TFP Recommends Exhibitions

【 開催中 】 今週のTFP的おすすめ展覧会

HyperFocal: 0 ©︎ Kiyotaka Hamamura

TFP Recommends Exhibitions
TFP Recommends Exhibitions
News/

【 開催中 】 今週のTFP的おすすめ展覧会

TFP Recommends Exhibitions

edit & text: mikiko ichitani

“アート” と一言に言えど、その種類は絵画をはじめ、写真、彫刻、インスターレションなど数知れず。TFPでは、国立美術館から街中のギャラリーまで数多開催される展覧会の中から、毎週20展をピックアップしてご紹介。今週は何を観に行く?

※新型コロナウイルスの感染予防の取り組みに関する最新の情報については、各施設の公式サイトにてご確認をお願いします。

4月22日〜4月29日

服部恭平〈Anytime!

東京を拠点にフォトグラファー、そしてファッションモデルとして活動する服部恭平による写真展。会場では、2016年から2021年の間、世界が閉鎖的な状況に至るまでの過程で国内外で撮影された写真群を展示。人物のポートレートやどこかで見たことがあるような風景など身近なモチーフが彼の独特な視点で切り取られ、大小様々な紙に出力されたそれらの写真は、自宅のクローゼットの内側を彷彿とさせるような複数の身近な視点の関係性として空間に再構成される。カメラという一つの視点を通して横断する「外側」と「内側」という二つの関わりをぜひ間近で体感してみて欲しい。

場所: Printed Union
住所: 東京都渋谷区神宮前 6-32-7 近藤ビル1F
開催期間: 4月23日(金)〜5月7日(金)
営業時間: 14:00~20:00
定休日: 月曜日、火曜日
入場料: 無料
HP: www.printed-union.com 

濱村健誉Mars

©︎ Kiyotaka Hamamura

©︎ Kiyotaka Hamamura

TFP をはじめ、多くのファッション誌のエディトリアルや、広告ビジュアルなどを手掛ける写真家・濱村健誉による個展が開催。およそ4年あまりの歳月を掛けたという本作は、火星という未知なる大地をテーマに、コンセプチュアルかつストレートな写真表現で、観るものの想像力を掻き立てる内容となっている。「今また時代は変わりつつある。立ち止まる事も、後退する事も選ばずに、前に進むことを選んだ人間はこの先どこへいくのだろうか。」作家がステートメントに記した問いを、作品を通して一緒に考えてみたい。

場所: IID Gallery 世田谷ものづくり学校
住所: 東京都世田谷区池尻 2-4-5
開催期間: 4月20日(火)〜4月25日(日)
営業時間: 11:00~18:00 ※最終日は17:00閉場
定休日: 会期中無休
入場料: 無料
作家HP: kiyotakahamamura.com

TADANOBU ASANO EXHIBITIONFREAK

俳優、ミュージシャン、画家と様々な顔を持つ表現者 浅野忠信の新作個展が PARCO MUSEUM TOKYO (パル コミュージアムトーキョー) にて開催。会場は、画家デビュー期の巨大なキャンバス画から、展覧会場にて完成を予定している真新しいオブジェまで、約250点の作品で埋め尽くす構成となる。会場では、作品の中から厳選した13作品をネオシルク版画として販売するほか、オリジナルグッズなどの販売も行う。

場所: PARCO MUSEUM TOKYO
住所: 東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷 PARCO 4F
開催期間: 4月9日(金)〜4月25日(日)
営業時間: 11:00~20:00 ※最終日は18:00閉場
定休日: 会期中無休
入場料: 一般 ¥700、学生 ¥500、小学生以下無料
HP: art.parco.jp

山下紘加〈コスモスは思い出した

Hiroka Yamashita, 真昼の塩田 Midday Saltpan, 2021 Acrylic and oil on canvas, 145.5x227.3cm ©THE CLUB

Hiroka Yamashita, 真昼の塩田 Midday Saltpan, 2021 Acrylic and oil on canvas, 145.5×227.3cm ©THE CLUB

岡山を拠点に活動する山下紘加。18歳で単身アメリカに渡り、現地の学校を卒業後NYを拠点に活動。2019年に帰国し、今回待望の個展となっている。彼女ならではの、日常に垣間見える景色や感情をすくい上げ、西洋画と日本画の技術を織り交ぜながらキャンバスに描き出された作品群。これらについて山下は「生きものとしての自由で自然な姿、愛や生活のシーンを描いていくことは、命に優劣をつけたり、人を “リソース” として語る現代に対する私のプロテストです」とコメントを寄せている。

場所: THE CLUB
住所: 東京都中央区銀座6-10-1
開催期間: 3月27日(土)〜5月6日(木)
営業時間: 12:00~19:00 ※平日12時~16時は予約制、平日16時以降、土曜日終日は、一般公開
定休日: 日曜日、月曜日
入場料: 無料
予約フォーム: airrsv.net/theclub/calendar
HP: theclub.tokyo

share