Hazardous chemicals found in 20 high street fashion brands, claims Greenpeace

20ブランドが有害化学物質を使用

©Greenpeace HP

Hazardous chemicals found in 20 high street fashion brands, claims Greenpeace
Hazardous chemicals found in 20 high street fashion brands, claims Greenpeace
News/

20ブランドが有害化学物質を使用

Hazardous chemicals found in 20 high street fashion brands, claims Greenpeace

グリーンピースが独自に実施した調査によると、ザラやリーバイス、マークス&スペンサー、カルバン・クライン、マンゴなど合計20のファッション・ブランドが、商品に癌の促進やホルモン破壊を促す、有害化学物質を使用しているという。検出された有害化学物質には、ニルフェノール・エトキシレートやフタル酸、アミンなどが挙げられている。

提供: WGSN

©Greenpeace HP

©Greenpeace HP

グリーンピースが独自に実施した調査によると、ザラやリーバイス、マークス&スペンサー、カルバン・クライン、マンゴなど合計20のファッション・ブランドが、商品に癌の促進やホルモン破壊を促す、有害化学物質を使用しているという。検出された有害化学物質には、ニルフェノール・エトキシレートやフタル酸、アミンなどが挙げられている。

share