Proenza Schouler's 2018 Spring Summer Collection

Proenza Schouler (プロエンザ・スクーラー) 2018年春夏コレクション、更なる高みを目指して

Proenza Schouler's 2018 Spring Summer Collection
Proenza Schouler's 2018 Spring Summer Collection
News/

Proenza Schouler (プロエンザ・スクーラー) 2018年春夏コレクション、更なる高みを目指して

Proenza Schouler's 2018 Spring Summer Collection

Proenza Schouler (プロエンザ・スクーラー) がパリ オートクチュール ファッションウィーク期間中である2日、2018年春夏コレクションを発表した。

ファッションの都パリ、そこには脈々と受け継がれてきた美の系譜と人々に有無を言わさぬ神聖な威光が満ち溢れている。その中でもオーソリティとして君臨し続けるパリ オートクチュール ファッションウィークにニューヨークから新たな息吹が吹き込まれた。Jack McCollough (ジャック・マッコロー) と Lazaro Hernandez (ラザロ・ヘルナンデス) による Proenza Schouler (プロエンザ・スクーラー) は2日、オートクチュール協会 (Chambre Syndicale de la Haute Couture、通称サンディカ) の招待を受けて、パリにて2018年春夏コレクションを発表した。

シックとエッジ、ボディコンシャスとルーズ、オーセンティシティとモダニティ…相反する要素を絶妙なバランスで表現することにより他とは一線を画すニューヨークブランドとして着実に進化を遂げてきた Proenza Schouler が新天地で魅せたのは、パリジャンとニューヨーカーの見事な融合だった。アシンメトリーなフォルムや建築的なデザイン、センシュアルなレイヤードスキルと計算し尽くされたアクセサリー使い、ブランドがこれまで培ってきたスタイルを余すことなく披露した同コレクションは、新たにフランスのアーティザンやアトリエのクラフツマンシップによって更なる高みへ。美しいレースやドレープが幾重にも重ねられたドレスや上質なニットやフローラルプリントのアンサンブル、フェザーがふんだんにあしらわれたフラッパードレス、パリでしか実現出来なかったであろう洗練されたコレクションは、ブランドの新たなステージの幕開けを感じさせてくれた。

HP: www.proenzaschouler.com

share