maison margiela
with sena nakajima

中島セナとクルーズの旅 vol.2

maison margiela
with sena nakajima

model: sena nakajima
photography: kodai kobayashi
styling: tomoko kojima
hair&makeup: mika iwata
edit&text: manaha hosoda
cooperation: nyk hikawamaru

「可愛い子には旅をさせよ」とはよくいうが、昔からずっと、そして今この瞬間にも宝物のようなロマンが生まれている。『スタンド・バイ・ミー』の少年たちは生まれ故郷を離れ、『ムーンライズ・キングダム』のふたりは海を越え、はたまた『ストレンジャー・シングス』の彼らは異世界まで旅をした。いつだって彼らは何か困難を乗り越え、またひと回り成長する。そんな冒険譚に、大人になった今でもわくわくするのは私だけじゃないはず。

小学生にして、モード誌の誌面を堂々と飾り、業界に大きな衝撃を与えた中島セナも、もう13歳。大人びた顔つきと彼女が醸し出す雰囲気には、美少女という言葉だけでは説明し尽くせない魅力がある。最近では女優業もスタートし、ますます活動の幅を広げる彼女の航海はまだまだ始まったばかりだ。

秋冬と春夏のシーズンの中間に発表されるクルーズコレクション。プレスプリング、リゾートと呼ばれることもあるが、寒い冬から暖かい春への期待が込められたドレスの数々は、いつにも増して開放的でポジティブなムードを纏う。まさに旅へのワクワクを詰め込んだような服。今回、中島セナに2020年クルーズコレクションのロマンティックなルックを着て、旅に出てもらうことにした。

第2回は、Maison Margiela (メゾン マルジェラ) のナイロンのセットアップを着て、いざ船内の探索へ。余分なものを削った機能的なデザインは、ワークウェアを彷彿とさせながらも、メタリックに輝くブルーカラーや直線的なライン、ロングスリーブにメゾンの美学を感じる。冒険の旅にぴったりのパートナー、「Glam Slam (グラム スラム)」のバックパックを肩に背負って。目指すは、誰も知らない私だけの場所。

maison margiela
with sena nakajima

中島セナとクルーズの旅 vol.2

ジャケット¥150,000、シャツ¥89,000、ドレス¥114,000、シューズ¥137,000 *参考色、バッグ¥163,000/すべて Maison Margiela (メゾン マルジェラ)

share