sponsored
ETRO
with eiji akaso

赤楚衛二のナイトトリップ。エトロをまとい冬の旅へ vol.4

ETRO
with eiji akaso

model: eiji akaso
photohgraphy: kenta sawada
styling: takayuki tanaka
hair & make up: rumi hirose
edit & text: honami wachi

胸の奥をぎゅっと刺激した金木犀の香りもだんだんと薄れ、首もとをかすめる北風に冬の到来を感じる今日この頃。ニットやコートに袖を通したときのぬくもりに喜びを感じながら、新しい季節の訪れに胸が高鳴る。ETRO (エトロ) 2022-23 秋冬コレクションでクリエイティブ・ディレクターの Kean Etro (キーン・エトロ) が描いたのは、「人生の冒険へ立ち向かう若者たちの旅」。冬の旅をテーマとしたさまざまなパターンに、ETRO を象徴する “ペイズリー” を重ね合わせた。このコレクションに袖を通したのは、活躍の場を広げ続ける俳優、赤楚衛二。俳優としても冒険を続ける彼が、色彩豊かなアウターやニット、シャツをサラリと着こなし夜の旅へと出かける。薄闇の中でも光を放ち続ける、彼から目が離せない。(最終回/全4回)

ETRO
with eiji akaso

赤楚衛二のナイトトリップ。エトロをまとい冬の旅へ vol.4

パンツ ¥105,600、スニーカー ¥102,300/共にETRO (エトロ ジャパン)

ニット ¥182,600、ベルト¥105,600/共にETRO (エトロ ジャパン)

次はどこに向かおうか、新たな冒険へ胸をときめかせて、装いも気分も一新。旅の最後に、赤楚衛二が袖を通したのは、ETRO 2022-23 秋冬コレクションからフレッシュなグリーンのスタイリング。熟練されたテクニックによってホツレとダメージ加工でヴィンテージ感を演出したニットは、つい触れたくなってしまう肉厚感。立体的なコーデュロイのパンツによく目を凝らすと、レトロタッチな大柄ペイズリーのレーザープリントが浮かび上がる。足元には個性豊かなディテールと大胆なカラーブロッキングが特徴的な ETRO のシグネチャースニーカー「アースビート」をチョイス。どこまでも連れて行ってくれそうな安心感があるのは、ビブラム社製のソールを採用しているから。ダイナミックなアウトドアやレジャーにも対応する本格派のスニーカーだ。旅の相棒としても心強いビッグトートを迎えれば、準備は完璧。鮮やかな色合いをまとって、自由なマインドを胸に抱いたら、待ち受ける冒険の旅に身を任せて。

バッグ ¥157,300/ETRO(エトロ ジャパン)

share