れ、首もとをかすめる北風に冬の到来を感じる今日この頃。ニットやコートに袖を通したときのぬくもりに喜びを感じながら、新しい季節の訪れに胸が高鳴る。ETRO (エトロ) 2022-23 秋冬コレクションでクリエイティブ・ディレクターの Kean Etro (キーン・エトロ) が描いたのは、「人生の冒険へ立ち向かう若者たちの旅」。冬の旅をテーマとしたさまざまなパターンに、ETRO を象徴する “ペイズリー” を重ね合わせた。このコレクションに袖を通したのは、活躍の場を広げ続ける俳優、赤楚衛二。俳優としても冒険を続ける彼が、色彩豊かなアウターやニット、シャツをサラリと着こなし夜の旅へと出かける。薄闇の中でも光を放ち続ける、彼から目が離せない。(第3回/全4回)

ETRO
with eiji akaso

赤楚衛二のナイトトリップ。エトロをまとい冬の旅へ vol.3

ダウンジャケット ¥539,000/ETRO (エトロ ジャパン)

旅の途中、彼が迷い込んだ薔薇の庭園。身を包むのは ETRO 2022-23 秋冬コレクションの鮮やかな赤。冒険への情熱を駆り立て、前向きに困難に立ち向かう。そんな印象的なスタイリングを、赤楚衛二はさらりと自分のものにした。ヴァージンウールをベースに、多彩なカラーリング、ペイズリーと雪の結晶などを表現したノルディックカーペット調プリントが魅力的なニットは、ロマンスの香りを漂わせる。夜に映えるシャイニーナイロンのワイドパンツは、ワーカーズなエッセンスをモードにアップデート。オーバーサイズのダウンジャケットは、あえて袖を通さずにベルトで背負うことのできる斬新かつハイブリットなデザイン。足元にはクラシックなスムースカーフのレザーシューズを合わせることで、カジュアルな印象を一気に引き締めて。抜け感とラグジュアリーさを併せ持つ、ETRO らしさ溢れるロマンティックなムードの夜へ。

ニット ¥171,600、パンツ ¥149,600、
シューズ ¥124,300/すべて ETRO (エトロ ジャパン)

share