LOEWE Craft Prize Winners Announced

第1回「LOEWE Craft Prize (ロエベ クラフト プライズ)」の受賞者が発表

LOEWE Craft Prize Winners Announced
LOEWE Craft Prize Winners Announced
News/

第1回「LOEWE Craft Prize (ロエベ クラフト プライズ)」の受賞者が発表

LOEWE Craft Prize Winners Announced

5月にファイナリストの発表があった、第1回「LOEWE Craft Prize (ロエベ クラフト プライズ)」の受賞者が発表された。26名のファイナリストの中から、ドイツの Ernst Gamperl (エルンスト・ギャンパール) の『Tree of Life 2』が大賞を受賞。また、日本の神代良明のとメキシコの Artesanías Panikua (アステサニアス・パニクア) に特別賞が贈られた。

左から Jonathan Anderson (ジョナサン・アンダーソン)、Ernst Gamperl (エルンスト・ギャンパール)、Charlotte Rampling (シャーロット・ランプリング) | © LOEWE

左から Jonathan Anderson (ジョナサン・アンダーソン)、Ernst Gamperl (エルンスト・ギャンパール)、Charlotte Rampling (シャーロット・ランプリング) | © LOEWE

5月にファイナリストの発表が行われた、第1回「LOEWE Craft Prize (ロエベ クラフト プライズ)」の受賞者が発表された。26名のファイナリストの中から、ドイツの Ernst Gamperl (エルンスト・ギャンパール) の『Tree of Life 2』が大賞を受賞。また、日本の神代良明とメキシコの Artesanías Panikua (アステサニアス・パニクア) に特別賞が贈られた。マドリードでスペシャルセレモニーが開催され、女優の Charlotte Rampling (シャーロット・ランプリング) がトロフィーと賞金5万ユーロを大賞の受賞者に贈呈した。

Ernst Gamperl『Tree of Life 2』| © LOEWE

Ernst Gamperl『Tree of Life 2』| © LOEWE

受賞者 Ernst Gamperl は家具づくりの内弟子を経て木材旋盤加工の熟練工となった後、ドイツとイタリアに自らのスタジオをオープン。彼独自の木材に対する鑑賞力による独特で特徴的な窪みが彫り出された作品は、ヨーロッパ、アジア、アメリカで人気が高まっている。今回受賞した作品『Tree of Life 2』は、嵐によって根元から折れてしまった樹齢300年を超えるオークから切り出したもの。木そのものの形や亀裂、割れ目などからデザインのヒントを得ている。自然の不完全さにみちた彼の自然へのトリビュート作品は、倒れた木のストーリーを永遠のものに。LOEWE のクリエイティブ ディレクターである Jonathan Anderson はこの作品について「Ernst Gamperl の作品には独特な声を届ける何かがあり、その作品の物性がこれから何年もの時を経て行く中で、ますます重要になっていくと思います。」と述べている。

特別賞を受賞した神代良明の作品は、 ガラス粉末と酸化銅粉末が混ぜ合わされ、焼成工程で溶けたガラスと加熱した鉱物から発生するガスとの独特な相互作用によって生み出されたはかない光沢を持つ。素材と人間の関係が熟考されたガラスボウルとなっており、実験のトロフィーともいえる。また、Artesanías Panikua (アステサニアス・パニクア) の作品では、何百本もの小麦繊維の撚糸がまとめて織られ、 戦いと火を意味するプレペチャ族の太陽神が作り上げられている。星とさえずる小鳥の2つのモチーフで飾られることで、 クラフトと古代の農業技術とのつながりも示され、知識や技術が世代を超えて伝えられてきたこと、昔からのやり方が途切れることなく守り育てられてきたことを実証している。

© LOEWE

© LOEWE

受賞者の作品は全ファイナリストの作品と共に、2017年4月11日にマドリードでスタートした後、ニューヨークのチャンバー・ギャラリー、東京、ロンドンのサーチ・ギャラリー、と巡回するエキシビションで展示される。また、第2回「LOEWE Craft Prize」の応募は6月にスタートし、受賞者は2018年パリで発表される予定だ。

HP: loewecraftprize.com

share