"Transit" To Launch In Japan From January 12

ドイツ映画の名匠 Christian Petzold (クリスティアン・ペッツォルト) の最新作『未来を乗り換えた男』が公開

"Transit" To Launch In Japan From January 12
"Transit" To Launch In Japan From January 12
News/

ドイツ映画の名匠 Christian Petzold (クリスティアン・ペッツォルト) の最新作『未来を乗り換えた男』が公開

"Transit" To Launch In Japan From January 12

by Mikiko Ichitani

『東ベルリンから来た女』、『あの日のように抱きしめて』といった激動の歴史に翻弄された人々の数奇な運命をスリリングかつエモーショナルに描くことで高い評価を得るドイツの名匠 Christian Petzold (クリスティアン・ペッツォルト) の最新作『未来を乗り換えた男』が2019年1月12日(土)より公開する。

東西冷戦下の東ドイツで、国家に監視されながら生きる女性医師の決断を見つめたベルリン国際映画祭銀熊賞受賞作『東ベルリンから来た女』。終戦直後、ホロコーストを奇跡的に生き延びたユダヤ人女性の愛と哀しみを綴った『あの日のように抱きしめて』。激動の歴史に翻弄された人々の数奇な運命をスリリングかつエモーショナルに描くことで高い評価を得ているドイツの名匠 Christian Petzold (クリスティアン・ペッツォルト) の最新作『未来を乗り換えた男』が2019年1月12日(土)より公開する。

 

『未来を乗り換えた男』

 

本作は、ドイツの作家 Anna Seghers (アンナ・ゼーガース) が 1942年に亡命先のマルセイユで執筆した小説『トランジット』を、現代に置き換えて映画化。ユダヤ人がナチスの理不尽な迫害を受けた戦時中の悲劇と、祖国を追われた難民をめぐる問題が深刻化している現代の状況を重ね合わせるという大胆な試みを実践した野心作として早くも話題を集めている。

元レジスタンスのドイツ人青年ゲオルクを演じるのは、ドイツ映画賞6部門を制した『ヴィクトリア』(2016)、巨匠 Michael Haneke (ミヒャエル・ハネケ) の『ハッピーエンド』(2018) といった話題作に相次いで出演し、2018年ベルリン国際映画祭で未来のスターに贈られるシューティング・スター賞を受賞した Franz Rogowski (フランツ・ロゴフスキ)。そしてゲオルクの人生を一変させるファムファタール的なヒロイン、マリーには Francois Ozon (フランソワ・オゾン) 監督作品『婚約者の友人』(2017) の主役に抜擢され、セザール賞やヨーロッパ映画賞にノミネートされた Paula Beer (パウラ・ベーア) を起用。今ヨーロッパで最も注目を集める若手俳優たちが ペッツォルト作品に新たな風を吹き込む。

© 2018 SCHRAMM FILM

© 2018 SCHRAMM FILM

<あらすじ>
ドイツで吹き荒れるファシズムから逃れてフランスにやってきた青年ゲオルクは、パリからマルセイユへと流れ着く。偶然の成り行きから、パリのホテルで自殺した亡命作家ヴァイデルに成りすますことになったゲオルクは、そのまま船に乗ってメキシコへ行こうと思い立つ。そんな時、必死に人捜しをしている黒いコート姿の女性マリーと出会ったゲオルクは、ミステリアスな雰囲気を漂わせる彼女に心を奪われる。夫を捜しているというマリーだったが、その夫こそゲオルクが成りすましているヴァイデルのことだった。

<試写会プレゼント>
TFP では 2019年1月8日(火)にゲーテ・インスティトゥート東京にて18時00分から開催される試写会へ5組10名様をご招待。上映は18時30分から。応募方法は、TFP のツイッターをフォローして投稿されるこの映画の記事をリツイート。締切は 2018年12月20日(木)24時まで。当選通知はツイッターのダイレクトメッセージから。TFP の公式ツイッターはコチラからぜひチェックしてみて。
※なお、当選連絡から3日以内にご返信のない場合は権利が白紙となることがございますのでご注意ください。

作品情報
タイトル 未来を乗り換えた男
原題 Transit
監督 Christian Petzold (クリスティアン・ペッツォルト)
原作者 Anna Seghers (アンナ・ゼーガース)
出演 Franz Rogowski (フランツ・ロゴフスキ)、Paula Beer (パウラ・ベーア)
配給 アルバトロス・フィルム
製作年 2018年
製作国 ドイツ・フランス
上映時間  102分
HP transit-movie.com
© 2018 SCHRAMM FILM
2019年1月12日(土)より ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
share