Bottega Veneta Names Daniel Lee As Its Creative Director

NEWS & EVENT | Jun 18, 2018 8:00 AM
Bottega Veneta (ボッテガ・ヴェネタ) のクリエイティブ・ディレクターに Daniel Lee (ダニエル・リー) が2018年7月1日付けで就任することが発表された。
© Bottega Veneta

© Bottega Veneta

Bottega Veneta (ボッテガ・ヴェネタ) のクリエイティブ・ディレクターに Daniel Lee (ダニエル・リー) が2018年7月1日付けで就任することが発表された。

17年間 Bottega Veneta を手掛けてきた Tomas Maier (トーマス・マイヤー) の後任としてクリエイティブ・ディレクターに新たに就任したのは、Céline (セリーヌ) のレディ・トゥ・ウェアの前ディレクターである Daniel Lee。若干32歳にして Bottega Veneta を任せられた同氏は、ロンドン芸術大学、セントラル・セント・マーチンズでデザインを専攻した後、Maison Margiela (メゾン・マルジェラ) や Balenciaga (バレンシアガ)、Donna Karan (ダナ・キャラン) などでこれまで経験を積んできた。

Kring (ケリング) 会長兼CEOの Francois-Henri Pinault (フランソワ=アンリ・ピノー) は、下記のようにコメント。
「ボッテガ・ヴェネタのクリエイティブ・ディレクターとしてダニエル・リーを迎えることを非常に嬉しく思います。彼のパーソナルでありながらも創造的なアプローチは際立ったヴィジョンを創り上げ、ボッテガ・ヴェネタの歴史における新たなチャプターを切り開くと確信しています。彼は仕事に対し非常に厳密であり、アトリエでのノウハウも豊富です。素材に対して情熱を持つエネルギーに満ち溢れた彼が、ボッテガ・ヴェネタを今後どのように形づくるのか楽しみにしています」

Daniel Lee も「ボッテガ・ヴェネタが50年以上に亘り、創り上げたものを受け継ぐことを非常に誇りに思い、同時に大変興奮しています。ブランドに根差した調和、職人技、品質、洗練さを残しつつ、新たなモダニティへと発展させていくことを心待ちにしています」と意気込みを語っている。

HP: www.bottegaveneta.com

Related Articles

Connect with The Fashion Post