Repossi Opens Place Vendôme Flagship Boutique

JEWELRY & WATCH | Jul 8, 2016 8:00 AM
イタリア、トリノ発祥のオートクチュールジュエラー、Repossi (レポシ) は4日、パリのヴァンドーム広場に新たなブティックをオープンした。2007年に創業一家3代目にあたる Gaia Repossi (ガイア・レポシ) がクリエイティブ・ディレクターに就任し、従来のイメージを覆す斬新なデザインと現代的なビジュアルで人気を博す同メゾン。
クリエイティブ・ディレクターの Gaia Repossi。ブティックのオープニングにて。| Photo by Shunsuke Okabe

クリエイティブ・ディレクターの Gaia Repossi。ブティックのオープニングにて。| Photo by Shunsuke Okabe

イタリア、トリノ発祥のオートクチュールジュエラー、Repossi (レポシ) 4日、パリのヴァンドーム広場に新たなブティックをオープンした。2007年に創業一家3代目にあたる Gaia Repossi (ガイア・レポシ) がクリエイティブ・ディレクターに就任し、従来のイメージを覆す斬新なデザインと現代的なビジュアルで人気を博す同メゾン。初の旗艦店となる同店舗の設計を手掛けたのは、Rem Koolhaas (レム・コールハース) 率いる OMAだ。スリークなシルバーを基調にした3階建て、述べ90平米の店内は、「ストリート」、「ギャラリー」、そして「サロン」の3つのコンセプトで構成される。

まず店内に入って最初に目に付くのは、壁一面を覆うミラー。一定の速度で回転するこれらの壁面の内側にはそれぞれジュエリーが収められており、まるで自動販売機のように一つ一つの作品が登場する仕掛けだ。2階へ上ると目の前に広がるのは、Repossi のフルコレクションを揃える「ギャラリー」スペース。Rem Koolhaas らしい金属的な質感で統一されたこのフロアでは、アブストラクトなデザインが特徴的な「White Noise」や、ジオメトリックなシェイプの「Antifer」など、メゾンを象徴するコレクションが一堂に会する。

よりじっくりと、時間をかけてジュエリーを吟味したいという人は、是非地下の「サロン」スペースへ。その名の如く、インティメイトなサロンをイメージしたこのフロアでは、顧客一人一人の要望に応じて、Repossi のフルコレクションだけでなく、オートクチュールのジュエリーをパーソナルオーダーすることも可能だ。

Courtesy of Repossi

Courtesy of Repossi

Courtesy of Repossi

Courtesy of Repossi

Courtesy of Repossi

Courtesy of Repossi

Courtesy of Repossi

Courtesy of Repossi

Courtesy of Repossi

Courtesy of Repossi

Courtesy of Repossi

Courtesy of Repossi

Courtesy of Repossi

Courtesy of Repossi

Courtesy of Repossi

1/15
店舗情報
店舗名 Repossi ヴァンドームブティック
住所 6 Place Vendôme
HP www.repossi.com

Related Articles

Connect with The Fashion Post