Gucci
presents an exhibition "Flora: Living Postcards" in tokyo

Gucci (グッチ) が美術デザイナーの中村桃子とコラボレーション、銀座にて『Flora: Living Postcards』展を開催中

Courtesy of Gucci

Gucci presents an exhibition "Flora: Living Postcards" in tokyo
Gucci presents an exhibition "Flora: Living Postcards" in tokyo
News/

Gucci (グッチ) が美術デザイナーの中村桃子とコラボレーション、銀座にて『Flora: Living Postcards』展を開催中

Gucci
presents an exhibition "Flora: Living Postcards" in tokyo

今の季節にピッタリな Gucci のフローラ プリントが日本限定コレクションに。特別なインスタレーションからデジタルコンテンツまで気になる話題が目白押し。

Gucci (グッチ) がブランドのシグネチャーであるモチーフ、フローラ プリントをあしらったハンドバッグ、スモールレザーグッズの日本限定コレクションを発売。同コレクションのローンチを記念して、フローラ プリントをテーマにしたスペシャル インスタレーションを Gucci 銀座にて開催中だ。

Gucci のフローラ プリントが誕生したのは1966年、モナコのグレース大公妃が夫のレーニエ大公とともにミラノ・モンテナポレオーネ通りの Gucci のショップを訪れた時のことだった。Rodolfo Gucci (ロドルフォ・グッチ) はグレース大公妃にフローラルプリントのシルクスカーフをプレゼントすべく、著名なイラストレーター Vittorio Accornero (ヴィットリオ・アッコルネロ) にデザインを依頼。そうして出来上がったフローラ プリントは、四季折々の花々を束ねた9つのブーケと、ベリー、蝶、トンボ、昆虫が色鮮やかに描かれ、ロマンティックなイマジネーションのシンボルとして長きにわたって受け継がれてきた。今回の日本限定コレクションでは、Gucci のアーカイブに収められているマルチカラーのオリジナル モチーフがアイボリー、ライトブルー、ライトピンク、オレンジ、ライラックの5色で再解釈されている。

本インスタレーションでは、フローラをテーマに Gucci のアーカイブから選び抜かれたアクセサリー、ウェア、テーブルウェアを展示。2016年に Alessandro Michele (アレッサンドロ・ミケーレ) に選出され Gucci とコラボレーションを果たした美術デザイナーの中村桃子とも再びコラボレーション。透明アクリルとミラーを用いた人工的な木と自然の木々が混在するように配置され、木製の壁にはフローラ モチーフをプリント。フロアにしかれたフローラ パターンのカーペットにはメタルとミラーが組み合わされ、まさに新作コレクションの世界観と中村桃子の感性が見事に融合した幻想的な空間に仕上げられている。

Gucci の公式アプリでも日本限定コレクション専用コーナーが開設されており、AR(拡張現実)テクノロジーを用いてフローラ パターンをリアルタイムで自分の環境に取り込むことのできるスペシャルコンテンツも登場。加えて、公式 LINE アカウントではコレクションでも限定コンテンツが展開されるなど、気になる話題が目白押しだ。

share