history of ALEXANDER McQUEEN

1992年、リー・アレキサンダー・マックイーンにより創設。

ALEXANDER McQUEEN

The brand was founded by Lee Alexander McQueen in 1992. Lee was born in 1969, London, England. After graduating from secondary school, he became an assistant to a tailor at Savile Row, starting his career in fashion. After gaining some experience, in 1991 he graduated from MA at Central Saint Martins. His graduate collection lead him to show at London Fashion Week. The brand rapidly developed into an internationally recognised name, also exhibiting at Paris and Milan (Men). His legendary collections gained popularity for being extremely shocking and imaginative, but also keeping the high quality tailoring skills he earned at Savile Row. He is often described as the key person representing British fashion, even though his style is very unique. In 2001 the brand joined Kering group, and after Lee’s death in 2010 Sarah Burton, who had worked under Lee as a head of womenswear was assigned creative director.

1992年、リー・アレキサンダー・マックイーンにより創設。リーは1969年イギリス・ロンドン生まれ。中学卒業後、サヴィル・ロウで積んだ仕立て職人のアシスタント経験がファッション界へのキャリアスタートにつながる。1991年にはセントラル・セント・マーチンズの大学院課程を卒業。その時の卒業コレクションがきっかけで、ロンドンコレクションにデビュー。以降、パリやミラノ (メンズ) などでコレクションを発表し、世界的に認知されるブランドに成長。過激で独創的ながら、サヴィル・ロウ仕込みのクオリティで数々の伝説的なコレクションを発表。類まれな存在であったが、同時に英国ファッションの代名詞とも捉えられた。2001年にはケリング・グループ傘下に入る。2010年のリー没後、彼の下でウィメンズ部門のヘッドデザイナーとして活躍していたサラ・バートンがクリエイティブ・ディレクターに就任。創始者が作り上げたブランドの真髄を受け継ぎながら、新しい形で挑み続けている。

設立年 1992
本社 London, England
クリエイティブ・ディレクター サラ・バートン
ウェブサイト www.alexandermcqueen.com
SNS
share