history of ISSEY MIYAKE

1970年、三宅一生により創設。

ISSEY MIYAKE

Established by Issey Miyake in 1970. In 1971, the first collection was announced in New York, and since 1973 they began to show in Paris. Miyake, founder and first designer, was born in 1938. He studied at the Tama Art University and the Chambre Syndicale de la Haute Couture in Paris. Miyake’s dress-making is consistently based on the concept of “one piece of cloth” from the beginning of the debut, and the root of the relationship between the body, the cloth that covers it, and the balance that occurs between them. The brand also invented a material which they had studied from a level of a single thread, and in 1988 they announced their pleats piece which later became a brand of its own “PLEATS PLEASE”. Currently, young designers inheriting Miyake’s DNA manages their design team. From 2020, Satoshi Kondo designs for their womenswear line and their design team designs for the menswear line, consecutively developing the brand’s other lines such as “PLEATS PLEASE”, “HOMME PLISSÉ” and “BAO BAO”.

1970年、三宅一生により創設。1971年にはニューヨークで初コレクションを発表。1973年からはパリで発表している。創設者で初代デザイナーの三宅は1938年生まれ。多摩美術大学とパリのシャンブル・サンディカル・ド・ラ・オートクチュールで学んだ。三宅の服作りはデビュー当初から一貫して「一枚の布」という考えに基づいており、身体とそれを覆う布、その間に生まれるゆとりの関係を根源から追求している。また、布以前の一本の糸から研究し作られたオリジナル素材は1988年に発表した製品プリーツで決定的となり、その後「プリーツ プリーズ」の名で単独ブランド化された。現在は、三宅のDNAを社内の若手デザイナーが継承。レディスは2020年から近藤悟史が、メンズはデザインチームで手がけるほか、先述の「プリーツプリーズ」をはじめ「オムプリッセ」や「バオバオ」など、多数のブランドを展開している。

設立年 1970
本社 Tokyo, Japan
デザイナー 近藤悟史
ウェブサイト www.isseymiyake.com
SNS

Timeline

1938

三宅一生が生まれる

1970

三宅デザイン事務所を設立

1971

ニューヨークで海外初コレクションを発表

1973

パリコレクションに参画

1988

プリーツの仕事を始める

1991

「PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE」の原型となるニット素材のプリーツ服を発表

1993

ブランド「PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE」をスタート

2004

財団法人 三宅一生デザイン文化財団を設立

2007

藤原大がクリエイティブディレクターに就任

2011

宮前義之がウィメンズのデザイナーに就任

share