Valentino Haute Couture Spring Summer 2018 Collection

COLLECTION | Jan 26, 2018 7:00 PM
Valentino (ヴァレンティノ) 2018年春夏のオートクチュールコレクションを、ファッションディレクターの萩原輝美がレポート。

Valentino Haute Couture Spring Summer 2018 Collection

Valentino (ヴァレンティノ) がオートクチュールの概念を打ち破り、ぐっとモダンに今の時代のクチュールコレクションを見せた。68体を見終わった瞬間のラグジュアリーな心地よさと幸せ感はまさに、ファッションの真髄を感じた。

Valentino はクチュール2シーズン前から、トレンチコートやワイドパンツなどリアルアイテムをスタイリングで見せてきた。そのカラーパレットはピンクベージュにマンダリン、アクアグリーンにラベンダーなど、なんともエレガントな組み合わせだ。今シーズンは優雅なゆとり感あるコートにチノパンからロングドレスまで合わせている。

シルクタフタコートは大きなラッフルが揺れ、衣擦れの音がする。ランニングトップとワイドパンツを合わせてさらりと着ている。フェザーが揺れる大きなハットが女性の動きを優雅に見せる。コートやドレスのウエストに、あるいは首元に大きく結ぶリボンがカラーコントラストを加えている。シルクガザータの量感たっぷりのケープにフレアードレス、Vや直線ラインのドレスなど冴えあるカッティングはメゾンの技だ。

黒いシフォンの花柄は象嵌で剥いであり、レースモチーフは丁寧に繋がれている。ビスチュエドレスの下にちらっと覗くアンダードレスの色など、着る人だけが楽しめる秘めたディテールがラグジュアリーを感じさせる。イブニングドレスには両脇ポケットが付き、エスコートされなくても歩ける今の女性たちのドレスだ。

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

© Valentino

1/68

問い合わせ先/ヴァレンティノ インフォメーションデスク 03-6384-3512
HP: www.valentino.com

Related Articles

Connect with The Fashion Post