tfp recommends 20 Movies

【上映中】今週のTFP的おすすめ映画20選

tfp recommends 20 Movies
tfp recommends 20 Movies
News/

【上映中】今週のTFP的おすすめ映画20選

tfp recommends 20 Movies

by Mikiko Ichitani

大型シネコンからミニシアターまで新作が続々と封を切り、余暇を忙しくさせる週末の TOKYO 映画事情。インターネット上に溢れる膨大な情報量に疲れてしまったあなたへ、『The Fashion Post (ザ・ファッションポスト)』が独断と偏見でセレクトした「今観るべき」「今からでも観れる」映画を週替わりでご紹介。

【上映中の映画20選 (9月13日〜9月20日)】

1. 『サウナのあるところ』

©︎2010 Oktober Oy.

©︎2010 Oktober Oy.

サウナの本場といわれるフィンランドのサウナ事情とそこに集う人々を記録した異色ドキュメンタリー。自宅やオフィスなどのプライベートなサウナから、湖畔や街なかの公衆サウナまで、約550万人の人口に対して約300万個のサウナがあるという北欧の国フィンランド。身も心も裸になれるサウナという場所は、シャイで寡黙と言われるフィンランド人男性たちのさまざまな思いが語られる場所でもあった。継父からの虐待、犯罪歴のあるかつての自分、離ればなれになってしまった娘、止められなかった職場での事故、先に旅立った妻や幼い娘の思い出など、普段は話すことがない悩みや苦しみ。子どもが生まれた喜び、親友との友情、老いてからの出会い、祖父が薪に込めていた祖母への愛など、大切な人への思いの数々。男たちが普段は決して語ることのないさまざまな思いがサウナという空間で語られ、男たちの絆を深めていく。

公開日: 2019年9月14日
監督: Joonas Berghall (ヨーナス・バリヘル)
出演: Kari Tenhunen (カリ・テンフネン)、Mikko Rissanen (ミッコ・リッサネン)、Pertti Palokangas (ペルッティ・パロカンガス)
HP: www.uplink.co.jp

2. 『今さら言えない小さな秘密』

©︎RAOUL TABURIN 2018 - PAN-EUROPEENNE - FRANCE 2 CINEMA - AUVERGNE-RHONE-ALPES CINEMA - BELLINI FILMS - LW PRODUCTION - VERSUS PRODUCTION - RTBF (TELEVISION BELGE) - VOO ET BE TV ©︎ PHOTOS KRIS DEWITTE

©︎RAOUL TABURIN 2018 – PAN-EUROPEENNE – FRANCE 2 CINEMA – AUVERGNE-RHONE-ALPES CINEMA – BELLINI FILMS – LW PRODUCTION – VERSUS PRODUCTION – RTBF (TELEVISION BELGE) – VOO ET BE TV ©︎ PHOTOS KRIS DEWITTE

フランスの国民的作家 Jean-Jacques Sempe (ジャン=ジャック・サンペ) の同名小説を、『アメリ』(2001) の Guillaume Laurant (ギョーム・ローラン) による共同脚本で映画化。主演は『神様メール』(2016) の Benoit Poelvoorde (ブノワ・ポールブールド)。共演に『わたしはロランス』(2013) の Suzanne Clement (スザンヌ・クレマン)、『モリエール 恋こそ喜劇』(2010) の Edouard Baer (エドゥアール・ベア)。

公開日: 2019年9月14日
監督: Pierre Godeau (ピエール・ゴドー)
出演: Benoit Poelvoorde (ブノワ・ポールブールド)、Suzanne Clement (スザンヌ・クレマン)、Edouard Baer (エドゥアール・ベア)
HP: www.cetera.co.jp

3. 『ある船頭の話』

©︎2019「ある船頭の話」製作委員会

©︎2019「ある船頭の話」製作委員会

オダギリジョーの長編映画初監督作品で、柄本明が演じる船頭を通して本当の人間らしい生き方を描いた。主人公のトイチ役を『石内尋常高等小学校 花は散れども』(2008) 以来11年ぶりの映画主演となる柄本が演じ、源三には村上虹郎が扮した。『ブエノスアイレス』(1997)『恋する惑星』(1995) などで知られる Christopher Doyle (クリストファー・ドイル) が撮影監督を務め、黒澤明監督の『乱』(2017) でオスカーに輝いたワダエミが衣装デザインを担当。音楽を映画音楽初挑戦となるアルメニア出身のジャズピアニスト、Tigran Hamasyan (ティグラン・ハマシアン) が手がける。

公開日: 2019年9月13日
監督: オダギリジョー
出演: 柄本明、川島鈴遥、村上虹郎、伊原剛志、浅野忠信、村上淳、蒼井優
HP: aru-sendou.jp

4. 『記憶にございません!』

©︎2019 フジテレビ/東宝

©︎2019 フジテレビ/東宝

三谷幸喜の長編映画監督8作目で、記憶をなくした総理大臣が主人公の政界コメディ。史上最低の支持率を叩き出した総理大臣を中井貴一が演じるほか、ディーン・フジオカ、石田ゆり子、草刈正雄、佐藤浩市ら豪華キャストが顔をそろえる。

公開日: 2019年9月13日
監督: 三谷幸喜
出演: 中井貴一、ディーン・フジオカ、石田ゆり子、草刈正雄、佐藤浩市
HP: kiokunashi-movie.jp

5. 『プライベート・ウォー』

©︎2018 APW Film, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

©︎2018 APW Film, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

レバノン内戦や湾岸戦争など世界中の戦地を取材した実在の女性記者メリー・コルビンの半生を、『ゴーン・ガール』(2014) の Rosamund Pike (ロザムンド・パイク) 主演、『カルテル・ランド』(2015)『ラッカは静かに虐殺されている』(2017) など骨太なドキュメンタリーを手がけてきた Matthew Heineman (マシュー・ハイネマン) の初劇映画監督作品として映画化。Jamie Dornan (ジェイミー・ドーナン)、Tom Hollander (トム・ホランダー)、Stanley Tucci (スタンリー・トゥッチ) らが脇を固める。

公開日: 2019年9月13日
監督: Matthew Heineman (マシュー・ハイネマン)
出演: Rosamund Pike (ロザムンド・パイク)、Jamie Dornan (ジェイミー・ドーナン)、Tom Hollander (トム・ホランダー)、Stanley Tucci (スタンリー・トゥッチ)
HP: privatewar.jp

6. 『タロウのバカ』

©︎2019 映画「タロウのバカ」製作委員会

©︎2019 映画「タロウのバカ」製作委員会

『さよなら渓谷』(2013)『日日是好日』(2018) の大森立嗣が監督・脚本を手がけ、刹那的に生きる3人の少年の過激な日常を描いた青春ドラマ。主人公タロウ役には、本作が俳優デビューとなるモデルの YOSHI (ヨシ) を抜てきし、タロウと行動をともにするエージを菅田将暉、スギオを仲野太賀がそれぞれ演じる。

公開日: 2019年9月6日
監督: 大森立嗣
出演: YOSHI、菅田将暉、仲野太賀
HP: www.taro-baka.jp

7. 『アス』

©︎Universal Pictures

©︎Universal Pictures

『ゲット・アウト』(2017) がアカデミー賞にノミネートされ、脚本賞を受賞するなど大きな話題を集めた Jordan Peele (ジョーダン・ピール) 監督が、自分たちとそっくりの謎の存在と対峙する一家の恐怖を描いたサスペンススリラー。『ゲット・アウト』に続き、数々のホラー/スリラー作品を大ヒットさせてきた Jason Blum (ジェイソン・ブラム)  が製作。主演には『それでも夜は明ける』(2013) でアカデミー助演女優賞を受賞し、『ブラックパンサー』(2018) などで活躍する Lupita Nyong’o (ルピタ・ニョンゴ) を迎えた。

公開日: 2019年9月6日
監督: Jordan Peele (ジョーダン・ピール)
出演: Lupita Nyong’o (ルピタ・ニョンゴ)、Winston Duke (ウィンストン・デューク)、Elisabeth Moss (エリザベス・モス)、Tim Heidecker (ティム・ハイデッカー)
HP: usmovie.jp

8. 『チャーリー・セズ マンソンの女たち』

©︎2018 SQUEAKY FILMS, LLC

©︎2018 SQUEAKY FILMS, LLC

1969年に女優シャロン・テート殺害などの無差別連続殺人事件を起こしたカルト集団チャールズ・マンソンとそのファミリーを、女性実行犯たちに焦点を当てて描いたドラマ。『アメリカン・サイコ』の監督 Mary Harron (メアリー・ハロン) と脚本家 Guinevere Turner (グィネビア・ターナー) が再タッグを組み、エド・サンダースによる犯罪ドキュメント『ファミリー シャロン・テート殺人事件』をベースに、女性実行犯レスリー・バン・ホーテンの獄中生活を記録した「The Long Prison Journey of Leslie Van Houten: Life Beyond the Cult」の要素も取り入れながら映画化。3人の女性実行犯役に、『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』(2014) の Hannah Murray (ハンナ・マリー)、Kevin Bacon (ケビン・ベーコン) の娘 Sosie Bacon (ソシー・ベーコン)、ミュージシャンとしても活躍する Marianne Rendon (マリアンヌ・レンドン)。テレビシリーズ「ドクター・フー」の Matt Smith (マット・スミス) がチャールズ・マンソンを演じる。

公開日: 2019年9月6日
監督: Mary Harron (メアリー・ハロン)
出演: Hannah Murray (ハンナ・マリー)、Sosie Bacon (ソシー・ベーコン)、Marianne Rendon (マリアンヌ・レンドン)
HP: qualite.musashino-k.jp

9. 『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』

数々の傑作を世に送り出し、世界中の音楽ファンを魅了し続けるジャズレーベル「ブルーノート・レコード」設立80周年を記念して製作されたドキュメンタリー。Robert Glasper (ロバート・グラスパー) ら若手アーティストによる “ブルーノート・オールスターズ” とレジェンド奏者 Herbie Hancock (ハービー・ハンコック)、Wayne Shorter (ウェイン・ショーター) によるスペシャルセッションの模様や、貴重な過去のアーカイブ映像、歴代アーティストや関係者たちの証言からブルーノートの魅力に迫っていく。

公開日: 2019年9月6日
監督: Sophie Huber (ソフィー・フーバー)
出演: Herbie Hancock (ハービー・ハンコック)、Wayne Shorter (ウェイン・ショーター)、Norah Jones (ノラ・ジョーンズ)、Robert Glasper (ロバート・グラスパー)
HP: www.universal-music.co.jp

10. 『ラスト・ムービースター』

©︎2018 DOG YEARS PRODUCTIONS, LLC

©︎2018 DOG YEARS PRODUCTIONS, LLC

『脱出』(1972)『ロンゲスト・ヤード』(1974)『トランザム7000』(1977)『ブギーナイツ』(1997) など数多くの作品に出演し、2018年9月に82歳で亡くなった Burt Reynolds (バート・レイノルズ) の最後の主演作。劇中に過去作品が多数引用され、落ちぶれたスターという役柄をユーモアたっぷりに演じる。監督は『デトロイト・ロック・シティ』(2000)『LOOK』(2008) の Adam Rifkin (アダム・リフキン)。

公開日: 2019年9月6日
監督: Adam Rifkin (アダム・リフキン)
出演: Burt Reynolds (バート・レイノルズ)、Ariel Winter (アリエル・ウィンター)、Clark Duke (クラーク・デューク)、Ellar Coltrane (エラー・コルトレーン)
HP: lastmoviestar2019.net-broadway.com

11. 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

Quentin Tarantino (クエンティン・タランティーノ) の9作目となる長編監督作。Leonardo DiCaprio (レオナルド・ディカプリオ) と Brad Pitt (ブラッド・ピット) という2大スターを初共演させ、落ち目の俳優とそのスタントマンの2人の友情と絆を軸に、1969年ハリウッド黄金時代の光と闇を描いた。その他 Margot Robbie (マーゴット・ロビー)、Emile Hirsch (エミール・ハーシュ) らが共演。

公開日: 2019年8月30日
監督: Quentin Tarantino (クエンティン・タランティーノ)
出演: Leonardo DiCaprio (レオナルド・ディカプリオ)、Brad Pitt (ブラッド・ピット)、Margot Robbie (マーゴット・ロビー)、Emile Hirsch (エミール・ハーシュ)
HP: www.onceinhollywood.jp

12. 『おしえて!ドクター・ルース』

90歳で現役のセックス・セラピストとして活躍するドクター・ルースこと Ruth Westheimer (ルース・ウェストハイマー) を追ったドキュメンタリー。ドイツで生まれ、幼い頃に家族をホロコーストで失い、終戦後はパレスチナでスナイパーとして活動したドラマチックな経歴を持ちながら、いつの時代も自分らしく生き、常に笑顔で前を向いて生きてきた彼女のドラマチックな人生に迫っていく。監督は『ジェンダー・マリアージュ 全米を揺るがした同性婚裁判』(2016) などのドキュメンタリーを手がける Ryan White (ライアン・ホワイト)。

公開日: 2019年8月30日
監督: Ryan White (ライアン・ホワイト)
出演: Ruth Westheimer (ルース・ウェストハイマー)
HP: longride.jp

13. 『ディリリとパリの時間旅行』

©︎2018 NORD-OUEST FILMS - STUDIO O - ARTE FRANCE CINEMA - MARS FILMS - WILD BUNCH - MAC GUFF LIGNE - ARTEMIS PRODUCTIONS - SENATOR FILM PRODUKTION

©︎2018 NORD-OUEST FILMS – STUDIO O – ARTE FRANCE CINEMA – MARS FILMS – WILD BUNCH – MAC GUFF LIGNE – ARTEMIS PRODUCTIONS – SENATOR FILM PRODUKTION

『キリクと魔女』『アズールとアスマール』などで知られるフランスアニメーション界の巨匠 Michel Ocelot (ミッシェル・オスロ) 監督が、19世紀末から20世紀初頭のベル・エポック期の美しいパリの街を舞台に描いた長編アニメーション。第44回セザール賞で最優秀アニメ作品賞を受賞。日本語版のディリリの声は斎藤工が担当。

公開日: 2019年8月24日
監督: Michel Ocelot (ミッシェル・オスロ)
出演: Prunelle Charles-Ambron (プリュネル・シャルル=アンブロン)、Enzo Ratsito (エンゾ・ラツィト)、Natalie Dessay (ナタリー・ディセイ)
HP: child-film.com

14. 『ロケットマン』

©︎2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

©︎2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

グラミー賞を5度受賞したイギリス出身の世界的ミュージシャン、Elton John (エルトン・ジョン) の自伝的映画。並外れた音楽の才能でまたたく間にスターへの階段を駆け上がっていった一方で、様々な困難や苦悩にも満ちた Elton John の知られざる半生を、「ユア・ソング」や「ロケット・マン」など数々のヒット曲にのせたミュージカルシーンを交えて描いていく。日本でも社会現象となった大ヒット作『ボヘミアン・ラプソディ』(2018) で、降板した監督に代わり映画を完成させた Dexter Fletcher (デクスター・フレッチャー) がメガホンをとり、『キングスマン』シリーズの Matthew Vaughn (マシュー・ボーン) が製作を担当。同じく『キングスマン』シリーズでブレイクした Taron Egerton (タロン・エガートン) がエルトン役を務め、吹き替えなしで歌唱シーンもこなした。

公開日: 2019年8月23日
監督: Dexter Fletcher (デクスター・フレッチャー)
出演: Taron Egerton (タロン・エガートン)、Jamie Bell (ジェイミー・ベル)、Richard Madden (リチャード・マッデン)、Gemma Jones (ジェマ・ジョーンズ)
HP: rocketman.jp

15. 『ドッグマン』

©︎2018 Archimede srl - Le Pacte sas

©︎2018 Archimede srl – Le Pacte sas

『ゴモラ』(2011) などで知られるイタリアの鬼才 Matteo Garrone (マッテオ・ガローネ) 監督が、1980年代にイタリアで起こった実在の殺人事件をモチーフに描いた不条理ドラマ。主演の Marcello Fonte (マルチェロ・フォンテ) が第71回カンヌ国際映画祭で主演男優賞を獲得したほか、イタリア版アカデミー賞と言われるダビッド・ディ・ドナテッロ賞で作品賞・監督賞など9部門を受賞した。

公開日: 2019年8月23日
監督: Matteo Garrone (マッテオ・ガローネ)
出演: Marcello Fonte (マルチェロ・フォンテ)、Edoardo Pesce (エドアルド・ペーシェ)、Nunzia Schiano (ヌンツィア・スキャーノ)
HP: dogman-movie.jp

16. 『火口のふたり』

©︎2019「火口のふたり」製作委員会

©︎2019「火口のふたり」製作委員会

直木賞作家・白石一文が男と女の極限の愛を描いた小説『火口のふたり』を、柄本佑と瀧内公美の共演で実写映画化。『幼な子われらに生まれ』(2017)『共喰い』(2013) などの名脚本家で、本作が監督第3作となる荒井晴彦が監督・脚本を手がける。

公開日: 2019年8月23日
監督: 荒井晴彦
出演: 柄本佑、瀧内公美
HP: kakounofutari-movie.jp

17. 『アートのお値段』

『マイ・アーキテクト ルイス・カーンを探して』(2006) でアカデミー賞にノミネートされた Nathaniel Kahn (ナサニエル・カーン) 監督が、アートの価格を題材にアート市場の裏側に迫るドキュメンタリー。秋のオークション開催まで6週間と迫ったニューヨークのサザビーズ。アート界周辺がにわかに騒がしくなり、オークショナー、ギャラリスト、評論家、コレクター、そしてアーティスト、それぞれの立場のさまざまな思惑、価値観がせめぎあう。Larry Poons (ラリー・プーンズ)、Jeff Koons (ジェフ・クーンズ)、George Condo (ジョージ・コンド)、Gerhard Richter (ゲルハルト・リヒター) ら一流アーティストたちが登場するほか、サザビーズでの実際のオークションの様子などを紹介。“アートの価値” をさまざまな角度から掘り下げていく。

公開日: 2019年8月17日
監督: Nathaniel Kahn (ナサニエル・カーン)
出演: Larry Poons (ラリー・プーンズ)、Jeff Koons (ジェフ・クーンズ)、George Condo (ジョージ・コンド)、Gerhard Richter (ゲルハルト・リヒター)
HP: artonedan.com

18. 『HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ』

©︎2017 IMPERATIVE DISTRIBUTION, LLC. All rights reserved.

©︎2017 IMPERATIVE DISTRIBUTION, LLC. All rights reserved.

『君の名前で僕を呼んで』(2017) や『ビューティフル・ボーイ』(2019) で一躍世界から注目を集める Timothee Chalamet (ティモシー・シャラメ) が主演を務めた青春映画。Timothee Chalamet のほか、『イット・フォローズ』(2016) の Maika Monroe (マイカ・モンロー)、『ザ・リング リバース』(2018)の Alex Roe (アレックス・ロー) ら若手俳優陣が顔をそろえる。監督は本作が長編デビュー作となる Elijah Bynum (イライジャ・バイナム)。

公開日: 2019年8月16日
監督: Elijah Bynum (イライジャ・バイナム)
出演: Timothee Chalamet (ティモシー・シャラメ)、Maika Monroe (マイカ・モンロー)、Alex Roe (アレックス・ロー)
HP: hot-summer-nights.jp

19. 『永遠に僕のもの』

©︎2018 CAPITAL INTELECTUAL S.A / UNDERGROUND PRODUCCIONES / EL DESEO

©︎2018 CAPITAL INTELECTUAL S.A / UNDERGROUND PRODUCCIONES / EL DESEO

1971年のアルゼンチンで12人以上を殺害した連続殺人事件の犯人である少年をモデルに、スペインの名匠 Pedro Almodovar (ペドロ・アルモドバル) が製作を務めて描いたクライムドラマ。本作が映画デビューとなる俳優 Lorenzo Ferro (ロレンソ・フェロ) が主人公カルリートスを演じる。

公開日: 2019年8月16日
監督: Luis Ortega (ルイス・オルテガ)
出演: Lorenzo Ferro (ロレンソ・フェロ)、Chino Darin (チノ・ダリン)、Mercedes Moran (メルセデス・ラモーン)、Daniel Fanego (ダニエル・ファネゴ)
HP: gaga.ne.jp

20. 『イソップの思うツボ』

©︎埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ

©︎埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ

『カメラを止めるな!』(2018) の上田慎一郎監督を中心とした製作スタッフが再結集し、再び予測不能な物語を紡ぎだしたオリジナル作品。上田監督と『カメ止め』助監督の中泉裕矢、スチール担当の浅沼直也が3人で共同監督・脚本を務めた。舞台やテレビ、ミュージックビデオで活躍する石川瑠華が美羽、『4月の君、スピカ。』(2019) の井桁弘恵が早織、『光』(2017)『アイスと雨音』(2018) の紅甘が小柚をそれぞれ演じ、斉藤陽一郎、渡辺真起子、佐伯日菜子らが脇を固める。

公開日: 2019年8月16日
監督: 上田慎一郎、中泉裕矢、浅沼直也
出演: 石川瑠華、井桁弘恵、紅甘、斉藤陽一郎、渡辺真起子、佐伯日菜子
HP: aesop-tsubo.asmik-ace.co.jp

share