history of VIVIENNE WESTWOOD

ヴィヴィアン・ウエストウッドは1941年、イギリス・ダービーシャー生まれ。

VIVIENNE WESTWOOD

Vivienne Westwood was born in 1941 in Derbyshire, England. In 1971, she opened her shop “LET IT ROCK” on 430 Kings Road in London, together with her partner Malcolm McLaren. The shop continues to exist after many name changes varying from “SEX”, “Seditionaries” and the “World’s End”. She decided to become a fashion designer after experiencing design and manufacturing during her time at the shop. It is a well-known episode that the youngsters who were the shop’s frequent customer later debuted as the “Sex Pistols”, with Vivienne’s encouragement. She is also known as the queen of punk, and at the same time she has worked on environmental issues through fashion from early times. In 1983, she joined Paris fashion week. Currently her third husband Andreas is in charge of her first line, produced as “Andreas Kronthaler for Vivienne Westwood”.

ヴィヴィアン・ウエストウッドは1941年、イギリス・ダービーシャー生まれ。1971年、ロンドンのキングスロード430番地に、当時のパートナーだったマルコム・マクラーレンとショップ「レット・イット・ロック」をオープン。ここでデザイン、生産を手がけながら販売したのをきっかけに、ファッションデザイナーになる。同ショップは「セックス」「セディショナリーズ」「ワールズ・エンド」など店名を変えて現在も続いている。お店に出入りしていた若者をロックバンド「セックス・ピストルズ」としてデビューさせたことは有名な話。ヴィヴィアンはパンクの女王としての異名も持つが、早くから環境保護にもファッションを通して取り組んでいる。1983年、パリコレクション参加。現在は「アンドレアス・クロンターラー フォー ヴィヴィアン・ウエストウッド」のブランド名で、 3番目の夫であるアンドレアスがファーストラインを手がけている。

設立年 1971
本社 London, England
クリエイティブ・ディレクター アンドレアス・クロンターラー
ウェブサイト www.viviennewestwood.com
SNS
share