How To KeepA Dewy,Hydrated LookAll Day

TRENDS Jan 26, 2018 9:00 PM

スキンケア直後のツヤを保つには

Photo by Yusuke Miyashita

コレクション期間中はショーのバックステージ以上に、フロントローに座るセレブリティたちのヘアメイクを手掛けることが多いという HISANO KOMINE =ヘア&メイクアップ・アーティスト。そんなファッションシーンの最前線で、トレンドとリアルのバランス感覚を鍛え抜いている彼女が、今気になっている新作&限定コスメをレコメンドするビューティトレンド連載。毎週2アイテムずつ、真似しやすいデイリールックに落とし込んで紹介していく (最終回)。

1日のうち肌が最も輝くのは、スキンケア直後。このコンディションがずっと続けばいいのにと、朝晩、鏡を見ながら思っている人も少なくないのでは。すべては潤いからはじまるといっても過言ではない2018年春夏のビューティルックは、まさにこの  “潤い由来” のツヤとハリが最大の関心事に。スキンケアからメイクアップへ、潤いのリレーを続けるための新しいマストハブ、最新ハイライターを今回はご紹介。

外出先で乾いた唇にリップバームを塗るような感覚で、いつでもどこでも、どんなファンデーションの上からも使えるDECORTÉ (デコルテ) のハイライター。「Tゾーンと、目の横のCゾーン、まぶたの上にもたっぷり塗布。光のマジックで立体感が出ます。昼下りのくすんだ肌や、メイク直し時に投入するのもおすすめです」(KOMINE)。

もうひとつのツヤメキポイントは唇。数ある新作リップの中から、艶の高さ重視で選んだのは、SHU UEMURA (シュウウエムラ) の新生「ラック シュプリア」。「ひと塗りで漆器のようなツヤ。同じ赤でも、今シーズンのグロスは透明感があって、みずみずしさが際立ちます」。

(上から) どんなファンデーションも崩すことなく、保湿由来のツヤをオン。触れた瞬間、肌の温度でとろけるテクスチャーも心地いい。DECORTÉ ディップ イン グロウ 001 ¥3,500 (2/16発売)。パッケージリニューアルとともに、全16色へ。今回使用したのは、シックで大胆なクリアレッド。SHU UEMURA ラック シュプリア RD05 ¥3,200

(上から) どんなファンデーションも崩すことなく、保湿由来のツヤをオン。触れた瞬間、肌の温度でとろけるテクスチャーも心地いい。DECORTÉ ディップ イン グロウ 001 ¥3,500 (2/16発売)。パッケージリニューアルとともに、全16色へ。今回使用したのは、シックで大胆なクリアレッド。SHU UEMURA ラック シュプリア RD05 ¥3,200

Connect with The Fashion Post