LOEWE Collaborates With fumiko imano For "Publication #17"

LOEWE (ロエベ) が日本人アーティスト fumiko imano とコラボレーション、コレクタブルブックをリリース

LOEWE Collaborates With fumiko imano For "Publication #17"
LOEWE Collaborates With fumiko imano For "Publication #17"
News/

LOEWE (ロエベ) が日本人アーティスト fumiko imano とコラボレーション、コレクタブルブックをリリース

LOEWE Collaborates With fumiko imano For "Publication #17"

LOEWE (ロエベ) が2018年春夏シーズンに向けて、日本人アーティストの fumiko imano (イマノフミコ) とコラボした、コレクタブルブックをリリースした。

Loewe Artist Interview - Fumiko Imano

LOEWE (ロエベ) が2018年春夏シーズンに向けて、日本人アーティストの fumiko imano (イマノフミコ) とコラボした、コレクタブルブックをリリースした。

LOEWE のコレクタブルブック最新版『Publication #17』は、オランダ人モデルの Saskia de Brauw (サスキア・デ・ブロウ) と fumiko imano ふたりのセルフポートレートをフィーチャー。Jonathan Anderson (ジョナサン・アンダーソン) による LOEWE 2018年春夏ウィメンズコレクションが紹介されている。

fumiko imano は、写真やビデオ、インスタレーションを通じてセルフポートレートを発表してきた日本人アーティスト。彼女の『Twins』シリーズは、幼少期をブラジルで過ごし、その後のロンドンやパリでの生活や、日本に戻ってから茨城県日立市を活動拠点としたことへのリアクションだったという。日本人でありながら、日本特有の雰囲気に馴染めず、疎外感に襲われた彼女は35mmのセルフポートレートをカット&ペースとすることで、もうひとりの自分を作り出し、一見すると双子の姉妹を写したスナップ写真のように見えるコラージュ作品が生み出され、その独特の世界観は高い評価を集めている。

そんな彼女の『Twins』からインスピレーションを得た『Publication #17』は、パリのユネスコ本部を舞台に撮影を敢行。スタイリングは、Benjamin Bruno (ベンジャミン・ブルーノ)。また、リミテッドエディションとなるハードカバー布装本は、M/M (Paris) がアートディレクションとデザインを担当。折り込み式ダストジャケットには、fumiko imano の2014年に発表した画集『I’m Hungry』に登場する動物たちの水彩画が描かれている。

1,200冊の限定出版となるこのスペシャルブックは、それぞれに手書きでシリアル番号が入り、入手困難なアイテムとなっているが、fumiko imano とのインタビュービデオが入ったデジタル版は iTunes Store から無料でダウンロード可能だ。 今すぐ、「LOEWE」で検索していただきたい。

HP: www.loewe.com

share