takashi homma
to hold exhibition 'Every Building on the Ginza Street'

Edward Ruscha (エドワード・ルシェ) へオマージュを捧げる、ホンマタカシの最新写真展が開催

takashi homma to hold exhibition 'Every Building on the Ginza Street'
takashi homma to hold exhibition 'Every Building on the Ginza Street'
News/

Edward Ruscha (エドワード・ルシェ) へオマージュを捧げる、ホンマタカシの最新写真展が開催

takashi homma
to hold exhibition 'Every Building on the Ginza Street'

恵比寿のブックショップ POST (ポスト) では、現在ホンマタカシによる Edward Ruscha (エドワード・ルシェ) へのオマージュシリーズの写真集刊行に合わせた展覧会「Every Building on the Ginza Street」が5月5日(日)までの期間で開催している。

最新作『よる』は、ハリウッドの街路「サンセットストリップ」沿いのすべての建物を記録した蛇腹式の写真集『Every Building on the Sunset Strip』(1966) へのオマージュとして制作された。『Every Building on the Sunset Strip』とともにたびたび言及される本のひとつとして、1954年に日本で刊行された『銀座界隈』の別冊『アルバム・銀 座八丁』がある。京橋から新橋までを結ぶ中央通り、通称「銀座通り」沿いの両脇を鈴木芳一が撮影した一冊は、テーマやレイアウト、製本まで Edward Ruscha の作品と酷似しているのだ。あまりの酷似ぶりに、「Edward Ruscha はこの出版物を見たことがあったのだろうか、真似をしたのだろうか」という疑問が生まれるほど。

上 エドワード・ルシェ[Every Building on the Sunset Strip] 1966年 下 木村荘八著「銀座界隈」別冊「アルバム・銀座八丁」1954年

上 エドワード・ルシェ[Every Building on the Sunset Strip] 1966年 下 木村荘八著「銀座界隈」別冊「アルバム・銀座八丁」1954年

ホンマは、『アルバム・銀座八丁』の舞台となった「銀座通り」を撮影することで、アーティストブックの金字塔への「返歌」を試みている。会場では、ホンマが撮り下ろした『Every Building on the Ginza Street』の制作プロセス、 そしてできあがった写真集とともに、Edward Ruscha による『Every Building on the Sunset Strip』と『アルバム・銀座八丁』も合わせて展示する。3作品を比較して鑑賞することのできる貴重な機会、ぜひ足を運んでみて。

書籍情報
書籍名 『Every Building on the Ginza Street』
著者 ホンマタカシ
装丁 ソフトカバー 蛇腹製本、白黒図版、
体裁 180mm × 140mm
ページ数 54ページ
価格 ¥4,800
エディション 500部限定、スリーブケース付き
豪華版 100部限定、カラー図版、サイン・ナンバリング入り
¥8,800
展覧会情報
会期 4月5日(金)〜5月5日(日)
場所 POST
住所 東京都渋谷区恵比寿南2-10-3
開廊時間 12:00~20:00
休廊日 月曜日
観覧料 無料
HP post-books.info
share