TOGA & Theseus Chan Create New Issue Of "WERK" Magazine

NEWS & EVENT | Nov 29, 2017 12:00 PM
今年、生誕20周年を迎えた TOGA (トーガ) が著名アートディレクター Theseus Chan (テセウス・チャン) による雑誌『WERK (ヴェルク)』とタッグを組み、『TOGA-WERK (トーガ・ヴェルク)』を12月2日に発売する。
『TOGA-WERK No.25: ARCHIVES』 ¥11,000

『TOGA-WERK No.25: ARCHIVES』 ¥11,000

今年、生誕20周年を迎えた TOGA (トーガ) が著名アートディレクター Theseus Chan (テセウス・チャン) による雑誌『WERK (ヴェルク)』とタッグを組み、『TOGA-WERK (トーガ・ヴェルク)』を12月2日に発売する。

デザイナー、古田泰子による TOGA は、長きにわたってブランドのヴィジュアルを撮影してきた写真家・鈴木親による膨大なイメージをアーカイヴした『TOGA-WERK No.25: ARCHIVES』を発表。「シンガポールの国宝」とも喩えられ、数々の受賞経験を持つ世界トップレベルのクリエイター Theseus Chan が2000年にインディペンデント・ヴィジュアル誌として創刊した『WERK』は、印刷物の常識を根底から覆し続け、世界的に非常に高い評価を得ている雑誌のひとつだ。雑誌の紙をバーナーで焦がす、蛍光塗料をスプレーする、大きな穴を開ける、折りたたまれた紙や手作業で作られた紙のパッチワークを表紙に施すなど、型破りで手の込んだ類稀なる造本のアイディアとテクニックで常に世の中を驚かせてきた。そんな同誌と TOGA の世界観が融合されたことで生み出された『TOGA-WERK』は、手作業によって造本され、1冊ずつが異なるユニークなアートピースに仕上げられたという至極の一冊。菊地凛子、安藤サクラ、福島リラ、坂本慎太郎、加瀬亮、染谷将太、Kohh、Doona Bae (ぺ・ドゥナ)、Devendra Banhart (デヴェンドラ・バンハート) ら TOGA らしい顔ぶれが紙面には登場している。

1/5

『TOGA-WERK No.25: ARCHIVES』は、TOGA 原宿店と大阪店、BOOKMARC (ブックマーク)、代官山蔦屋書店、銀座蔦屋書店にて先行販売。発売日当日の12月2日には、BOOKMARC にて古田泰子、鈴木親、Theseus Chan によるサイン会を開催。続いて、12月8日には代官山蔦屋書店にてトークショーが開催される。また、BOOKMARC、代官山蔦屋書店、銀座蔦屋書店ではそれぞれ店舗限定のTシャツとキャップもお目見え。紙面から抜粋されたイメージがプリントされたTシャツは是非ともこの機会に手に入れていただきたい。

書籍情報
書籍名 TOGA-WERK No.25: ARCHIVES
発行 株式会社トーガアーカイブス
体裁 225mm×305mm(A4判変形)
ページ数 200ページ
価格 ¥11,000
エディション 限定800冊
問い合わせ先  TOGA 原宿店 03-6419-8136
HP www.toga.jp
Related Articles

Connect with The Fashion Post