Did Sofia Coppola Actually Direct "Girls Gone Wild"?

ソフィア・コッポラがソフトコア・ポルノシリーズ『ガールズ・ゴーン・ワイルド』をパロディ!?エル・ファニングとキルスティン・ダンストが出演

Did Sofia Coppola Actually Direct "Girls Gone Wild"?
Did Sofia Coppola Actually Direct "Girls Gone Wild"?
News/

ソフィア・コッポラがソフトコア・ポルノシリーズ『ガールズ・ゴーン・ワイルド』をパロディ!?エル・ファニングとキルスティン・ダンストが出演

Did Sofia Coppola Actually Direct "Girls Gone Wild"?

本年度のカンヌ国際映画祭で名誉ある監督賞を受賞した Sofia Coppola (ソフィア・コッポラ) が、米国では広く知られるソフトコア・ポルノビデオシリーズ『ガールズ・ゴーン・ワイルド』のパロディ版を公開し、大きな話題を呼んでいる。

本年度のカンヌ国際映画祭で名誉ある監督賞を受賞した Sofia Coppola (ソフィア・コッポラ) が、米国では広く知られるソフトコア・ポルノビデオシリーズ『ガールズ・ゴーン・ワイルド』のパロディ版を公開し、大きな話題を呼んでいる。

『W』によると、Sofia Coppola は James Coden (ジェームズ・コーデン) が司会を務める米 CBS の深夜トークショー『The Late Late Show (ザ・レイト・レイト・ショー)』に出演し、自身の最新作『The Beguiled』を語った。本作は、1860年代の男子禁制の女学園を舞台に Nicole Kidman (ニコール・キッドマン) や Kirsten Dunst (キルスティン・ダンスト)、Elle Fanning (エル・ファニング) らをキャストに迎えた話題作。Sofia Coppola は、同番組で撮影の合間中に携帯でふざけて撮った『ガールズ・ゴーン・ワイルド』のパロディを公開。同作の撮影中ということもあり、コルセットにドレスで着飾った Kirsten Dunst と Elle Fanning が無邪気にはしゃぎ、1860年代版『ガールズ・ゴーン・ワイルド』を再現している。

豪華な製作陣によるこのおふざけパロディは、深夜帯での公開であったが大きな話題を集めている。というのも『ガールズ・ゴーン・ワイルド』というのは、Joe Francis (ジョー・フランシス) によって1997年より2011年まで制作された人気のアダルト向けビデオシリーズ。パーティーやクラブなどに撮影クルーが出向き、そこにいる女の子達が「ワイルド」になっていく様子を撮影するという内容だ。この根強い人気を誇るポルノシリーズと Sofia Coppola クルーという何とも意外な組み合わせに、多くの人が驚きを隠せないのはいたしかたないだろう。(もちろん、Sofia Coppla が制作したのはいたってクリーンな『ガールズ・ゴーン・ワイルド』だ。)

気になる方は、是非映像で確かめて欲しい。Sofia Coppola 監督『ガールズ・ゴーン・ワイルド』は1分10秒を過ぎたあたりから確認して頂ける。

share