history of YOHJI YAMAMOTO

1972年ワイズの名で会社設立。

YOHJI YAMAMOTO

The company was founded in 1972 under the name of Y’s. The designer Yohji Yamamoto was born in Shinjuku, Tokyo in 1943. After graduating from Keio University, he studied fashion at the Bunka Fashion College. In 1977, he showed at Tokyo fashion week under the name Y’s. When he debuted at Paris fashion week, together with Rei Kawakubo’s COMME des GARÇONS (which was also her debut at Paris), they destroyed the taboo in the mode fashion world and shocked the audience by showing a collection that was a antithesis to a stereotypical western approach to fashion design. Thereafter, they have received a high reputation both internationally and domestically. In 1984, Yohji Yamamoto Inc. was founded. Currently, Yohji Yamamoto continues to reach out to various audience through both their women and menswear line, as well as “Y’s” and “Y-3” which is co-produced with adidas.

1972年ワイズの名で会社設立。デザイナーの山本耀司は1943年東京・新宿区生まれ。慶應義塾大学卒業後、文化服装学院でファッションを学ぶ。1977年、ワイズの名で東京コレクションデビュー。1981年にパリコレクションにデビューした際、同じくパリコレ初参加だった川久保玲によるコム デ ギャルソンと共に、それまでの西洋的な服作りへのアンチテーゼによって、モード界のタブーを壊し衝撃を与える。以降、常に反骨精神と新しい価値観を創造する服作りで国内外から高い評価を受ける。1984年、株式会社ヨウジヤマモト設立。現在はコレクションラインのヨウジヤマモトのレディス、メンズをはじめ、「ワイズ」やスポーツメーカーのアディダスと手がける「ワイスリー」など様々なターゲットに向けたブランドを手がけている。

設立年 1972
本社 Tokyo, Japan
創業者/デザイナー 山本耀司
ウェブサイト www.yohjiyamamoto.co.jp
SNS
share