Grace Coddington, Kate Moss & Naomi Campbell To Join British Vogue

NEWS & EVENT | Jul 8, 2017 10:00 AM
8月の正式な着任を控える新編集長 Edward Enninful (エドワード・エニンフル) のもとで着実に生まれ変わろうとしている英国版『Vogue (ヴォーグ)』から、またしても新たなニュースが届いた。『Vogue』の大御所である Grace Coddington (グレース・コディントン) やモデルの Kate Moss (ケイト・モス)、Naomi Campbell (ナオミ・キャンベル) らが新たに同誌に参画することが『WWD』によって報じられている。

8月の正式な着任を控える新編集長 Edward Enninful (エドワード・エニンフル) のもとで着実に生まれ変わろうとしている英国版『Vogue (ヴォーグ)』から、またしても新たなニュースが届いた。『Vogue』の大御所である Grace Coddington (グレース・コディントン) やモデルの Kate Moss (ケイト・モス)、Naomi Campbell (ナオミ・キャンベル) らが新たに同誌に参画することが『WWD』によって報じられている。

60年代にモデルとして活躍した後、19年間英国版『Vogue』でジュニアエディターとして務め、1988年より米国版『Vogue』のクリエイティブディレクターとして同誌に大きく貢献してきた Grace Coddington がカムバック。これまでに米国版『Vogue』で仕事を共にしてきた経験を持つ Edward Enninful のもとで、英国版『Vogue』のコントリビューターに新たに就任することが明らかになった。また、『SHAME -シェイム-』や『それでも夜は明ける』で知られるイギリス人映画監督の Steve McQueen (スティーヴ・マックイーン)、スーパーモデルの Kate Moss や Naomi Campbell もコントリビューティング・エディターとして同誌に参加するという豪華さだ。

2017年1月に25年間同誌の編集長を務めてきた Alexandra Shulman (アレキサンドラ・シュールマン) が引退を発表した後、ファッションディレクターの Lucinda Chambers (ルシンダ・チェンバース)、副編集長の Emily Sheffield(エミリー・シェフィールド) が続々と退任を発表。Edward Enninful は、新たなファッションディレクターとしてスタイリスト兼フォトグラファーの Venetia Scott (ヴェネチア・スコット) を起用したばかり。今後もスタッフ編成が改変されていく見込みの英国版新生『Vogue』から目が離せなそうだ。

 

Related Articles

Connect with The Fashion Post