history of ALAÏA

1981年、アズディン・アライアがクリストフ・フォン・ウェイエと共にメゾン・アライアを設立。

ALAÏA

In 1981, Azzedine Alaïa established Maison Alaïa together with Christoph von Weyhe. Alaïa was born in Tunis, Tunisia in 1935. After graduating from a local art school, he worked as a dress manufacturer. He moved to Paris, worked under Guy Laroche and Thierry Mugler, and later became independent. His collection was announced under the name “Azzedine Alaïa”. His characteristic designs include a beautiful cutting which is made to fit a curved female body figure. In the 80s he lead the body-con style in fashion, triggering the hype around the world. In the 90s he stopped showing collections and began to create haute-couture dresses for his clients at home. Even after the body-con hype, his works received high reputation for its artistic values, and in 2000 and exhibition dedicated for him were held at the Guggenheim Museum in New York. In the same year, his brand expanded its business by participating in the Prada group. In 2007, he left Prada group and became a member of the Richemont group. Alaïa passed away in 2017. A branch in Japan was founded in 2018. Currently, all of their lines are unified under the name “Alaïa”.

1981年、アズディン・アライアがクリストフ・フォン・ウェイエと共にメゾン・アライアを設立。アライアは1935年、チュニジア・チュニス生まれ。地元の美術学校卒業後、ドレスメーカーで働く。パリに移り、ギ・ラロッシュやティエリー・ミュグレーのもとで働いた後、独立。「アズディン・アライア」の名でコレクションを発表。彼の特徴は、女性の曲線的なボディにフィットした美しいカッティング。80年代のボディコンスタイルを牽引し、世界中で一大ブームを巻き起こした。90年代にはコレクション参加を辞め、自宅工房で顧客向けのドレスを作成。ボディコンブームが去った後も彼の作品は芸術的評価が高く、2000年にはニューヨークのグッゲンハイム美術館で回顧展が行われた。同年にはプラダグループ参画により事業を拡大。2007年にはプラダグループを離れ、リシュモングループ傘下に。2017年アライア死去。2018年ジャパン社設立。ブランド名を「アライア」に統一しブランドを継続している。

設立年 1981
本社 Paris, France
デザイナー
ウェブサイト www.maison-alaia.com
SNS
share