"Wonder Wheel" To Launch In Japan From June 23

Woody Allen (ウディ・アレン) 監督最新作『女と男の観覧車』、50年代を再現した衣装デザインスケッチを公開!

"Wonder Wheel" To Launch In Japan From June 23
"Wonder Wheel" To Launch In Japan From June 23
News/

Woody Allen (ウディ・アレン) 監督最新作『女と男の観覧車』、50年代を再現した衣装デザインスケッチを公開!

"Wonder Wheel" To Launch In Japan From June 23

by Mikiko Ichitani

Woody Allen (ウディ・アレン) 監督最新作『女と男の観覧車』が6月23日(土)より公開する。

Woody Allen (ウディ・アレン) 監督最新作『女と男の観覧車』が6月23日(土)より公開する。『ミッドナイト・イン・パリ』(2011) では1920年代黄金時代のパリへ、『カフェ・ソサエティ』(2017) では1930年代のハリウッドへと観客をタイムトリップさせた Woody Allen が最新作の舞台に選ぶのは1950年代のNY、コニーアイランド。時代描写のキーとなる衣装は Woody Allen 作品ではおなじみの Suzy Benzinger (スージー・ベンジンガー) が担当。このたび衣装スケッチと共に当時を振り返ったコメントが到着した。

50年代アメリカのファッションといえば、ウエストとヒップのサイズ差が大きく、一般的な現代人の体型ではなかなか再現が難しいところ。実際、Juno Temple (ジュノ・テンプル) のフィッティングにはよりオーバーに当時のスタイリングを再現するために十分細いウエストに補正具をつけて臨んだそう。ただし、主演の Kate Winslet (ケイト・ウィンスレット) だけは補正具が必要なかったと Suzy Benzinger は振り返り、「彼女自身が、「私の体型を見て。当時のままよ。まるで現代的とは言えないわ。」と言う通りだった。」とコメントを残している。ヒロインたちだけでなく、海岸の監視員として魅力的な青年ミッキーを演じる Justin Timberlake (ジャスティン・ティンバーレイク) ら、メンズの衣装までもこだわりが詰まっているのでぜひ楽しみにしていてほしい。

作品情報
タイトル 女と男の観覧車
原題 Wonder Wheel
監督 Woody Allen (ウディ・アレン)
出演 Kate Winslet (ケイト・ウィンスレット)、Justin Timberlake (ジャスティン・ティンバーレイク)、Juno Temple (ジュノ・テンプル)
配給 ロングライド
製作年 2017年
製作国 アメリカ
上映時間 101分
HP longride.jp
© 2017 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.
 6月23日(土)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国公開
share