George A. Romero Has Died At 77

ゾンビ映画のパイオニア George A. Romero (ジョージ・A・ロメロ) 監督が死去、享年77歳

George A. Romero Has Died At 77
George A. Romero Has Died At 77
News/

ゾンビ映画のパイオニア George A. Romero (ジョージ・A・ロメロ) 監督が死去、享年77歳

George A. Romero Has Died At 77

『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』でゾンビ映画の金字塔と打ち立てたホラー映画界の巨匠 George A. Romero (ジョージ・A・ロメロ) 監督が死去した。享年77歳。

『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』でゾンビ映画の金字塔を打ち立てたホラー映画界の巨匠 George A. Romero (ジョージ・A・ロメロ) 監督が死去した。享年77歳。

『The New York Times』によると、George A. Romero が2017年7月16日にトロントで肺がんのために亡くなったことを遺族が発表した。ブロンクス出身の同氏は、1968年にカルト的人気を誇る映画『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』を発表。その後、1978年に『ゾンビ』、1985年に『死霊のえじき』、2005年に『ランド・オブ・ザ・デッド』、2007年に『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』、そして遺作となる『サバイバル・オブ・ザ・デッド』を2009年に公開し、ゾンビ映画の鬼才として広く名を馳せる。他にも、『クリープショー』や『モンキー・シャイン』、『ダークハーフ』など様々なホラー映画を生み出した。2014年には Marvel (マーベル) よりゾンビコミック「The Empire of the Dead」シリーズも発表していた。

share