LOEWE Craft Prize Is Coming To Tokyo This Year

「ロエベ クラフト プライズ2019」のファイナリストが決定!東京で展示も開催へ

LOEWE Craft Prize Is Coming To Tokyo This Year
LOEWE Craft Prize Is Coming To Tokyo This Year
News/

「ロエベ クラフト プライズ2019」のファイナリストが決定!東京で展示も開催へ

LOEWE Craft Prize Is Coming To Tokyo This Year

by Manaha Hosoda

LOEWE (ロエベ) が「ロエベ クラフト プライズ2019」のファイナリストを発表した。ファイナリストの作品は2019年6月26日より7月22日まで東京・赤坂の草月会館にあるイサム・ノグチ作の石庭『天国』にて展示される予定だ。

LOEWE (ロエベ) が「ロエベ クラフト プライズ2019」のファイナリストを発表した。ファイナリストの作品は2019年6月26日より7月22日まで東京・赤坂の草月会館にあるイサム・ノグチ作の石庭『天国』にて展示される予定だ。

今回で第3回目の開催となる「ロエベ クラフト プライズ」は、ロエベ ファンデーションが卓越した技術を持つモダンかつ新鮮なクラフトマンシップを賞賛、支援することを目的に2016年より立ち上げ、これまでに数々の優れたアルチザンを輩出してきた。前回は、全86カ国、約1900人の応募の中から、陶芸家の Jennifer Lee (ジェニファー・リー) が大賞を見事勝ち取り、特別賞には日本人陶芸家の桑田卓郎も選ばれた。

「ロエベ クラフト プライズ2019」では、100カ国以上の国のアーティストから応募された2500を超える作品の中からアーティストやアルチザン、エッセイスト、キュレーター、そしてデザイナーから構成される審査委員が選りすぐったアーティスト29名がファイナリストに選出された。応募作品数は前年から44パーセント増加しており、同プライズの知名度が国際的に高まっていることがわかる。

今回もファイナリストには、新進気鋭のアーティストから著名アーティスト、各分野の第一線で活躍するアーティストなど個性豊かな顔ぶれが揃えられている。日本からは、過去最多7名が選出。また、日本で生まれ現在はイギリスを拠点とするアーティストが3名も選ばれている。

「ロエベ クラフト プライズ2019」ファイナリスト一覧は以下。

平井明子 Akiko Hirai (日本生まれ/イギリス拠点)
アンドレア・ウォルシュ Andrea Walsh (イギリス)
アニー・ターナー Annie Turner (イギリス)
デロス・ウェバー Deloss Webber (アメリカ)
エルカ・サダ Elke Sada (ドイツ)
Fang Jingfeng & Dong Mi (中国)
石塚源太 Genta Ishizuka (日本)
ジャンパオロ・バベット Giampaolo Babetto (イタリア)
ジョヴァンニ・コルヴァヤ Giovanni Corvaja (イタリア)
ハリー・モーガン Harry Morgan (アメリカ)
Heeseung Koh (韓国)
エナル・イグレシアス Henar Iglesias (スペイン)
ジム・パトリッジ & リズ・ウォルムズリー Jim Partridge & Liz Walmsley (アメリカ)
ジョン・エリック・バイヤーズ John Eric Byers (アメリカ)
ヨクム・リンド・ジェンセン Jokum Lind Jensen (デンマーク生まれ/スウェーデン拠点)
森順子 (日本生まれ/イギリス拠点)
高樋一人(日本生まれ/イギリス拠点)
井尾鉱一 Koichi Io (日本)
Kye-Yeon Son (韓国生まれ/カナダ拠点)
Youngsoon Lee (韓国)
西川雅典 Masanori Nishikawa (日本)
中田真裕 Mayu Nakata (日本)
ミハル・ファーゴ Michal Fargo (ドイツ)
Minhee Kim (韓国)
ルット・ペータース Ruudt Peters (オランダ)
藤掛幸智 Sachi Fujikake (日本)
道川省三 Shozo Michikawa (日本)
ソフィー・ローリー Sophie Rowley (ニュージーランド)
橋本知成 Tomonari Hashimoto (日本)

結果発表は、2019年6月25日に東京の草月会館にあるイサム・ノグチ作の石庭『天国』での展示のオープニングイベントで行われる予定だ。

HP: loewecraftprize.com

share