Portraits
hajime sawatari

写真家・沢渡朔インタビュー

初の写真展は大学在学中の1960年、篠山紀信と学校廊下で開催した2人展だったという。白石かずこ、寺山修司らと過ごした大学生活を経て、卒業後は日本デザインセンターに入社(ここで深瀬昌久、高梨豊、有田泰而、宇野亜喜良、横尾忠則、高橋睦郎と出会い、さらに四谷シモン、小池一子らとつながっていく)、66年には早くもフリーの写真家となっている。半世紀以上にわたるバイオグラフィーのほんの序盤、独立前の数行をなぞるだけで、名だたる顔ぶれが揃ってしまう。そんなエネルギーに満ちた時代の中から、瞬く間にトップフォトグラファーの地位に上り詰め、今なお変わらぬまなざしを女性に向け続ける写真家・沢渡朔。「昔も今も、作品もコマーシャルも、一貫してテンションが変わらないというのはすごい。俺からすると、カメラマンでなく作家だなと思う」と話すのは、ひと世代おいて同じくトップを走り続けるフォトグラファーの鈴木親。以前より交友があるという彼をインタビュアーに迎え、沢渡氏の写真の強さと魅力について改めて聞いてもらった。3月某日、沢渡朔「モトーラ世理奈」の展覧会を開催中のAKIO NAGASAWA GALLERY/AOYAMAにて。

Read More

Find us on social

Quality, timeless and innovation are the fundamental philosophy of The Fashion Post, a Tokyo based independent digital fashion media. We curate daily fashion, beauty and culture feeds, and create the original editorials, portrayed in the digital era, and portraits, interviews from the authorities of different culture in the creative industry.

Fashion

Original fashion stories portrayed
in the digital era.

Quality, timeless and innovation are the fundamental philosophy of The Fashion Post, a Tokyo based independent digital fashion media. We curate daily fashion, beauty and culture feeds, and create the original editorials, portrayed in the digital era, and portraits, interviews from the authorities of different culture in the creative industry.

Beauty

Beauty editorials seeking for
new possibilities of fashion and makeup.