tfp recommends Movies

【 上映中 】 今週のTFP的おすすめ映画

tfp recommends Movies
tfp recommends Movies
News/

【 上映中 】 今週のTFP的おすすめ映画

tfp recommends Movies

「今、観るべき」「今からでも観れる」映画を週替わりでご紹介。東京都心で公開中の映画を中心に、The Fashion Post (ザ・ファッションポスト) 編集部おすすめの作品を、大型シネコンからミニシアターまでセレクト (毎週火曜更新)。

5月24日〜5月30日

『帰らない日曜日』

© CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION, THE BRITISH FILM INSTITUTE AND NUMBER 9 FILMS SUNDAY LIMITED 2021

ニューヨーカー誌、タイム紙などが絶賛した作家 Graham Swift (グレアム・スウィフト) の小説『マザリング・サンデー』を映画化。第1次世界大戦後のイギリスを舞台に、メイドと名家の跡継ぎの秘密の恋を描いたラブストーリー。監督は、カンヌ国際映画祭常連の Eva Husson (エバ・ユッソン)。W主演をつとめたのは、今大注目の新星 Odessa Young (オデッサ・ヤング) と、大人気ドラマ『ザ・クラウン』で各賞を席巻したイギリスの俳優 Josh O’Connor (ジョシュ・オコナー)。さらに 『シングル・マン』(2009) の Colin Firth (コリン・ファース) と、ドラマ『ロスト・ドーター』の Olivia Colman (オリヴィア・コールマン) という、アカデミー賞受賞俳優の贅沢な共演が実現した。

公開日: 2022年5月27日
監督: Eva Husson (エバ・ユッソン)
出演: Odessa Young (オデッサ・ヤング)、 Josh O’Connor (ジョシュ・オコナー)、 Colin Firth (コリン・ファース)、 Olivia Colman (オリヴィア・コールマン)
HP: movies.shochiku.co.jp

『息子の面影』

©︎ Corpulenta Producciones

527日から公開される本作は、サンダンス国際映画祭での観客賞と審査員特別賞をW受賞するなど、世界中の映画祭で話題を呼んだ作品。メキシコ人監督の Fernanda Valadez (フェルナンダ・バラデス) がメガホンを取り、無名のキャストを起用して撮影した本作は、メキシコ国境近くを舞台に、失踪してしまった息子を探す母マグダレーナの旅路を描く。荒涼としたメキシコの大地を美しく切り取りながらも、今なおメキシコに残る貧困問題にフィーチャーした作品。

公開日: 2022年5月27日
監督: Fernanda Valadez (フェルナンダ・バラデス)
出演: Mercedes Hernandez (メルセデス・エルナンデス)、 David Illescas (ダビッド・イジェスカス)、 Juan Jesus Varela (フアン・ヘスス・バレラ)
HP: musuko-no-omokage.jp

『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』

©︎ Huanxi Media Group Limited

©︎ Huanxi Media Group Limited

北京2022冬季オリンピック・パラリンピックで開閉会式の総監督を務めたことでも注目を集めた Zhang Yimou (チャン・イーモウ) 監督が手がけた、映画を愛するすべての人に捧げるノスタルジックな人間ドラマ。本作の舞台は、文化大革命時代の中国。劇中ではフィルムの中に1秒だけ映し出されている娘の姿を追い求める父親と、幼い弟と暮らす貧しい少女リウの出会いが描かれる。娘が映った映画を観ようと強制労働所から脱走した父親を Zhang Yi (チャン・イー)、リウを新人の Liu Haocun (リウ・ハオツン) 、小さな村の映画館を仕切るファン電影を Fan Wei (ファン・ウェイ) が演じている。

公開日: 2022年5月20日
監督: Zhang Yimou (チャン・イーモウ)
出演: Zhang Yi (チャン・イー)、 Liu Haocun (リウ・ハオツン)、 Fan Wei (ファン・ウェイ)
HP: onesecond-movie.com

『ドンバス』

©︎ MA.JA.DE FICTION / ARTHOUSE TRAFFIC / JBA PRODUCTION / GRANIET FILM / DIGITAL CUBE

ウクライナとロシアの間で起きたドンバス戦争を描き、カンヌ国際映画祭ある視点部門監督賞を受賞した2018年製作の異色作。親ロシア派勢力とウクライナ軍との衝突が日常的に起こるウクライナ東部のドンバス地域で、フェイクニュースやプロパガンダによる情報戦の様子や国境を挟んで砲撃し合う兵士たちなど、実話を基にした複数のエピソードが映し出される。監督は『霧の中』『粛清裁判』を手がけた Sergei Losnitsa (セルゲイ・ロズニツァ)。

公開日: 2022年5月21日
監督: Sergei Losnitsa (セルゲイ・ロズニツァ)
出演: Tamara Yatsenko (タマラ・ヤツェンコ)、 Boris Kamorzin (ボリス・カモルジン)、 Thorsten Merten (トルステン・メルテン)
HP: www.sunny-film.com

『グロリアス 世界を動かした女たち』

©︎ 2020 The Glorias, LLC

©︎ 2020 The Glorias, LLC

 

女性解放運動のパイオニアとして活躍したグロリア・スタイネムと活動家の仲間たちとの物語。若き日のグロリアを演じたのは、『リリーのすべて』でアカデミー賞助演女優賞に輝いた Alicia Vikander (アリシア・ヴィキャンデル)40代以降を演じたのが、『アリスのままで』で同賞の主演女優賞を受賞した Julianne Moore (ジュリアン・ムーア)。世代を超えたオスカー女優の二人が、波乱に満ちた彼女の生涯を演じ切った。監督は『フリーダ』の Julie Taymor (ジュリー・テイモア) がつとめた。女性への性差別の問題が叫ばれている昨今。女性の地位向上のために立ち上がった、女性解放運動のパイオニアと呼ばれる彼女の勇姿を目にしてほしい。

公開日: 2022年5月13日
監督: Julie Taymor (ジュリー・テイモア)
出演: Julianne Moore (ジュリアン・ムーア)、 Alicia Vikander (アリシア・ヴィキャンデル)、 Timothy Hutton (ティモシー・ハットン)
HP: movie.kinocinema.jp

『春のソナタ (デジタル・リマスター版)』

生涯にわたって女性を描き続けたフランスの巨匠 Eric Rohmer (エリック・ロメール) 。本作は、世代も立場もばらばらな四つの恋模様を描く連作「四季の物語」の第1作。穏やかな春のパリを舞台に、3人の女と1人の男が織りなす恋愛ゲームの行方をつづったドラマ。「四季の物語」では、シリーズで唯一男性が主人公の『夏物語』、40代女性の恋と友情をテーマにした『恋の秋』、運命に弄ばれながら愛を探す主人公を見つめた『冬物語』の計4作がラインナップに並ぶ。

公開日: 2022年5月13日
監督: Eric Rohmer (エリック・ロメール)
出演: Anne Teyssedre (アンヌ・ティセードル)、 Florence DarelFlorence Darel (フロランス・ダレル)、 Hugues Quester (ユーグ・ケステル)
HP: rohmer-quatresaisons.jp

『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』

9232-2437 Quebec Inc – Parallel Films (Salinger) Dac ©︎ 2020 All rights reserved.

本作は1990年代のアメリカ・ニューヨークに構える老舗出版エージェンシーを舞台に、新人アシスタントであるジョアンナと上司マーガレットが信頼関係を築いていくさまが描かれる。ジョアンナを『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019) の Margaret Qualley (マーガレット・クアリー)、マーガレットを 『エイリアン』シリーズの名優 Sigourney Weaver (シガニー・ウィーバー) が演じた。オスカー受賞の衣装デザイナー Ann Roth (アン・ロス) が手がける1990年代ニューヨークのファッションもこの映画の見どころの一つだ。

公開日: 2022年5月6日
監督: Philippe Falardeau (フィリップ・ファラルドー)
出演: Margaret Qualley (マーガレット・クアリー)、 Sigourney Weaver (シガニー・ウィーバー)、 Douglas Booth (ダグラス・ブース) ほか
HP: bitters.co.jp/mynydiary

『マイスモールランド』

©︎ 2022「マイスモールランド」製作委員会

在日クルド人の少女が、在留資格を失ったことをきっかけに自身の居場所に葛藤する姿を描いた社会派ドラマ。『万引き家族』(2018)で知られる是枝裕和監督率いる映像制作集団「分福」の若手監督、川和田恵真のデビュー作であり、自ら書き上げた脚本をもとに映画化した。自身も5カ国のマルチルーツを持つモデルの嵐莉菜が映画初出演にして主演をつとめ、『MOTHER マザー』(2020)の奥平大兼が共演。2022年・第72回ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門に出品され、アムネスティ国際映画賞スペシャルメンションを贈られた本作をぜひチェックしてみて。

公開日: 2022年5月6日
監督: 川和田恵真
出演: 嵐莉菜、奥平大兼
HP: mysmallland.jp

『オードリー・ヘプバーン』

©︎ 2020 Salon Audrey Limited. ALL RIGHTS RESERVED.

『ローマの休日』で24歳にしてアカデミー主演女優賞を受賞し、スターへの道を駆け上がった Audrey Hepburn (オードリー・ヘプバーン) (1929-1993)。数々の名作映画に出演し、ファッションアイコンとしても世界中の女性たちの憧れの的となり、晩年にはユニセフ親善大使としての活動が高く評価されるなどの栄光に彩られた彼女の本当の生涯は、きらびやかさとは正反対のものだった。幼い頃の両親の離婚による父との別れ、第二次世界大戦下でナチスに対抗した少女時代の苦しみ、また自身も2度の離婚を経験し、度重なる流産を経て2人の息子を授かるなど、一人の人間として普遍的な不安や悩みを抱えながらも強く、前向きになって63年の人生を生き抜いた。本作では希少なアーカイブ映像や、彼女と親しい人々へのインタビュー映像をもとに、これまで隠されてきた Audrey Hepburn の一人の女性としての姿を描き出す。

公開日: 2022年5月6日
監督: Helena Coan (ヘレナ・コーン)
出演: Audrey Hepburn (オードリー・ヘプバーン)、 Sean Hepburn Ferrer (ショーン・ヘプバーン・ファーラー)、 Emma Kathleen Hepburn Ferrer (エマ・キャサリン・ヘプバーン)
HP: audrey-cinema.com

『TITANE/チタン』

©︎ KAZAK PRODUCTIONS – FRAKAS PRODUCTIONS – ARTE FRANCE CINEMA – VOO 2020

『RAW 少女のめざめ』(2016) で鮮烈なデビューを飾ったフランス人女性監督 Julia Ducournau (ジュリア・デュクルノー) の長編第二作目。頭にチタンを埋め込まれた主人公がたどる数奇な運命を描き、2021年・第74回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールに輝いた。主人公のアレクシアを演じるのは、本作で長編映画デビューを飾った Agathe Rousselle (アガト・ルセル)。キャストには『ティエリー・トグルドーの憂鬱』(2015) の Vincent Lindon (ヴァンサン・ランドン) 、『RAW 少女のめざめ』に出演した Garance Marillier (ギャランス・マリリエ) が名を連ねる。

公開日: 2022年4月1日
監督: Julia Ducournau (ジュリア・デュクルノー)
出演: Agathe Rousselle (アガト・ルセル)、 Vincent Lindon (ヴァンサン・ランドン)、 Garance Marillier (ギャランス・マリリエ)
HP:  gaga.ne.jp/titane

『パリ13区』

©︎ ShannaBesson ©︎ PAGE 114 - France 2 Cinema

©︎ ShannaBesson ©︎ PAGE 114 – France 2 Cinema

カンヌ国際映画祭パルムドール受賞『ディーパンの闘い』(2015) をはじめ数々の名作で世を驚かせてきた、今年70歳を迎える鬼才監督 Jacques Audiard (ジャック・オーディアール)。待望の最新作では、『燃ゆる女の肖像』(2019) で一躍世界のトップ監督となった Celine Sciamma (セリーヌ・シアマと、若手注目監督・脚本家の Lea Mysius (レア・ミシウスと共同で脚本を手がけた。チャイナタウンが位置するパリ13区を舞台に、大胆さと繊細さを併せ持つ女性のまなざし、そして圧倒的なモノクロの映像美で新しいパリの物語を描き出した。

公開日: 2022年4月22日
監督: Jacques Audiard (ジャック・オーディアール)
出演: Lucie Zhang (ルーシー・チャン)、 Makita Samba (マキタ・サンバ)、 Noemie Merlant (ノエミ・メルラン)
HP: longride.jp/paris13

『カモン カモン』

©︎ 2021 Be Funny When You Can LLC. All Rights Reserved.

©︎ 2021 Be Funny When You Can LLC. All Rights Reserved.

『ジョーカー』で狂気に満ちた演技を見せたアメリカの俳優 Joaquin Phoenix (ホアキン・フェニックス) が主演を務める本作は、独身生活を謳歌しているジャーナリストが、9歳の甥との共同生活で互いにぶつかり合いながらも成長し、大切な絆を育む様を描き出すヒューマンドラマ。監督・脚本を手掛けたのは、クリエイターからも絶大な支持を得ているマルチアーティストの Mike Mills (マイク・ミルズ)。 Joaquin Phoenix が見せる、『ジョーカー』とは180度違う人物像を演じた温かみのある演技力にも注目だ。

公開日: 2022年4月22日
監督: Mike Mills (マイク・ミルズ)
出演: Joaquin Phoenix (ホアキン・フェニックス)、 Woody Norman (ウッディ・ノーマン)、 Gaby Hoffmann (ギャビー・ホフマン)
HP: happinet-phantom.com/cmoncmon

『ベルイマン島にて』

©︎ 2020 CG Cinema - Neue Bioskop Film - Scope Pictures - Plattform Produktion - Arte France Cinema

©︎ 2020 CG Cinema – Neue Bioskop Film – Scope Pictures – Plattform Produktion – Arte France Cinema

本作は、20世紀最大の巨匠 Ingmar Bergman (イングマール・ベルイマン) が暮らした島を舞台に、インスピレーションを得ようとアメリカからやって来た映画監督のカップルが織りなすひと夏の物語。メガホンをとったのは彼の熱狂的な支持者である、『未来よ こんにちは』でベルリン国際映画祭銀熊賞に輝いた Mia Hansen-Love (ミア・ハンセン=ラブ) 監督。主演には『ファントム・スレッド』の Vicky Krieps (ビッキー・クリープス) 、ヒロインは『海の上のピアニスト』の Tim Roth (ティム・ロス) が演じる。美しい島の潮風や空気を感じながら、少し早めの夏気分が味わえる本作をぜひチェックして。

公開日: 2022年4月22日
監督: Mia Hansen-Love (ミア・ハンセン=ラブ)
出演: Vicky Krieps (ビッキー・クリープス)、 Tim Roth (ティム・ロス)、 Mia Wasikowska (ミア・ワシコウスカ)
HP: bergman-island.jp

『メイド・イン・バングラデシュ』

©︎ 2019 – LES FILMS DE L’APRES MIDI – KHONA TALKIES – BEOFILM – MIDAS FILMES

 

本作は、10代半ばからバングラデシュの労働闘争に関わってきた女性の実話をもとにした物語。大手アパレルブランドの工場が集まるバングラデシュの首都ダッカを舞台に、縫製工場で働く23歳の女性が厳しい労働環境や低賃金に苦しむ同僚たちと労働組合を結成すべく立ち上がるさまを描き出す。監督 Rubaiyat Hossain (ルバイヤット・ホセイン) によって3年以上のリサーチを経て完成された。『アンジェリカの微笑み』などで知られる撮影監督 Sabine lancelin (サビーヌ・ランスラン) による美しい映像にも注目。

公開日: 2022年4月16日
監督: Rubaiyat Hossain (ルバイヤット・ホセイン)
出演: Reekita Nondini Shimu (リキタ・ナンディニ・シム)、 Novera Rahman (ノベラ・ラフマン)
HP: pan-dora.co.jp/bangladesh

ふたつの部屋、ふたりの暮らし

©︎ PAPRIKA FILMS / TARANTULA / ARTEMIS PRODUCTIONS – 2019

本作では南フランスを舞台に、向かいあったアパルトマン最上階に住むふたりの女性の密かな関係を描き出す。監督は本作が長編デビュー作となるイタリアの新たな才能 Filippo Meneghetti (フィリッポ・メネゲッティ) が務める。『ハンナ・アーレント』(2012) の Barbara Sukowa (バルバラ・スコヴァ) と『ぜんぶ、フィデルのせい』(2006)の Martine Chevallier (マルティーヌ・シュバリエ) らベテラン女優がW主演するほか、共演者には Lea Drucker (レア・ドリュッケール)、 Muriel Benazeraf (ミュリエル・ベナゼラフ) らが名を連ねている。

公開日: 2022年4月8日
監督: Filippo Meneghetti (フィリッポ・メネゲッティ)
出演: Barbara Sukowa (バルバラ・スコバ)、 Martine Chevallier (マルティーヌ・シュバリエ)、 Lea Drucker (レア・ドリュッケール)
HP: deux-movie.com

『親愛なる同志たちへ』

©︎ Produced by Production Center of Andrei Konchalovsky and Andrei Konchalovsky Foundation for support of cinema, scenic and visual arts commissioned by VGTRK, 2020

©︎ Produced by Production Center of Andrei Konchalovsky and Andrei Konchalovsky Foundation for support of cinema, scenic and visual arts commissioned by VGTRK, 2020

『暴走機関車』(1985) などで知られるロシアの巨匠 Andrey Konchalovskiy (アンドレイ・コンチャロフスキー) が手がけた本作は、1962年にソ連の地方都市でありウクライナにほど近い町ノボチェルカッスクで実際に起こった虐殺事件と向き合ったヒューマン・ドラマ。ソ連崩壊後の1992年まで30年間、国家に隠ぺいされてきた衝撃的な歴史の真実に迫った作品である。第77回ヴェネチア国際映画祭で審査員特別賞を受賞し、第93回米アカデミー賞国際長編映画賞・ロシア代表に選定されるなど、世界各国で絶賛を博している注目作だ。

公開日: 2022年4月8日
監督: Andrey Konchalovskiy (アンドレイ・コンチャロフスキー)
出演: Julia Vysotskaya (ユリア・ビソツカヤ)、 Andrei Gusev (アンドレイ・グセフ)、 Vladislav Komarov (ウラジスラフ・コマロフ)
HP:  shinai-doshi.com

『スパークス・ブラザーズ』

©︎ 2021 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED

©︎ 2021 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED

兄ロンと弟ラッセルのメイル兄弟からなる Sparks (スパークス) は、デビュー以来、謎に包まれた唯一無二のバンド。本作はそんな彼らの半世紀にも渡る活動を貴重なアーカイブ映像や Sparks が影響を与えた豪華アーティストたちのインタビューと共にふり返る音楽ドキュメンタリー。監督は自身初のドキュメンタリー映画となる、『ベイビー・ドライバー』『ラストナイト・イン・ソーホー』を手がけた Edgar Wright (エドガー・ライト) が務めた。アメリカを代表するアーティスト Beck (ベック)、 Red Hot Chili Peppers (レッドホットチリペッパーズ) の Flea (フリー)、ロックバンドの Franz Ferdinand (フランツ・フェルディナンド)、アイスランド出身の歌姫 Bjork (ビョーク) ら錚々たるアーティストがインタビューに出演している。

公開日: 2022年4月8日
監督: Edgar Wright (エドガー・ライト)
出演: Ron Mael (ロン・メイル)、 Russell Mael (ラッセル・メイル)
HP: www.universalpictures.jp/micro/sparks-brothers

『アネット』

©︎ 2020 CG Cinema International / Theo Films / Tribus P Films International / ARTE France Cinema / UGC Images / DETAiLFILM / Eurospace / Scope Pictures / Wrong men / Rtbf (Televisions belge) / Piano

©︎ 2020 CG Cinema International / Theo Films / Tribus P Films International / ARTE France Cinema / UGC Images / DETAiLFILM / Eurospace / Scope Pictures / Wrong men / Rtbf (Televisions belge) / Piano

『汚れた血』『ポンヌフの恋人』など、圧倒的な美的センスと演出力によって、世の中に衝撃を与えてきたフランスの鬼才 Leos Carax (レオス・カラックス) による最新作。「⽗親になってからの映画」と特別な想いを寄せる本作は、ダークでファンタジックなおとぎ話を繰り広げるロック・オペラ・ミュージカル。主演には『スターウォーズ』シリーズや『パターソン』などで知られる Adam Driver (アダム・ドライバー)、ヒロインにはオスカー女優としても高い評価を得る Marion Cotillard (マリオン・コティヤール) が名を連ねる。

公開日: 2022年4月1日
監督: Leos Carax (レオス・カラックス)
出演: Adam Driver (アダム・ドライバー)、 Marion Cotillard (マリオン・コティヤール)、 Simon Helberg (サイモン・ヘルバーク)、水原希子、福島リラ
HP: annette-film.com

『英雄の証明』

©︎ 2021 Memento Production Asghar Farhadi Production ARTE France Cinema

『別離』(2011)、『セールスマン』(2013)でアカデミー外国語映画賞を2度受賞するなど世界的に高い評価を受けるイランの名匠 Asghar Farhadi (アスガー・ファルハディ) 監督による最新作。イランの古都シラーズを舞台に、社会に渦巻く歪んだ正義と不条理を、現代に生きる私たちに突きつけてくるヒューマンサスペンス。キャストにはイランの俳優 Amir Jadidi (アミール・ジャディディ)、Mohsen Tanabandeh (モーセン・タナバンデ) を起用。第74回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した注目作をお見逃しなく。

公開日: 2022年4月1日
監督: Asghar Farhadi (アスガー・ファルハディ)
出演: Amir Jadidi (アミール・ジャディディ)、 Mohsen Tanabandeh (モーセン・タナバンデ)、 Sahar Goldust (サハル・ゴルデュースト)
HP: synca.jp/ahero

『ちょっと思い出しただけ』

©︎2022『ちょっと思い出しただけ』製作委員会

『アフロ田中』(2012) で長編監督デビューをし、『くれなずめ』(2021) など独創的な作品を作り上げる監督・松居大悟。最新作となるのは、 ロックバンド・クリープハイプの尾崎世界観が、Jim Jarmusch (ジム・ジャームッシュ) 監督の映画『ナイト・オン・ザ・プラネット』(1991) からインスパイアされた新曲「ナイトオンザプラネット」をもとに、松居が書き上げた初の完全オリジナルラブストーリー。主演には池松壮亮、恋人役は伊藤沙莉が務める。さらに、ジム・ジャームッシュ監督の『ミステリー・トレイン』(1989)、『パターソン』(2016) に出演した永瀬正敏ほか、國村隼や成田凌ら実力派のキャスト陣が集結。『ナイト・オン・ザ・プラネット』がもしも東京で撮られていたら?とイメージされる本作では、劇中のいたる所に『ナイト・オン・ザ・プラネット』を想起するようなシーンも登場する。

公開日: 2022年2月11日 (金)
監督: 松居大悟
出演: 池松壮亮、伊藤沙莉、永瀬正敏、國村隼、成田凌ほか
主題歌: クリープハイプ「ナイトオンザプラネット」(ユニバーサル シグマ)
制作・配給: 東京テアトル
HP: choiomo.com

share