The LookStarringShioli KutsunaInTOGA

TRENDS May 5, 2018 5:52 PM

女優・忽那汐里が魅せる TOGA (トーガ) 2018年春夏コレクション vol.1

20周年という大きな節目を迎えた TOGA (トーガ)、時代と共に変遷を経ながらもそこに通底するのはデザイナー・古田泰子の確固たる女性像だ。今や世界から認められるブランドにまで成長した TOGA だが、その服には東京という街の危うさを孕んだ独特の湿っぽさが宿っている。いつだって TOGA は TOGA であり続け、私たちの心を揺さぶり続けてやまないのだ。女優としてキャリアをスタートさせてから10年を迎えた女優・忽那汐里もまた、国内外で活躍の場を精力的に広げながらも TOGA が内包する独特の世界観に共鳴する女性のひとり。TOGA のヴィジュアルをこれまで数多く手掛けてきた写真家・鈴木親は今回、そんな彼女にレンズを向けた。夢のようなチームが実現し、今ここに TOGA の20周年を記念した特別なファッションストーリーをお届けします。

ドレス (上) ¥118,000、ドレス (下) ¥107,000、ベルト ¥13,000、全て TOGA (トーガ)

ドレス (上) ¥118,000、ドレス (下) ¥107,000、ベルト ¥13,000、全て TOGA (トーガ)

ドレス (上) ¥118,000、ドレス (下) ¥107,000、ベルト ¥13,000、全て TOGA (トーガ)

オーストラリアで生まれ育ち、14歳で女優を志して日本に拠点を移した忽那汐里は、その類い稀なるバックグラウンドを活かし、ワールドワイドな活躍で注目を集める25歳だ。全日本国民的美少女コンテストで審査員特別賞を受賞し、女優としてデビューを果たした後、華々しい経歴を歩んできた彼女は近年、新たなステージに歩みを進めている。

ホウ・シャオシェン監督作『黒衣の刺客』(2015)や日本・トルコ合作の『海難1890』(2015)をはじめ、Jared Leto (ジャレッド・レト) 主演の Netflix (ネットフリックス) オリジナル映画『アウトサイダー』(2018) に出演するなど、ここ数年は意欲的に海外作品へ挑戦。現在公開中の平柳敦子監督による日米合作映画『オー・ルーシー!』では、ヒロインの姪であり、映画のキーパーソンとも言うべき美花役を熱演している。同作は、カンヌ国際映画祭批評家週間で日本人監督作品としては10年ぶりに正式招待されるという快挙を成し遂げた話題作だ。また、日本では2018年6月1日に公開が予定されているマーベル史上最も過激と謳われた『デッドプール』の続編『デッドプール2』にも出演することが明らかになっている。忽那汐里が演じる役柄はまだまだベールに包まれたままだが、ハリウッド映画の中でも屈指の超大作だけに、大きな期待が寄せられている。

【関連記事】
女優・忽那汐里が魅せる TOGA (トーガ) 2018年春夏コレクション vol.1
女優・忽那汐里が魅せる TOGA (トーガ) 2018年春夏コレクション vol.2
女優・忽那汐里が魅せる TOGA (トーガ) 2018年春夏コレクション vol.3
女優・忽那汐里が魅せる TOGA (トーガ) 2018年春夏コレクション vol.4

Connect with The Fashion Post