1678 / TODAY Exhibition Project By Sandome No Kyoto

ART | Jun 29, 2015 12:22 PM
タイポグラフィ中心の古書を取り扱うBOOK AND SONS (ブックアンドサンズ) で、“明朝体” の起源にせまる『三度目の京都「1678 / TODAY」展』が7月12日 (日) より開催される。
© 三度目の京都

© 三度目の京都

タイポグラフィ中心の古書を取り扱うBOOK AND SONS (ブックアンドサンズ) で、“明朝体” の起源にせまる『三度目の京都「1678 / TODAY」展』が7月12日 (日) より開催される。

木版や活字による活版印刷用の書体として生まれた明朝体は、国の重要文化財にも指定されている一切経の版木 (京都萬福寺の宝蔵院に収蔵) が起源となっており、原稿用紙や明朝体など今日の「図書・印刷」のルーツとされている。その一切経の版木から、明朝体のように現在に残るカタチの語源を、写真と映像の展示物を交えて探求するというのが本展の試みだ。

© 三度目の京都

© 三度目の京都

三度目の京都」とは、中島光行 (写真家)、米原有二 (工芸ジャーナリスト)、須藤和也 (写真家・映像作家) からなる編集チームのプロジェクトで、個々の視点から京都の魅力を自主的にアーカイブし、発信している。会場1階では写真&映像の展示とともに「三度目の京都 オリジナル明朝体」を配布。2階では、「三度目の京都」によるアーカイブ展に合わせ、これまでに刊行した書籍『A PRIVATE KYOTO TRAVELOGUE』の販売も行われる。

© 三度目の京都

© 三度目の京都

© 三度目の京都

© 三度目の京都

<イベント情報>
三度目の京都「1678 / TODAY」展
会期: 7 月12日 (日) ~ 20日 (月・祝)
時間: 平日 12:00 〜 20:00、土日祝 10:00 〜 20:00 (最終日〜19:00)
場所: BOOK AND SONS
住所: 東京都目黒区鷹番2-13-3 キャトル鷹番
HP: bookandsons.com/blog/shop-info/1678_today.php
*レセプション: 7月20日 (月・祝) 14:00 ~ 15:00

問い合わせ先/BOOK AND SONS 03-6451-0845
HP: bookandsons.com

Related Articles