Musee des Arts Decoratifs "Christian Dior, Couturier du Reve" Exhibition

Dior (ディオール) がパリ装飾芸術美術館にて、大回顧展「クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ」を開催

Musee des Arts Decoratifs "Christian Dior, Couturier du Reve" Exhibition
Musee des Arts Decoratifs "Christian Dior, Couturier du Reve" Exhibition
News/

Dior (ディオール) がパリ装飾芸術美術館にて、大回顧展「クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ」を開催

Musee des Arts Decoratifs "Christian Dior, Couturier du Reve" Exhibition

2017年7月5日(水) から2018年1月7日(日)までの期間、Dior (ディオール) はパリ装飾芸術美術館にて Christian Dior (クリスチャン・ディオール) によるデビューコレクションから70年という節目を祝したエキシビション「クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ」を開催する。

Photography by Adrien Dirand | ©︎ Dior

Photography by Adrien Dirand | ©︎ Dior

2017年7月5日(水) から2018年1月7日(日)までの期間、Dior (ディオール) はパリ装飾芸術美術館にて Christian Dior (クリスチャン・ディオール) によるデビューコレクションから70年という節目を祝したエキシビション「クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ」を開催する。

約3,000平方メートルのスペースを有する会場では 1947年から現在までのデザインの中から厳選された、300 点以上のオートクチュール ドレスを展示。メゾン創設者とその後継者である Yves Saint-Laurent (イヴ・サンローラン)、Marc Bohan (マルク・ボアン)、Gianfranco Ferré (ジャンフランコ・フェレ)、John Galliano (ジョン・ガリアーノ)、Raf Simons (ラフ・シモンズ)、そして Maria Grazia Chiuri (マリア・グラツィア・キウリ) の初のクチュール コレクションまで、Dior の70年の歴史を回顧する。

Christian Dior の幼少期、海に面したノルマンディの別荘で過ごした時代から始まり、生涯 Christian Dior に多くのインスピレーションを与えた絵画や彫刻をはじめ、壁紙、布地、磁器、シノワズリなどを展示。彼の生活を美しく豊かに彩るあらゆる物が、いかにクリエイションへと結びついたのかを知ることができる。

続くフロアでは、Dior の後継者たちがメゾンの精神に刻み込んだテーマをひとつひとつ展開していく。アート、写真、多彩なカラ ーとテクスチャー、パリのエスプリあふれるエレガンス、新古典主義様式の装飾、異国への憧れ、フローラルモチーフ…。舞台装飾を手がける Nathalie Criniere (ナタリー・クリニエール) は、画廊やアトリエ、街路、私室、美しい庭を表現するデコレーションとともに展示し、クチュリエの志を継いだすべてのデザイナーに共通する感性、そしてそれぞれの個性とインスピレーション源を映し出す。

展覧会を締めくくるのは、ヴェルサイユ宮殿の鏡の間にインスパイアされ、豪華なボールルームと化したホール。モナコのグレース王妃、ダイアナ妃、Charlize Theron (シャーリーズ・セロン)、Jennifer Lawrence (ジェニファー・ローレンス) など、Dior を愛した名だたる顧客が着用した豪華絢爛なイブニングドレスが飾られる。

Photography by Adrien Dirand | ©︎ Dior

Photography by Adrien Dirand | ©︎ Dior

今回の展覧会に出展される作品の大部分は Dior のヘリテージコレクションに属するもので、パリで初公開となる作品も少なくない。その他、装飾芸術美術館およびフランス服飾芸術連合、ガリエラ美術館、ニューヨークのメトロポリタン美術館衣装研究部門、ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館、サンフランシスコのデ・ヤング美術館、ピエール・ベルジェ=イヴ・サンローラン財団、ロンドン博物館、グランヴィルのクリスチャン・ディオール博物館のコレクションからの特別出展も並ぶ。また、ルーヴル美術館、オルセー美術館、オランジュリー美術館、ヴェルサイユ宮殿、ポンピドゥーセンター、装飾芸術美術館および多数のプライベートコレクションから貸与された。また、様々な時代を代表する貴重な美術作品はルーヴル美術館、オルセー美術館、オランジュリー美術館、ヴェルサイユ宮殿、ポンピドゥーセンター、装飾芸術美術館および多数のプライベートコレクションからの貸与で展示されている。

7月3日(月)の夜に行われた、オープニングイベントには世界中から駆けつけた多くのセレブリティが出席。日本からはモデルの畠山千明の姿も。錚々たる顔ぶれの中でも強い存在感を放っていた。1947 年春夏コレクションで「ニュールック」を発表して以来、20 世紀ファッション界の中心的存在として君臨し続けている Dior 。今年のバカンスはファッション界における数々の革新をもたらした、メゾンの功績を讃えるエキシビジョンに足を伸ばしてみるのはいかがだろう。

 

問い合わせ先/クリスチャン ディオール 0120-02-1947
Instagram: @dior
HP: www.dior.com

share